リフレックスサイト調光機能オミット加工



次回のサバゲに向け、ちょっとした工作を実施したので記事にしておきます。

トリジコンのRX01NSNのレプリカを小加工しました。
完成度の高い後発モデルでは無く、数年前に側面刻印なし、偏光フィルター無し、点ドットで、おまけに前面のクリアパーツが割れているジャンク扱いでの格安入手でした。





このドットサイトですがなんと「自動調光機能」なるものが実装されています。
「周囲の明るさに合わせてドットの輝度が自動で調節されます!」という謳い文句です。
そう言うと聞こえは良いですが、残念ながら実用性は皆無といわざるを得ません。

照準の先の明るさでは無く、自分の周囲の明るさに合わせてアジャストしてしまう為、この2地点に明暗差があるとまともにドットが見えません。
この欠点が致命的で、入手したはいいものの一度も実戦投入することなく永らく倉庫入りしていました。

しかし最近、デザイン的にこのサイトを載せたくなってきました。
世には「自動調光機能なし」のモデルも存在するらしく、それを買えば解決!と思い探しましたが、一向に在庫がありません。
そもそもRX01NSNレプリカ自体が市場で絶滅状態にあることが判明しました。

そういう状況を知ると、急に愛着を感じ始めるのが不思議なものです(笑)
ここにきて、購入早々に戦力外通告が出されていた我が家のポンコツRX01君に白羽の矢が立ったというわけです。

実用化する手段は単純至極、「自動調光機能」というゴミ私のようなオールドタイプではとても使いこなせない高機能をオミットしてしまえば良いのです。

まずはじめに「自動調光機能」の仕組みを調べてみました。
光を感知して機能する製品は世に山ほどあるので、すぐに出てきました。
どうやら「CDS」という類のセンサーが回路に組み込まれているようです。


受光強度によって抵抗値が変わる仕組みのようで、光が強いと抵抗が小さく、光が弱いと抵抗が大きくなります。
電圧は電池依存なので一定なので、流れる電流は抵抗と反比例します。
中学校でやったオームの法則ですね。式にするとI=V/Rですね。
そしてLEDは電流と輝度が比例します。

以上から、CDSを組み込むことで「明るいときは電流UP=LED明るくなる」、「暗い時は電流DOWN=LED暗くなる」という挙動となり、これを「自動調光機能」と呼んでいるのだと考えました。

そう考えると、単純に「CDS」をカットしてしまえば「常に一定の電流がLEDに流れる=明るさ一定になる」で狙い通りの状態になるのではと考えました。
簡単に図にしてみました。
電子系のお勉強は高校生以来ロクに触れていないので、超素人考えです(笑)
実物はどこかに抵抗が入っているのだとは思います。


この絵だと電池を入れた瞬間から光りっぱなしになるので、写真のようなスライドスイッチを途中に挟めばOKと考えました。



そんな感じで構想を固めたところで現物を見てみます。
左下の赤丸で囲った部分が光センサーのようです。


裏側から見てみると光センサーが結線されている箇所が見えます。


この部分で光センサーを切り、代わりにスライドスイッチをハンダ付けすれば万事解決ですね。
という訳で分解です。
と思ったのですが、思ったより構造が複雑で、どう頑張っても分解ができませんでした(泣)

若干面倒くさくもなってきていたので、強行手段です。
幸い結線部は露出していますので、ドライバーを強引にねじ込み、線をぶった切りました。
そして切れた線同士をこれまた強引にハンダとハンダこてをねじ込み、何とか導通させることができました。

電池を入れてみると、「お前はこんな能力を秘めていたのか!」と思うほど煌々とまぶしいくらいにドットが灯っています。


正直明るすぎるくらいです。
いい感じの抵抗を挟めば電流が絞られ明るさちょうどよく、省電力にもなり一石二鳥かなと思いますが、私にはそのスキルもモチベーションもありません。

しかも強行手段だったのでスイッチを仕込めず、電池セット=即点灯となり少々使い勝手は悪いです。
しかし夏の炎天下でもはっきり見えるほど明るいドット常時点灯は実現したので、結果としては本来の目的であるゲームでの実用性向上は達成できたと思います。

幸い電池は安いLR44×2なので、朝セットしてその日一日持てば全く問題なし、最悪半日でもOKです。
早速次回のゲームに投入してみようと思います。

作業時間10分でできるので、もし私のように「自動調光機能」というありがた迷惑な機能の「迷惑」の部分しか感じない方にはオススメの工作だと思います。

お読みいただきありがとうございました。  


2018年01月24日 Posted by 4039  at 23:09Comments(0)鉄砲自作,DIY

初期アフM4セットアップ



次回のゲームに向けて、M4を一風変わったセットアップにしてみました。
かなり癖のある構成ですが、ある写真にインスピレーションを受けた結果です。
前回の記事でも載せましたが、元ネタは最近入手した下写真です。


リアルツリーのジャケットを着ていたりハーレーのシャツやキャップを着用していたり、なぜかバイク雑誌をこれ見よがしに掲げていたりと突っ込みどころ満載です。
そんな中、真ん中の隊員のM4に違和感を感じました。

パッと見ノーマルハンドガードに見えますが、よく見ると下側はレールのようになっており、そして異様に細いです。
上側はノーマルハンドガードで、下側はRISを付けているのだと推測しました。
2本のタイラップのようなものも見えるので、脱落しないよう強引にタイラップで固定しているのだと思います。
レイルは便利ではありますが、何も付けなければただの重量UPにしかなりません。
一見してヘンテコなセットアップですが、任務に合わせ有りものをやりくりし最適化させるという「現場感」満載で合理的な工夫に心を打たれました。

しかも手持ちのパーツで再現できるとあって、早速我が家の次世代M4をセットアップしてみました。


まずはアイコンとなるハンドガード部ですが、上側は実物スリムハンドガード、下側は実物RASです。
おもむろに仮組みしてみました。


思っていたよりもおさまりは良いです。
ハンドガードは固定されていますが、RASは外れこそしないものの回転方向にグラグラです。
そこで写真同様、タイラップを2本前と後ろに括り付け固定しました。
「グッ」と回転方向に力を込めると「ズッ」と少し動いてしまいますが、実用上不具合はなさそうなのでOKとしました。

先にフォアグリップを付けておかないと、タイラップが邪魔をしてレイルに付けられなくなるので注意です。
まあ誰もわざわざこんなヘンテコカスタムはしないと思いますが(笑)

サイト関係も少し遊ぼうと思い、実物「グースネックマウント」を引っ張り出してきました。

訳すと「雁の首」という名前も形もヘンテコな部品ですが、キャリングハンドル付きのARにローマウントで光学サイトが付けられる優秀なパーツです。
詳細は勉強不足でわかりませんが、AimpointのCOMPサイトに同梱されているようです。
私の個体はキャリングハンドルと固定する金具を通す用の真ん丸の穴が空いた仕様です。
これより古い仕様はこの穴が無いそうです。

トイガンパーツメーカーからも似たようなパーツは出ていますが、やたらレイルが付きゴテゴテしていて好きになれませんでした。

そこで少し値は張りましたが、数年前にオークションで見つけた際にシンプルな実物を確保しておいた次第です。

初期アフガン時のM4のバックアップサイトにはあまりフリップアップサイトは使われておらず、キャリングハンドルを付けている様子が散見されます。
以前記事にした「Profiles From The Front Line」に出てきたMARK曹長のM4もサイドレイルにキャリングハンドルが付いていましたね。


グースネックマウント上部は溝が掘ってあり、光学サイトを外せばそのままアイアンサイトが使用可能です。
残念ながらグースネックマウントが使用されている初期アフガンミリフォトは見たことがありませんが、「オーパーツ」ではないはずですし、キャリングハンドルをわざわざ付け替えずバックアップできるので、それなりに理にかなったセットアップではないかなと考えました。

サイトは敢えてホロサイトにし、変態度をアップさせてみました(笑)
あとはシュアファイアの6P、デルタパッド等で味付けし完成です。


上部レイルが無いおかげか、構えてみると意外にもフロントヘビー感は無く、グースネックマウントのおかげでホロサイトも違和感なく覗け、ヘンテコな恰好に反して実用性は十分にあると思います。

鉄砲をいじっていると無性にゲームがしたくなりますね!
早くこれを持って野原を駆け回りたいところです。

お読みいただきありがとうございました。  


2018年01月10日 Posted by 4039  at 22:50Comments(0)鉄砲初期アフガンODA

ギアフェス参加装備 続き



前回に引き続き、ギアフェス2017に参加した際の装備詳細の記録をとっておこうと思います。
前回の記事はこちら「ギアフェスの「ギアログ」

下記が今回の装備レシピです。



A.EAGLE TAC-V1NUベスト with EAGLE ピストルマガジンポーチ
B.スパルタンエアソフト PRC-148&THALES ブレードアンテナ(ジャンク)
C.RACAL アーバンアサルトヘッドセット
D.BHI デューティーベルト
E.EAGLE MkⅥホルスター
F.SAFARILAND ELCS 3MAG POUCH改レッグポーチ
G.SAFARILAND ELCS POUCH,M-60/SAW,100RD
H.DCU(100均カスタム)
I.NIKE acg ZION(96年製)
J.OAKLEY ストレートジャケット(1999)
K.メーカー不明 キャップ
L.官給品 ノーメックスグローブ(SG)
M.CASIO G-SHOCK DW-6900-1V
N.SUUNTO M9コンパスカスタム「XM9 SILVA-ish」
O.INOVA マイクロライト(旧型)
P.GERBER マルチツール(ケースのみ、旧ロゴ)
Q.COLD STEELトレーニングナイフ&自作100均シース(破壊してしまい写真では着いてません 笑)
R.RYMS製マウスガード「サバイバー」
S.対ギアフェス用 全方位対応型付け髭「付けヒゲ360(サンロクマル)」
T.東京マルイ 次世代M4
U.東京マルイ エアコッキングM92F


前回は下記リストの「L.」まで紹介しましたので、今回はM.からとなります。

M.CASIO G-SHOCK DW-6900-1V


幅広い年代、部隊に対応し、普段使いも出来て実用的、そして安いというコスパ最強アイテムですね。
ただその汎用性故に、ギアフェスでは被りまくりでした(笑)
腕時計はちょっと一捻り入れようと思った次第です。

ちなみにG-SHOCKについては「G-SHOCK PERFECT SEARCH」というCASIO公式の非常に便利な検索システムがあります。
「G-SHOCK PERFECT SEARCH」URL:http://g-shock.jp/products/advanced-search/

残念ながら国内発売モデルのみの検索になりますが、発売年月で絞込みが出来るので、どの型がいつ発売していたかは特定できます。
少なくとも想定した装備年代に対して「オーパーツ」になってしまうかどうかはすぐに分かりますね。
このあたりをうまく利用しながら、一味違うG-SHOCK探しの旅をしようと思います。


N.SUUNTO M9コンパスカスタム「XM9 SILVA-ish」


下記ミリフォトを見てモデルを推定しましたが、現物が手に入らなかったので自作したものです。



こちらは話すと長いストーリーですので、もし興味がありましたら以前まとめた下記記事をご覧いただければと思います。
初期アフ リストコンパス問題」「初期アフリストコンパス 加工編

これがきっかけで色々な方と装備談義に花が咲いたので、より一層思い入れの深いアイテムになりました。
今後仮に現物が手に入ったとしても、大切に取っておこうと思います。


O.INOVA マイクロライト(旧型)


ミリフォトで度々見かけるライトですね。
最低1回はモデルチェンジしていることを確認し、下記ミリフォトを参考に古い方をDCUのボタン穴にぶら下げました。



INOVAのマイクロライトについては過去2つ記事を書きました。
初期アフガン小物 INOVA MICROLIGHT」「INOVA MICROLIGHT 旧モデル入手


P.GERBER マルチツール(ケースのみ、旧ロゴ)


GERBERのマルチツールです。
初期アフガン装備なので、旧ロゴ品を探して入手しました。
レッグポーチのストラップに取り付けており、アクセントとしてかなり気に入っています。

中身はサバゲ中は不要、重い上に危険なので、ケースのみ使用し、中にはウレタンパッドを詰めています。
中身のツールも非常に頑丈で出来が良く、ツールボックスのスタメンです。


Q.COLD STEELトレーニングナイフ&自作100均シース


飾り用にナイフを探しましたが、高価なので100均材料でシースを作り、トレーニングナイフを入れました。
これも以前記事にしています。
100均で自作ナイフシース

しかしギアフェス実戦で変な体勢になった際に無理な負荷が掛かったようで、あえなく破壊してしまいました...。
まあ「失敗は成功のもと」といいます。フィードバックして改良ですね!


R.RYMS製マウスガード「サバイバー」


申し訳ありません。デザインはとある御仁のブログに載っていたマウスガード画像がカッコよすぎて、オマージュするつもりが結果丸パクリになってしまいました(苦笑)

方々で取り上げられているマウスガード専門店「RYMS」様のサバゲ用マウスガード「サバイバー」です。
ある日ふと「歯は一生もの。欠けると色んな意味で痛い」と怖くなり、RYMS様が意外に近場だったので行ってきて作りました。

「サバイバー」は奥歯の部分を通常のスポーツ用マウスガードより薄くすることで装着感を良くし、サバゲで長時間着用する事を想定して設計されたそうです(店長談)。
一度嵌めると、指でグイっと剥がさないと取れないくらいジャストフィットします。
少し値が張りますが、月1使用程度ならおそらくほぼ一生物の上、歯が折れた際の治療費、時間、精神的ダメージに対する保険と思えば安いものですよね。おすすめです!

RYMS様ですが、所謂「歯医者さん」のような所だと思っていたのですが、もろ一軒家なので通り過ぎに注意です(笑)
気さくな店長さんと楽しく世間話をしながら歯型を取っていただき、数日後に自分の歯型と一緒に郵送されてきます。


幸いまだ歯に被弾したことはありませんが、これを着けると「もうひとつ先のバリケード」に進む勇気が湧いてきます。


S.対ギアフェス用 全方位対応付け髭「付けヒゲ360(サンロクマル)」




全て100均で入手したもののみで自作しました。
100均行ってばっかりですね(笑)
材料は
・アフロヘアのカツラ
・肌色または黒系統のフェルト
・ゴム紐
・ホットボンド
以上です。

髭の形に切ったフェルトに、カツラからむしり取ったアフロヘアをホットボンドで貼り付け、最後にゴム紐を付け顔に引っかけられるようにして完成です。
フェルトの形、毛の貼り方、ゴム紐の位置やテンション設定にはそれなりの慣れと技が必要になります。
私の付けヒゲは何度も実戦に投入しバトルプルーフされ改善を繰り返し、現在「GEN4」といったところです(笑)
友人のBucket Head氏は「GEN2」あたりの仕様でしょうか。
今まではしゃべる時や笑う時等、ズレを気にしてなるべく表情を動かさないようにする必要があり、「不器用な人」みたいな感じになってしまっていました。
しかしギアフェスではヒゲ状態で初対面の方と多くのコミュニケーションが想定されたので、最新バージョンはゴム設定を一から見直し、「ニカッ」と満面で笑ってもヒゲがずれなくなりました。


おかげで付けヒゲ&サングラスでも、感情を表情を交えてしっかり伝えることができ、円滑なコミュニケーションがはかれたと思います。

ゲームに投入してはトライ&エラーで改良を続けているので、自分でも改良した経緯が分からなくなってきました(笑)
今度新作を製作する際にでも、付けヒゲ遍歴をまとめようと思います。

ギアフェス前までの付けヒゲのもう一つの欠点として、キャップ等を被った際に側頭部や後頭部は地毛が露出し、毛質の違いが超不自然な事です。
下写真は6月にヴァルハラで付けヒゲを着用した際の後姿です。


ヘルメットであれば地毛部はほぼ隠れるので問題になりませんが、初期アフガン装備は基本メット無しなので、今回新アイテムを開発し対応しました。
それが「付け髭360(サンロクマル)」です。


別で買ってきたカツラの毛を一度刈り取り、髭と同じクシャクシャにしたアフロ毛を貼り付けました。
残念ながら途中毛不足となり、帽子で隠れている頭頂部は毛が足りず「カッパ」状態です(笑)

次はキャップすらなくてもOKな全天球型の「付けヒゲ Fusion」を開発したいと思います。
これからも真摯にヒゲに向き合い、ヒゲを愛し、ヒゲを進化させていく所存です(笑)


T.東京マルイ 次世代M4





ようやく鉄砲まで辿り着きました。
ベースは次世代M4 SOCOMです。
下記外装カスタムレシピです。
・マルイ純正 RASに換装
・マルイ純正 旧型M4ストックに換装
・VFC製グリップに換装
・アウターバレルをTSSのスチールバレルに換装

下記アクセサリーです
・レプリカM2 COMP+Aimpointレプリカマウントベース(スペーサー有り)
・マルイ純正M4キャリングハンドル
・実物SUREFIRE 6P 旧型&メーカー不明マウントリング
・レプリカ ナイツタイプフォアグリップ
・メーカー不明 2ポイントスリング
・メーカー不明 ナイツタイプレイルカバー

最後にタンカラースプレーで塗装しています。
マルイ純正&レプリカオンパレードですね(笑)

TSSのスチールバレルはハンドガード内が削りこまれているので、配線でヒューズをキャンセルすれば、RAS内にLIPOバッテリーが納まるのでお気に入りです。


質感と剛性も高まる上、安価なのも素晴らしいところです。

アクセサリー類は基本簡単に手に入るものばかりですが、強いてポイントを挙げるならばAimpointマウントベースのレプリカです。
絶版?なのか希少価値があり、レプリカであってもちょっと値が張ります。
ヤフオクで「初期アフM4」と銘打って出品されていた次世代M4に付いていたので、M4ごと入手しました(笑)
M4も状態良好で、PEQ-2や旧型ストック&デルタパッド等、初期アフ好きにとっては有用なアイテムが色々付いて「この値段でいいの!?」というくらい破格で買えました。
(ECHIGOYA様等で新品でSOCOMを買うより安かったです)。

あとは先日初期アフドキュメンタリー「Profiles From The Frontline」でちょうど発見した「キャリングハンドルをレイルに装着」を真似しました。
発見時は珍しいと思っていましたが、あとで調べてみると海兵隊では結構一般的に装着しているようでした。


唯一の実物はSUREFIREの6Pです。旧ロゴの物を手に入れました。
旧ロゴ品もまだまだ流通しており、気長に待てばかなり安価で手に入れられるチャンスがあると思います。
これについてはまだ「勿体無い精神」が働いてしまい塗装できませんでした(笑)

マガジンは自作で実物を加工して次世代マガジンのインナーを入れています。
最低でも金属用やすり1本あればできてしまいますので、非常にオススメです。
加工詳細は以前記事で紹介しています。
次世代M4 実物マガジン外装加工 PART1」「次世代M4 実物マガジン外装加工 PART2


U.東京マルイ エアコッキングM92F



何の変哲も無いコッキングM92Fです。
安いので何の躊躇も無く汚し、落書きしています。
ゲーム中一応装弾はしましたが、まあお守り程度の飾りですね。


以上が私のギアフェス装備でした。
初期アフガン装備をやっていると、自ずと製品の発売時期を勉強できて楽しいです。
「2001年に既にこんなのがあったんだ」や「これこんな最近の製品なの!?」等発見が多くあります。
初期アフガンアイテムは「まだまだ実用できる」レベルの丁度良いレトロ感が魅力だと思います。
昔は高級品で手も足も出なかったナイロン装備や電子製品も、現在では新品同様状態で驚くほど安価だったりして、宝物探し感覚で買い物ができるのもまた楽しいですね。

「12 STRONG」が世界的に歴史的な名作になるか、影の薄い凡作になるかで今後アイテムのコレクション性にも少なからず影響はありそうですね。
まずは日本公開するかどうかがが一番大きいところだと思います。(13時間のようにならないことを祈るばかりです)
何にせよ、私の初期アフ熱はまだまだ冷めそうにないので、このブログもしばらくは初期アフガン関連が多くなると思います。

ギアフェスが挟まり、更新が止まっているドキュメンタリー番組の研究もそろそろ再開しようと思います。

お読みいただきありがとうございました。  


2017年12月17日 Posted by 4039  at 21:20Comments(4)鉄砲装備初期アフガンODAギアログ・ギアフェス