逆BALCS伝説

前回「今週は初期アフお休み」と書きましたが、どうしても書きたい事を見つけてしまったので、短めですが今回もまた初期アフ記事です(笑)

皆様は下記2枚の写真の「ある不自然な点」にお気づきでしょうか?



おそらく同じ時に撮られた写真だと思われ、同じ隊員だと思いますが、縦PALSのBALCSを前後逆に着ていると思われる隊員がいます。



目を疑う光景ですが、過去ミリブロでも何人かの方が取り上げていたりしているので、「縦PALSが嫌で、背面の横PALSを活用するためにBALCSを前後逆に着ていたらしい」というのは「初期アフ都市伝説」として結構有名な話だと思います(笑)
私の知る限り、その伝説を証明しているのは上記2枚の写真だけでした。

非常に謎めいておりますが、今回この伝説に関して新たな発見がありましたので、ご報告しておきます。
次に考察を進めていこうと思っている、英BBCが
Correspondentという番組で2003年に放映した「Special Forces: Taleban Patrol」というドキュメンタリー番組をササッと流し見していた時のことです(NHKでいうところの「NHKスペシャル」的な番組?だと思います)。


見た瞬間は「初期アフODAのWL横BALCS使用例見っけ!」と喜んでいましたが、何か違和感を感じます。
暑い為か、サイドのバックルとベルクロを解いてお腹周りの前後を分離しているのもそうですが、パネルの形自体変な感じがします。
そこでこの方が映っている他のシーンを注意深く観察してみると、決定的ともいえる瞬間が納められていました。


肩パット部に注目です。
タブが付いている開く側が前に来るのが正のはずが、それが背中側にあります。


また、背中のPALSも縦3列であるのがわかります。

RANGER BALCSフロントの使用例ではなかったことは残念でしたが、「逆BALCS都市伝説」について新たな資料を入手できたことは思わぬ収穫でした。
そして同日と思われるこの後のシーンでは何故かちゃんと着ています。


気分だったのか?ふざけていたのか?寝ぼけて間違えただけだったのか?謎は深まるばかりです。
しかし事実として、ODA隊員はBALCSを後ろ前逆に着ていた事があったという伝説は私の中で確信に変わりました。

装備を後ろ前逆に、しかも前線で大真面目に着用するなんて、「初期アフODAは本当に必要な装備が不足していたんだな」というのを物語るエピソードですよね。

試しに家にあるBALCSを逆にして着てみましたが、喉元のクリアランスがほぼ無く、座ったりしてBALCSが少しでもずり上がると喉元に当たって非常に不快でした。
ただ、その他の部分に関しては思ったより不具合は無い感じです。
初夏の晴れ舞台はこの着こなしで行くか??現在真剣に思案中です(笑)

本格的な考察に入る前から、この番組は非常に見応えがありそうだとワクワクさせてくれますね。
諸々進捗がありましたら、また記事にしていこうと思います。


おまけにBALCS着こなし繋がりで気づいた点をもうひとつ。
BALCSは肩パット部をダクトテープでぐるぐる巻きにしているところをよく見かけます。




この部分はベルクロで三重に重なってフロントとバックを接続していますが、ベルクロが良く外れやすかったそうです。
実際に外れている写真を見つけましたので載せておきます。


同じ隊員です。


M4を構えた際にストックでめくってしまったようですね。
それにしても凝った塗装を施しています。真似するのは非常に勇気がいりますね(笑)

お読みいただきありがとうございました。  


2018年04月25日 Posted by 4039  at 23:33Comments(0)SPEAR BALCS初期アフガンミリフォト

東京サバゲパーク 4周年定例会 参加装備



4/29開催の「ゆるげ2」に参加できる事になりましたので、もしお読みの方で参加される方がいらっしゃいましたら、当日はよろしくお願いします。
また、ギアフェス東北も家族と調整し、5月のサバゲを「一回休み」とし、2日間のバスツアーに参加することになりました。
どちらも今から楽しみですね!

先日参加した東京サバゲパーク4周年定例会に参加した際の装備を記録しておきます。
今回も初期アフガンODAモチーフ装備です。





特に細かい設定等は詰めず、何となく家の装備BOXを眺めながら適当にコーディネートしました。

下記が装備レシピになります。
・BALCS(フロントRANGER バックSF)+ELCSポーチ+小物
・ICOM IC-F3S
・Bijian's ニーパッド
・BHI デューティーベルト
・EAGLE Mk3ホルスター
・メーカー不明(EAGLE?) ユーティリティポーチ
・CAMELBAK THERMOBAK 3L
・DCU
・シュマグ
・リアルツリー柄キャップ
・NIKE ZION
・OAKLEY STRAIGHT FLAME
・CASIO PROTREK PRG-40
・ノーメックスフライトグローブ(タン)
・官給品靴下(黒)
・M4(次世代)
・M9(エアコキ)
・ヒゲ

めぼしいところを順に書いていきます。

BALCS


フロントパネルがRANGERの実物、バックパネルがSFのレプリカになります。
バックル含め、無加工で合体できました。
絶対誰にも気づいてもらえない「ザ・自己満」構成です(笑)

色は違いますが、先日考察したドキュメンタリー番組「Special Operations Force: America's Secret Soldiers」で出てきた構成を真似してみました。
個人的にはグリーンベレーかどうか確証は持てていませんが、下記写真が初期アフガン時のグリーンベレーだという一説もあり、ODAのウッドランド横PALS使用例は無くはなさそうです。


横PALSですので、所謂「普通のプレキャリ」と同じような取り回しができて使いやすいですね。
縦PALSが淘汰されたのは至極当然の流れだったと実感できます。


IC-F3S


先日記事にしたばかりですが、早速実戦投入しました。
購入時背面のクリップが破損していましたが、無事修繕完了し、PALSに引っ掛けています。
先日コメントいただいた「特殊部隊という響き」のAKIさん、昨日記事にされていた全快娘さんもIC-F3Sを入手されたようで、空前のIC-F3Sブームが到来してますね!(笑)

IC-F3Sは以前記事にまとめておりますので、下記記事をご覧いただければと思います。
初期アフ無線 ICOM IC-F3S

また、「おもちゃの兵隊」のTJ1様よりコメントいただき、私の持っているICOMポーチはIC-F3S用ではない事が判明しましたので、今私の中ではIC-F3Sポーチ探しの旅が絶賛開催中です。

この無線を構えると妙に雰囲気が出るので、一緒に行ったBucket Head氏と何枚もぱちぱち写真を撮って遊んでいました(笑)




Bijian's ニーパッド
多くの初期アフミリフォトで着用例を確認できますね。




ちょっと前までは放出品店やヤフオクに激安価格でごろごろ投売りされていたイメージでしたが、いざ探し始めると全然見つかりませんでした。(海兵隊用のコヨーテはいまだに激安でしたが。)
なのでebayでエルボーパッドとセットで調達しました。


非常に残念な事に、新品同様のコンディションでした(笑)
ピカピカのニーパッドなんてありえませんので、汚す手間が面倒というものですね。
この日も無駄に地面に擦り付けてやりましたが、まだまだ綺麗です。おのれ!

使用感はまずまずといったところで、しっかり巻いておけば激しくダッシュしてもほぼズレませんでした。
ただ、少しでも緩くすると容赦なくブーツまでずり落ちます。
Cryeコンパンの快適さを知ってしまった身からすると、やはり不便さは否定できませんが、貴重な初期アフガン装備の実用膝防具としてこれからも重宝していこうと思います。


ユーティリティポーチ


上野のファーストへふらっと立ち寄った際に一目ぼれし、購入しました。
サイズ的にダンプポーチにぴったりです。

質感的には実物だと思われるのですが、タグ等は無くどのメーカーか不明です。
ファステックスは2003年のITW製でした。

似た形でEAGLEのHARRISベストのユーティリティポーチがありますが、たぶん違いますね。


まあ高いものでもなく思い入れも特に無いので、サバゲ用にカスタムしてしまいました。


フラップ天面に切れ込みを入れ、適当にいらないポーチから引っぺがしてきたバイアステープを縫い付けました。
これでフラップが閉じた状態でマガジンを放り込めます。
M4マガジン4,5本は余裕で入る容量で、使用感も問題なかったです。
以前記事にしたポーチと共に、初期アフダンプポーチとしてこれから頑張ってもらおうと思います。


CAMELBAK THERMOBAK 3L


激安だったのでつい購入してしまったアイテムです。
下画像のように2Lの方は初期アフガンODAで使用例を確認しています。


しかしこの3Lの方は私の知る限りグリーンベレー使用例は無いうえ、仕様詳細もわからず、もしかしたらオーパーツかもしれません。
まあこれで一度日の目は見たので、使い道を見出せるまでは自宅待機ですね。


DCU
今まで上はノンリップのS-R、下はリップストップのS-Rを使用していました。
S-Rで上着をパンツインするのは少々お腹がキツイのと、ノンリップの質感が好きなので、この度ノンリップのパンツを調達しました。
丁度良い実物が中々見つからなかったので業を煮やし、エスアンドグラフ製のパンツを購入しました。
質感は実物と遜色無く、中古の放出品より安く新品が手に入ります。
(私にとって「新品」はむしろマイナス点ですが(苦笑))
上着に質感を追いつかせるため、暫くベランダに放置しようかと検討中です。


CASIO PRG-40


過去考察した番組内で着用していたと思われるモデルを調達しましたので、初投入しました。



大型の腕時計ですので、結構な存在感があり一発で気に入りました。


ノーメックスグローブ タン


これもオークションサイト等で暫く探していましたが、アメ横の中田商店、しかもメジャーな方の店舗に普通に置いてありました。
メジャー過ぎて永らく訪れていませんでしたが、まさに灯台下暗しでした。
これでコーディネートに合わせてグリーンとタンを選べるようになりました。


官給品靴下 黒


これも中田商店で普通に売っていました。
初期アフガングリーンベレー隊員の靴下は黒がそこそこ多いように見受けられます。



DCUを履いたらほぼ見えませんが、短パン装備時に威力を発揮してくれると思うので、夏に備えて調達しておきました。

この日の装備は上半身は適度にくたびれており、下半身は新品ピカピカの物ばかりで、なんとも「ちぐはぐ」な質感になってしまいました。
日常生活でおいそれと着用できるものでも無いので、うまいエイジング手法の模索が急務と感じている今日この頃です。

近頃は暑いくらいの陽気を感じる日も増えてきましたので、そろそろ「初期アフ夏の陣」を始めていきたいところです(要はジャケットを脱ぐだけですが)。
日常生活では寝巻きにも使う価値がない「薄いチョコレート色T」に大活躍してもらいましょう!(笑)


お読みいただきありがとうございました。  


2018年04月13日 Posted by 4039  at 19:24Comments(4)装備SPEAR BALCSサバイバルゲーム初期アフガンODA

初期アフ映像考察 Discoveryチャンネル編 PART2



少し間が空いてしまいましたが、Discoveryチャンネル製作の初期アフガングリーンベレー密着ドキュメント番組「Special Operations Force: America's Secret Soldiers」の考察記事を書いていきます。


前回の記事はこちら。
初期アフ映像考察 Discoveryチャンネル編 PART1

この番組では登場人物は英文字1文字で表されます(イニシャル?)


階級等の表示もありません。
今回は隊員「J.」について考察します。

ざっと見る限り、J氏の装備は下記のようです。
・BALCS(横)
・チェストリグwith謎のポーチ
・DCU
・無線
・レッグホルスター
・MP5
・M4
・腕時計
・グローブ
・サングラス

順に詳細を考察していきます。

・BALCS



3CのBALCSのようです。
肩部の形状や、脇腹の前後合わせ部がBALCSだと判別しやすい特徴だと思います。

同時期に海兵隊が着ていたAAVがよく似た形状ですが、肩部で一発で区別できますね。


フロントのPALSがODAでは珍しく横向きです。
ODA隊員が横向きを着けている場合は下記2パターンが多いようです。
・フロントパネルをRANGER仕様に交換
・縦PALSを解き、横向きに縫い直し

話では有名ですが、初期アフガン時の画像では初めて実際に横PALS隊員を見ることができました。
J氏のBALCSもたしかにバックパネルはSF仕様のようです。


RANGERとSFのバックパネルの見分け方としては、下記2点が分かり易いです。
・ドラッグハンドルの有無
・下部のALICEスロットの有無

我が家のBALCSを並べてみました。


左がRANGER、右がSFです。
赤丸で示したところが上記のポイントです。

ひっくり返してフロントです。


PALSが縦横逆なので一発でわかりますが、もう1点特徴的なのは下部のALICEスロットです。
SF仕様はフロントにあり、RANGER仕様はバックにあるんですね。

ということは、J氏がフロント交換かPALS縫い直ししたかは、このフロントALICEスロットの有無を確認すれば判明するはずです。
つまり
フロントにALICEスロットがある=SF仕様のPALSを横に縫い直し
フロントにALICEスロットがない=フロントをRANGERに換装 or 縫い直しの際にALICEスロットも除去
いう2択の判断が可能です。

PALSを縫い直してもALICEスロットまでわざわざ解くことは無さそうなので、「縫い直しの際にALICEスロットも除去」の可能性はかなり低いと推測できます。
我ながら完璧な方程式です。あとは実際にJ氏のBALCSフロント下部を確認すれば選択肢を絞り切れるはずです!
・・・目を皿にして見ましたが、チェストリグのせいで一度もフロント下部が露出しませんでした。無念!
まあ何にせよ、初期アフODA隊員が横PALSのBALCSを使用していた貴重な資料である事に間違いはありませんね。

BALCSをSF、RANGER両方持ってないと出来ないお財布に痛い装備ですが、地味過ぎて殆ど気づかれないので超コスパ悪いです(笑)
また、縦PALSを横に縫い直すなんて所業はもったいなくて私には絶っ対にできません。
いずれにせよ完全に自己満足の域ですね。

ヤフオク等ではウッドランドでたまにフロントRANGER、バックSFの放出品が出ていたりもしますね。
つい最近ではウッドランドSFのフロントのみも出品されていました。フロントをRANGERに交換後の余剰品だったのでしょうか。
フロントが3C RANGER、バックがウッドランドSFなんて妄想変態装備もいつかやってみたいところです。


・チェストリグ



折角BALCSを横PALSで使いやすくしているのに、ポーチを何も付けずチェストリグを着ています(笑)
肩紐の形状、フラップの形状、サイドのハンドガンマガジンポーチ等からBHIのチェストリグではないかと思われます。


ブラックホークダウン効果か、一時はレプリカが溢れかえっていましたが、最近は殆ど見かけなくなりましたね。
シンプルで軽量で必要十分な容量、そして安価と、サバゲ装備としては現在でも十分通用するポテンシャルだと思います。
下手にMOLLE式のチェストリグより、サバゲではよっぽど実戦的だと思います。
これも実物を探す際は、年代によって裏面のパッド有無やタグが違うので注意が必要ですね。

胸紐に謎のポーチが付いています。



表面のドットボタンから、パッと見でBHIのラジオポーチかMOLLEの40mmポーチかなと思いました。



ただどうも違う気がしてなりません。
底部のドレンホールもヒントになりそうですね。
しかし残念ながら私の知識では現時点迷宮入りです。


・DCU


カスタムDCUです。
おそらく腰ポケットを腕に移動しているようです。
ベルクロが特徴的ですね。
右腕のベルクロに文字が書いたテープ(ダクトテープ?)が貼ってあります。


「O POS」と読めます。血液型でしょう。
これはほぼタダで真似できるので良いですね。
早速導入しようと思います。


・無線


むき出しで携帯しているシーンがあります。
チェストリグの胸紐に背面のクリップで引っ掛けているのだと思います。

小さい液晶が確認できます。
以前の記事で紹介しましたが、ソルジャーインターコムで採用されたアイコムのIC-F3Sでしょうか。


白いペンで何か書いてありますね。「B-3R」でしょうか?


このあたりは是非真似したいところです。

IC-F3Sは不動品でよい(じゃなきゃダメ?)のでかなり欲しいのですが、未だに手に入れられてません。
国内流通はほぼ無さそうなので、輸入するしか無さそうですが、無線機の輸入は何かと注意が必要そうです。
まずは軽く法律を勉強してからですね。


・レッグホルスター


パネルの形状からおそらくサファリランド製、銃はM9と思われます。
ちなみにサファリランドの旧型はレッグパネルの裏側がスウェード張りになっているのは以前から知っていましたが、最近友人にもうひとつ見分ける特徴を教えてもらいました。
レッグパネルに見える「穴」の周りが膨らんでいるものが現行型、フラットなものが旧型だそうです。

現行型


旧型


外観でパッと見で判別しやすい箇所ですので、ありがたい情報を教えてもらいました。


・MP5


初期アフガンでは非常にレアケースなMP5を所持しています。
これで初期アフガン装備で堂々とMP5が使えますね!旧型フレーム&ハンドガードですが。。
ロアフレームはCLASSIC ARMY等からマルイ電動互換仕様が発売されていたと思います。


ただ旧型ハンドガードは(バッテリー収納的に)絶望的な細さです...。
ガスブロ用にカスタムパーツは出ているので、パーツ入手自体は簡単ですが、バッテリーを仕込むのは至難の業ですね。

なので全快娘さんのようにマルイエアコッキングを調達するのが最もコスパに優れていると思います。


何年も前にどこかのブログで、バッテリー一体型のハンドガードを自作されている猛者を見た記憶があります。

ちなみに私はVFCのガスブロに旧型ロア&ハンドガードを換装したものを所有しています。


一発の精度と威力は電動ガン並みなので、夏場でセミ戦であれば電動と渡り合えなくもないサバゲ実用性です。
スリングは思わず二度見してしまうほど高額で取引されているので、潔く諦めましょう(笑)
私は最初見た時、ゼロを一個間違えているんじゃないかと思いました。

・M4


M203がまぶしいですね!しかもショートバレルです。
「サバゲではただの錘にしかならないよ!」と自分を言い聞かせ続けて幾年か経ちますが、そろそろ辛抱たまらなくなってきました(笑)
夏ごろに導入を検討しようと思います。

・腕時計


まん丸のデジタル時計のようです。
デザイン的にGARMINあたりでしょうか。
私はCASIO以外はさっぱりなので、CASIOでないと取っ掛かりすら得られません(苦笑)


・グローブ
変哲の無いノーメックスのタンだと思います。
自分に合ったサイズを適正価格で見かける機会は意外と少ないので、見つけ次第確保ですね。
グローブは装備としては消耗が早いので、予備を持っておいて損はないですね。


・サングラス
おそらくオークリーのM FRAMEだと思います。
初期アフガンODA装備は当時の型のM FRAMEを掛けとけば鉄板ではないでしょうか。
ただレンズの形状は多岐に渡るので、拘るのであればレンズは慎重に選ぶ必要があるかもしれません。


J氏の装備は横PALSの3C BALCSやMP5、ショートバレルのM203等、珍しいアイテムが目白押しで非常に刺激的でした。
無線機をチェストリグに直付けしたり血液型を書いたテープを貼るのは、お金が掛からない着こなしテクニックとして重宝しそうです。
装備構成自体もサバゲ実用性が高そうですし、真似したくなりますね。
とりあえずBHIのチェストリグが私の欲しいものリストの上位に追加されました。

お読みいただきありがとうございました。  


2018年03月06日 Posted by 4039  at 21:53Comments(4)SPEAR BALCS初期アフガンAmericas Secret Soldiers