U-BOX貸切参加



先日、U-BOXの貸切ゲーム会に、友人H氏とBucket head氏と共に参加してきました。


H氏の友達の友達の友達が主催という、かなり「アウェイ」な環境での参加でした。
あと2人友達を介せば、松本人志の電話番号にたどり着けそうですね(水曜日調べ)。


場所は老舗ユニオンが経営するインドアフィールド「U-BOX」でした。


以前から興味はあったのですが、ここは定例会をほぼ開催していないので中々遊べず、今回のお誘いはまさに渡りに船でした。
内部はかなり開放的で、縦50m、横20m程度はあり、天井が高く複層構造になっています。


構造物はどれもしっかり作り込まれていて、フィールド内にいくつも2階建ての建物が存在します。



片面の一番奥にある「HOTEL」の看板が掲げられた建物は、2階に上がるとちゃんと廊下があり、壁に仕切られた部屋が3部屋存在し、各部屋の窓から射撃ができます。




開けた箇所あり、閉所あり、暗い場所あり明るい場所ありと、立体的でバラエティに富んだ構成で、インドアとしては全体的にかなり開けている印象です。




ウッドチップ敷きなのも相まって「中なのに外」な感じがします。



ライフルでもハンドガンでもショットガンでも、色々な銃で活躍できると思います。

更に建物の一面、3箇所から屋外に出ることができます。




屋外も屋内と同様の広さがあります。
バリケードが程よく設置されており、10人程度であればこの屋外だけでもかなり楽しめそうな印象でした。

屋外を開放して全面使用すれば、MAX30人程度でも十分遊べそうな構成だと思います。
今回は全部で15人程度でしたが若干不完全燃焼で、20人は居た方が常に熱い展開が各所で繰り広げられるのではないかなと思いました。

定例会は開催数は少ないですがやってはいるようなので、いずれ定例会にも参加してみたいです。


今まで私が行った事のあるインドアフィールドを振り返ってみました。
・スティンガー
・AIR SOFT ZONE DELTA
・九龍 迷宮街区
・F2プラント
・ワンダーフォーゲル
・アストレア
・ASOBIBA板橋(閉鎖)
・AGITO(閉鎖)
あまりインドアは好きではないのですが、いざ思い返してみると「意外と行ってるな」と自分でも驚きました。

それぞれに良い所や特徴があって一概には言えませんが、U-BOXは総合的に見てバラエティに富んだ戦い方が出来、飽きが来ない造りだと思いました。

個人的にワンダーフォーゲルは「関東近郊のサバゲーマーなら一度は行っておくべきフィールド」と思う程、特殊な雰囲気で特殊な体験が出来る大規模フィールドでしたので、定例会が無くなり貸切のみで参加ハードルが高くなってしまったのは惜しいところです。





AGITOも広大かつ複雑な造りで、雰囲気抜群な素晴らしいフィールドでしたが、残念ながら今年3月で閉鎖となってしまいました。



個人的に、インドア定例会で純粋にゲームが一番楽しかったのはスティンガーです。.


雑居ビルが丸々1棟フィールドとなっており、各チームが分隊を作り、3~6階の各階で分隊同士が殲滅戦を実施し、生き残った分隊は他の階の支援に向かうという特殊なルールでしたが、これが非常に楽しかったです。




特に中盤、フィールドが用意したエアコッキングハンドガン戦が非常に盛り上がりました。
ハンドガン1丁あれば十分活躍できる造りで(しかもガスはフィールドの物が使い放題)、駅からも徒歩圏内というところは電車ゲーマーにとってはかなりありがたいのではないでしょうか。
お昼のケバブもとても美味しかったです。
ただ、無駄な装備をするとそれが即重大なハンデキャップに繋がるシビアな撃ち合いが多いので、装備ゲーマーにとっては「装備する楽しみ」が味わい難いのが玉に瑕でした。
「純粋にハンドガンでの撃ち合いを楽しむフィールド」としては満点だと思います。
定例会も頻繁にやっている認識なので、暑い季節に雨予報の時は電車でスティンガーに行ってガスブロを撃ちまくって汗をかいて、帰りにビールで水分とアルコールを補給して帰ればまさに「至福の休日」になること請け合いです。
最寄の「千葉駅」は美味しいラーメン屋さんや映画館もありますので、ビールに限らずゲーム後の楽しみの選択肢が多いのも良いところですね。


話は今回の貸切に戻りますが、個人的な反省点というか「遠い関係の貸切参加って難しいんだな」と思った事がありました。
行ってみて初めて分かったのですが、今回参加者の方は話しや動きや装備から察するに、主催の方含めサバゲ暦が非常に浅い(全員1年未満?)方々でした。
そこにステッカーベタベタのペリカンを引きずった完全武装の10年選手が入ってしまったので、完全に「場違い」でした(苦笑)

皆さま装備には全く興味はなさそうで、ゲームもレベルが全く合わずでどうにも接点が見出せず、逆に我々が居ることで主催の方に色々ご迷惑をおかけしてしまうと思い早々に退散しました。

同じ「サバゲ趣味」という括りでも、ここまで決定的に話が合わないというか空気が合わない事があるんだなと驚きました。
人数の少ない貸切であればあるほど、趣味や実力が近くなければお互い気を使わずに楽しむ事は難しく、また主催者の手腕によって雰囲気は大きく左右されるのだなと、色々勉強になった一日でした。

こんなことなら、この前日のSAVAS貸切に参加しておけば良かったと心の底から後悔しました(笑)

いつも参加する各種定例会は出自も趣味も経験も様々な方が集まり、ビジネスとしてフィールドスタッフが主催していただけるので、サバゲでこのような「人となり」をあまり考えた事が無かったので、ある意味貴重な経験をさせていただけました。


いよいよギアフェス東北が迫ってきましたね!


ミリブロガーでは「泥沼装備日記」のかずぴょんさんは先日「初期アフ宣言」されておりましたし(しかもいつの間にかBALCS持ってる!)、全快娘さんはちょくちょく初期アフアイテムを調達されているようです(他のもすごい勢いですが(笑))。
ホース・ソルジャー効果も相まって、果たして初期アフが一大勢力になるのか?個人的に注目しているポイントです。
私の装備は言うまでもありませんね(笑)

お読みいただきありがとうございました。  


2018年05月17日 Posted by 4039  at 22:34Comments(3)サバイバルゲーム

ゆるげ2 参加装備



先日のゆるげ2に参加した際の装備をまとめておきます。
今回は途中で全着替えし、2つの装備で臨みました。

ひとつはUCPのODAモチーフです。


久々に初期アフ以外の装備を着ました。

もうひとつはいつものように初期アフODAモチーフです。


「今回は初期アフ以外で行くぞ!」と意気込み、午前中はUCPを着ていたのですが、写真撮影等は午後初期アフに着替えた後に集中し、なんだかんだで初期アフ装備の写真ばっかり残ってしまいました(苦笑)




それでは順に詳細を記載していきます。

UCPのODA


官給品UCPのACUにMBAV、MICH2000で、2000年代中期~2010年あたりまでのスタンダードなODAスタイルを意識しました。
下記写真あたりがイメージ源です。




MBAV


民生品のカーキです。
ポーチはSFLCSを中心に、陸っぽさを出す為にアクセントでSOTECHのIFAKポーチ(OD)とパラクレイトのラジオポーチ(SG)をチョイスしています。
この2つのポーチはグリーンベレーでは頻繁に使用例を見かけ、鉄板アイテムですね。



背中はMAPで大盛りです。


パッチで少し遊びました。


キャラモノは本職の方もたまに身に着けていたりして、使いこなしたいと常々思っているのですが、中々難しいですね。



フロントも一つ遊んでいます。


マガジンポーチを埋めたい時用に数年前に作った「スニッカーズ」です。
中身を食べた後洗浄し、ウレタンフォームを仕込んで膨らませています。


ミリフォト等の元ネタは特にありませんが、マガジンポーチが寂しい時におすすめです(笑)

他の小物としては、ダミーガーミンの液晶部に偏光レンズ(映画館の3Dメガネ)を貼り付けています。


これは「やらなきゃ怠慢」と言われてしまうほどド定番加工ですね(笑)
ガーミンの左にあるのは、今回新投入したマグライトの「ソリテール」です。


以前初期アフミリフォトの考察時にコメントで教えていただいたアイテムです。


1988年発売、2013年にLED電球にモデルチェンジしたようです。
LEDモデルはベゼルに「LED」と堂々と刻印が入っているので、オールド装備用に旧モデルを探しました。
現状かなりお安く手に入るので、INOVAマイクロライトと共に、幅広い年代をカバーしてくれる優秀小物だと思います。


MICH2000



これもグリーンベレーの超鉄板ヘルメットですね。
本体はどこで買ったかも覚えていないやっすいレプリカです。
使用例は無数にあります。

数ある使用例の中でも、今回はノロトスワンホールシュラウド+MS2000をチョイスしました。
シュラウドはヘタレンジャーさんで販売している無可動レプリカです。


以前「陸はワンホール」という情報を聞いたので、わざわざワンホールを探しました。
ワンホールは3ホールに比べてメーカー品のレプリカが無く、実物も滅多にお目に掛かれないので、ヘタレンジャーさんのレプリカは非常に助かりました。

後頭部は下記写真を参考にしました。



MS2000をNVランヤードで引っ掛けています。
こういう現場感満点な工夫は大好きです。

いざランヤードを探し始めると中々見つからず苦労しましたが、装備好きの桃源郷WARRIORSさんに置いてありました。

レッグパネル
SOTECHのレッグパネル+SFLCSの200RD SAWポーチでダンプポーチ運用しました。



パネルは一昔前の写真でたまに使っている所を見かけますね。


SAWポーチは実物ですが、かなり傷んでいる個体だったので躊躇なくフラップ切除カスタムができました。
M4マガジンなら3本は難なく入りますので、中々良い使い勝手です。
「使い勝手抜群だが後姿がダサくなる」と個人的に思っているCSMダンプポーチを使いたくない時に重宝します。

鉄砲は個性を出そうとLCT製のAMD-65を持ち込みました。


アイアンサイト運用でしたが、チークライザーのおかげで安定して射撃姿勢を取ることができ、取り回しの良い全長のおかげで非常に使いやすかったです。

米軍特殊部隊+AKスタイリングはいつ見ても渋いですね。



この日は珍しくもUCPが3名(なんと全参加者の10%!)被りました。


ユーマンさんとかずぴょんさんです。
UCPは数が並べば並ぶほどカッコよさが増しますね!
ユーマンさんの「胸ホルスター」はODAらしさ全快のコーディネートですよね。
「車両移動が多く邪魔にならないため」という理由だと以前どこかで聞きましたが、こういうウンチクがまた更にカッコよく魅せてくれますよね。

午前中で脱いでしまいましたが、やはりUCPのODAは安定の良さがあると再確認できました。

午後からはいつもの初期アフODAコーデに変身しました。


色々新兵器を調達しているのですが、東北まで温存しているため、今回はお手軽初期アフです。
先日手に入れたばかりのOTVレプリカ+56式弾帯です。

定番過ぎて特筆すべきものがほぼありませんが、強いて挙げるならベルトのストロボポーチです。
先日発見したミリフォトを真似してみました。


このポーチも安価ですが使い回しが効く上に中々存在感があり、非常によろしいです。

IC-F3Sもミリフォトの携帯例を真似してみました。


私のブログで何度か取り上げているLayne Morris軍曹です。
当時19th SFGに所属されており、2002年7月に片目を失う負傷をされていますので、この写真はそれ以前、しかも半袖ですのでおそらく2002年の春~7月の間あたりと思われます。
56式の手榴弾入れのフラップ部をパラコードで延長し、IC-F3Sを収納しています。

ぽん太さんに「今日は何千デニール?」と聞かれましたが、「いえ、今日は木綿です。」と返したら言葉を失っていました(笑)
21世紀に、半世紀前の木綿で造られた装備を付けて戦う特殊部隊の姿は、私にとってはヴァイブスの塊でしかありません。

初期アフ勢3名での一枚。


MUNAGEさんとかずぴょんさん
MUNAGEさんは「馬」という飛び道具に目が行きがちですが、スタイリングもかなりハイレベルでした。
特に腰回りはABAのMP5ポーチにサファリランド3004と、初期アフ時でも旧型なアイテムで激シブでした。
本格装備という土台があるからこそ、お馬様の面白さが際立つわけですね。


かずぴょんさんは初めての初期アフとのことでしたが、初めてとは思えない素晴らしいスタイリングでした。
天然エイジングばっちりの56式弾帯をメインに、黒のソフトアーマーにALTAニーパッド、パナマソールデザートブーツと、非常にツボを押さえた構成だと思います。
下写真を参考にされたようで、非常にシブいチョイスですね!


今回も参加者の皆様のハイレベルな装備を間近でじっくり見て色々と情報交換が出来て、非常に有意義な時間を過ごすことができました。

改めて主催のMMR-Zの皆様、ありがとうございました!

ギアフェス東北も今から楽しみです。本日から参加応募が始まるようですね!


私は東北ももちろん初期アフで行きますので、あと1か月ブラッシュアップに精進しようと思います。

お読みいただきありがとうございました。
  


2018年05月04日 Posted by 4039  at 17:40Comments(4)サバイバルゲーム初期アフガンMBAVODAギアログ・ギアフェス

ゆるげ2



4/29はVショーをパスし、MMR-Z主催の「ゆるげ2」に参加してきました。
今回は相棒のBucket Head氏は都合が悪く、私一人での参加です。

場所は千葉県香取市の「ガーデン」さんでした。
「香取」という言葉は中学時代に受けた強烈な印象がいまだに私の中に残っています。
私は幕張にある中学校に通い剣道部に入っていましたが、その地区では「香取中」と「誉田中」が2強でした。
大会のトーナメントで「香取中」と当たると分かると絶望したのをよく覚えています(笑)

そんな事をGW大渋滞中にぼんやり思い出しつつフィールドに到着するや、ギアフェスから親交を深めさせていただいているぽん太さんに元気にあいさつしていただき、楽しい一日が始まりました。


今回はお互い一人参加ということで、今まで以上に色々お話をさせていただきましたが、漲るバイタルと包容力、装備やトレポンに対する深い造詣と愛情、そして唯一無二のワードセンスと、ぽん太師匠の魅力を再確認した次第です。
素晴らしい御仁とこうして出会えた事を改めて神に感謝しました。
(これだけ誉め返したので、缶コーヒーはチャラになったはずです(笑))

迷彩服とプレキャリを羽織れば渋滞の疲れなんて吹っ飛びます。
ぽん太さんはプレキャリを着て寝ると、どんな大病も1晩できっちり治ると豪語していました。
プレキャリ民間療法、皆様も風邪を引いた際はぜひ。
万一悪化したら、文句は「ANNUAL LEAVE」という真面目な事しか書いていないブログにコメントしてくださいね。


参加人数は全部で30名程度で、1月の「ゆるげ」と同じような感覚でした。



イベント名とは似つかわしくないガッツリ装備の人しかいないのも、前回同様でした。
進行も前回同様ゆる~く始まり、セーフティでわいわいしゃべくりながら、合間にゲームするという感じでした。
丸1日でゲーム数は5回?だったと思います(笑)

まずはフィールドですが、全体的にブッシュが中心の構成でした。




迷いそうなくらい広い敷地に、網の目に張り巡らされた小道がありますが、突っ切れる程のブッシュも多く存在し、侵攻方法は無数にありました。
おそらく100名程度の大規模戦でも、裏取り機動がしっかりハマるほどのルートの多さだと思います。

そして点在する櫓、スクリーン式のバリケードやテントは一気に攻め上がる際の起点になり、ゲームにスピード感を与えていました。



中央に鎮座する砦は圧巻の存在感、造りで、アクセントとして100点満点でした。


人数の都合上、今回は半面使用でしたが、1回1回非常に緊張感のある熱いゲームができ、このフィールドの素晴らしさを味わえました。
今度はもっと大人数で全面使用の定例会等に参加してみようと思います。
また、フィールドからセーフティまでの距離が短く、通路が路面、広さ共に快適だった点も美点として付け加えておきます。
荷物の多い装備ゲーマーにとっては、駐車場からセーフティまでの移動の快適さは地味に大事ですよね(笑)

ゲーム数が少なかった分、交流は非常に濃い目でした。
個人的には、まずはなんと言ってもこの方です。


泥沼装備日記」のかずぴょんさんです。
午前中はUCP、午後は初期アフでまさかの2パターン被りでした。


この趣味を初めてまだ1年程度とのことでしたが、しっかりとツボを押さえたスタイリングには思わず唸されました。
キャップのエイジングやAKの木製ストック加工、初期アフ装備の塗装等、装備愛を非常に感じました。

今回のゆるげ2前からブログ上で交流させていただき、私の事を記事にまでしてくださりました。
ミリブロを始めた時期がほぼ一緒だったので、開設当初から拝見させていただいており同じ装備好きということで、いつかどこかでご一緒できればと思っておりましたが、最高の形でお会いできとても嬉しかったです。
気さくで物腰柔らかで、かつウィットに富んでおり知性を感じさせる非常に素敵な方でした。

しかもブログ上で事前にフリから入り、しっかり一ネタ仕込んできていました。


「買いに行かされる前に買ってくる」精神でmorizoさんに年貢を納めておりました(笑)


経緯は「泥沼装備日記」の一連のゆるげ2準備記事をご覧になられれば分かります。
コメントで少し書いただけなのに、私にはしっかり「クリームパン」の差し入れを用意してくださっていました(笑)


帰りの大渋滞中に美味しくいただきました。ありがとうございました!


次に嬉しかった事は、ユーマンさんとUCPグリーンベレーでがっつり被ったことです。


いつもはMARSOCと初期アフで中々装備の接点が無く写真もご一緒したことが無かったので、色々お話しできて大変嬉しかったです。
午後もお互い「いつもの装備」に変身したところで1枚撮らせていただきました。


現用グリーンベレー装備の「Unstoppable desire!」のマーキーさんとも初めてしっかり絡ませていただきました。


この日ぽん太さんからマルチAVSを譲り受け、超絶パワーアップしていました。


私の守備範囲からは大きく外れる年代ですが、AVSを纏った彼の姿を見て憧れを感じました。
がっちりとした体格に好青年マスク、そしてゲーム中も休憩中もクレバーで優しく真摯な対応で、若くして中身までグリーンベレーを再現している逸材だと思いました。
私は埃臭いニッチな装備ばかり集めていますが、同じグリーンベレー装備としてこれからも仲良くしてください。


非常に装備の趣味が合うMUNAGEさんとも写真を撮らせていただきました。


今回はなんと初期アフODA with 馬装備で出陣されていました。


SF BALCSでしか操る事のできない乗馬テクニックでフィールドを闊歩していました。


だまし絵ホースソルジャー。


初期アフ最難関のアイテム「馬」を見事にネタとして昇華されており、一本取られた思いです(笑)素晴らしい!

一度実物を見てみたいと思っていたSPEARのUM21もお持ちで、じっくり観察させていただき大変参考になりました!
今回も楽しい旧装備トークをありがとうございました。
ライト付きM9用6004が欲しくなったら連絡します!
東北でも初期アフですかね?またよろしくお願いします。


今回初めてお会いした方で「杉並アタックNo.1」のバシさんとも写真をご一緒させていただきました。


私のチンケな付けヒゲが霞んで見える程立派なリアルヒゲをたくわえられており、非常にキマッていました。
ミリブロは始めたばかりだそうで、まだ記事はひとつですが、とても楽しく興味深く拝読させていただきました。
これからもよろしくお願いします!


そしてギアフェス東北主催者の「オモチャの兵隊」のTJ1さんとも初めてお話させていただきました。


以前私のブログにICOMポーチについてコメントをいただけて感謝しきりでしたので、まさか一足先に千葉でお会いできて大変嬉しかったです。
ギアフェス東北もこれから準備大変だと思いますが、頑張ってください!超楽しみにしています!


ユーマンさんの他にも、MMR-Zの方々とちゃっかり記念撮影をさせていただきました。

リコさん


「やっぱ迷彩服って大事なんだな」と大変勉強させていただきました(笑)
2度も撃ってしまってすみませんでした。
仕切りお疲れ様でした。大変楽しい時間をありがとうございました!

CHIHIROCKさん


午前中のカウンター戦では軽装CIA装備で敵チームのリスポン地点まで浸透してきており、度胆を抜かれました。
CIA装備は恰好だけでなく、戦いぶりまでスパイそのものでした。
不敵な笑いを森に響かせながら颯爽と走り去っていく背中を見て、「敵ながらあっぱれ!」と笑いが止まりませんでした。

マカロさん


前回の初期アフ装備といい、本当にバランスが良くて正統派のカッコよさを感じます。
そして前回同様、小物のセンスの良さに感嘆しました。



全快娘さん


いつもブログ読ませていただいていますが、引き出しが多すぎで全く予想できず「今回はどんな装備なんだろう?」と毎回ワクワクさせていただいています。
今回もマルチMARSOCとはシブい!
上下違う迷彩コーデが個人的に大好物なので、とてつもないヴァイブスを感じました。


morizoさん


いつも楽しいイベントを仕掛けてくださり、大いに盛り上げてくださって毎回とても楽しませてもらっています。
私のような、昨日今日知り合ったどこのどいつか分からないような人間にも親しくしていただけて、恐悦至極です。

今回は一人参加だったこともあり、今まで以上に色々な方と色々な話をさせていただきました。
そして改めてとても強く思ったことがあります。
「装備系イベント」というと深い専門知識を求められたり、ネット掲示板で見るような「揚げ足取り合戦」のような殺伐としたイメージをお持ちの方も少なからずいらっしゃると思います。
かくいう私も最初はそういう世界だと思っていましたし、実際にそういう雰囲気のコミュニティは存在するのかもしれません。
ただひとつ言えることは、「ギアフェス」や今回の「ゆるげ」にはそのような雰囲気は一切ありません。
やれ「この考察はおかしい」だとか、やれ「実際に使用例が無いからNG」なんて言葉はもちろん、参加者同士でそのような気持ちを持った方は誰ひとりとしていないと思います。
あるのは各人の装備に対する「愛」と、お互いの拘りを讃え合う「尊敬の念」のみです。
全員が全員、純粋な「装備愛」が滲み出ているからこそ、お互いを尊重し合えるのだと思います。
趣味の世界におけるひとつの「理想郷」と言っても過言ではない程、毎回素敵な雰囲気だと思います。

装備についてこれが正しいあれは正しくないなんていうのは、自分の装備で自己満足に留め、人に擦り付けるものでは断じてないと、この雰囲気を一度でも味わえば誰もがそう思えると思いました。
心の底から楽しむために必要なものは深い知識でもレアなアイテムでもなく、「装備が好きという心」のみに尽きると、今回で確信しました。

長くなってしまいましたので、私の装備詳細は次回まとめたいと思います。
お読みいただきありがとうございました。  


2018年05月01日 Posted by 4039  at 23:17Comments(4)サバイバルゲームギアログ・ギアフェス