IRリフレクターモドキ初期アフ風 安全ピンを添えて



いよいよ間近に迫ってきたギアフェス東北ですが、大物小物含め準備を進めています。
今回はそんな中、実質2円で作ったDIYレプリカについて書きたいと思います。
また、ホースソルジャー装備でもありますので、先週7日間連続で開催した「ホース・ソルジャー祭り in 4039JETTINGS」の後夜祭的な内容でもあります。

以前の記事で少し書きましたが、ODA342金属探知機おじさんと、前回の記事のトップに使った下のホースソルジャーおじさん×2に共通点があります。







肩部に安全ピンで四角い布のような物を留めています。
おそらく赤外線を反射する素材で、暗視装置を通してみると光が反射して見える「IRリフレクター」だと思われます。
「IRパッチ」というと、下写真のような物が現在一般的だと思います。

ACUやヘルメットによく付いている真四角パッチ


アメリカンフラッグ型


ハニカム模様がハイテク感でステキですね。

それに比べて「切れっぱしを安全ピンで留めときゃいいんだ」というこの初期アフ御仁たちの漢気!野暮ったさ2000%!
「現場感」の説明としてはこの上なく良い例だと思います。
これこそが「初期アフの美学」なんだと私は思っています(笑)
ベルクロ張りにするなんてもってのほかですね!(やっている人もいたと思いますが(笑))

というわけでそんな「漢気一本!」なIRリフレクターを再現してみようと思いました。
「IRパッチ」や「IRリフレクター」等でネット検索すると、ベルクロ張りの軟弱なパッチしか見つかりません。
下写真のような質素な実物放出もありそれでも良かったのですが、ミリフォトを見る限り大きさもまちまちで、おそらく大判のリフレクター素材をハサミで四角く切っている?のだと想像しました。


とはいえそんな元素材も見つからず、いきなり行き詰まってしまいました。
そんな時の強い味方が「100均」様です。
良く分からない物には余計なお金は使わず、100均で代替してしまうというのが私の流儀です(貧乏なだけです)。
というわけで、早速100均で下の2アイテムを調達しました。


タイヤ保管用のカバーと幅広のビニールテープ(黒)です。
カバーの材質は、安い自転車カバーや安いレインコート等と同じような、グレーのシボシボのビニール素材です。


必要な工具はハサミだけです。
もう説明するまでも無いと思いますが、カバーの裏面にビニールテープを貼り、正方形に切り出すだけです。


ものの30秒で出来上がりました。


この「ピラピラ感」がイイ感じです(笑)
大きさも自由自在で、216円で100個以上は造れ、しかも1個当たり30秒で完成するという脅威のコスパです。

ミリフォトを見る限り「グレーでマットな質感なのかな?」と思いましたが、「IRリフレクター」で色々ネットで画像を見てみるとブラックの半ツヤのような物も多くあります。
どちらが正解か現時点で分かりかねたので、リバーシブルとしました。

表:タイヤカバーのグレー&マット調


裏:ビニールテープのブラック&半ツヤ調



e-bayでお買い物をした際、とあるポーチの中に入っていた謎のアメリカ安全ピンでDCUに留めてみました。



材料費2円にしては中々の出来で満足です(笑)
東北でもワンポイントとして付けていこうかなと思っています。


たとえみすぼらしくても「ゼロから自分で作る」という作業はとても楽しく、出来上がったアイテムには高額なレアアイテムとはまた違った特別な愛着が芽生えます。
100均等を活用した貧乏DIY記事はたまに書いているのですが、「自作ナイフシース」の記事が何故か私の全記事のトップ5に入るほどアクセスが多い記事になっています(笑)


合皮のメモ張カバーを切った貼った縫ったして造った涙ぐましい力作ですので、もしお時間あれば合わせて読んでいただければ幸いです。




お読みいただきありがとうございました。  


2018年05月16日 Posted by 4039  at 22:23Comments(0)初期アフガン小技紹介自作,DIY100均

初期アフ ダンプポーチ問題



ノーマルマガジン派にとって、サバイバルゲームで地味に頭を悩ませるのが「空マガジンの処理」だと思います。
「ダンプポーチ」を腰部等に着用し、そこに放り込んだり、遊びの大きいマガジンポーチに差し戻したりして対処するのが一般的だと思います。
しっかり考えて装備を組まないとマガジンチェンジ時にモタモタしてしまい、大事な局面を逃したり、何より格好悪いですよね(笑)

現用装備では本職の方も着用している例が多いので、そのまま再現するだけで装備力UPしつつ解決でき、一石二鳥ですね。


個人的にはCSMのダンプポーチがサイズ、形状共に最も使いやすいと思っています(形は全く好みではありませんが(苦笑))


しかし、私が現在ハマっている初期アフガン装備においては、ミリフォト等で所謂「ダンプポーチ」を運用している写真を確認したことがありません。
マガジンを放棄せずかつ素早く交換しなければならない場面がほぼ無かったのか?もしくは「空マガジンを放棄しない」という概念が当時は無かったのか?(現在もどういう規定?規則?があるのかは勉強不足で不明ですが。)といったあたりが理由でしょうか。

私はサバイバルゲームではノーマルマガジンを使用しています。
使用している銃の装弾数は次世代M4 82発、AK 150発(RS 56式マガジン)ですので、大抵のゲームではマガジンチェンジが起こります。
なので「空マガジン入れ」は必須になります。

これまでELCSのSAWポーチや3MAGポーチ、DCUの足ポケット等に空マガジンを入れてきましたが、蓋をしっかり締めないと走った時にこぼれてしまったり、容量が少なかったりと、イマイチしっくりきていませんでした。



そんな折、MOLLEⅡの「サステインメントポーチ」なるものを発見しました。


MOLLEⅡであれば年代的には初期アフガンOKの認識です。
本来の用途はリュックサックの拡張用のポーチのようです。
大きさはCSMのダンプポーチを一回り小さくした感じで、背面にはMOLLEウェビングのループが付いており、ベルト等にも通せます。


デューティーベルトに装着すると写真のような感じになります。

蓋は邪魔なので、ポーチの裏側にめくり返しています。

去年末のゲームで早速下写真のようにチェストリグに付けて使用してみましたが、装備スタイリングを崩すことなく、中々上々な使い心地でした。


しかし、一点問題として、ゲーム中は常に上写真のようにマガジンを放りやすいように「ぽっかり」口が空いていてくれているとは限らず、下写真のように潰れてしまっていることがありました。


この状態では手元を見ずに放り込むのは難しく、モタモタしてしまい3,4秒程度ロスしてしまう事が何度か起こってしまいました。
そこで今回、この問題の改善に取り組みました。

困った時の100均です。
新年早々、仕事帰りに100均を徘徊し下記を入手しました。


狭い所に物が落ちてしまった時等に救出に使う「ピックアップツール」なるものです。
先端に磁石が付いており、本体は金属をバネのように巻いたもので力を加えると「グネグネ」曲がりますが、離すと真っ直ぐに戻ります。


帰宅し、袋から出すや否や柄をぶっこ抜きました。


そしてこれをポーチの淵の内側にダクトテープで貼り付けます。


完成です。


ポーチの口に力を加えると「グネッ」と変形しますが、力が解けるとまたこの形に戻ってくれます。
これでゲーム中も常に口を開いた形状でポーチを保持することができそうです。
実戦投入が楽しみです。
ナイフシースの時もそうでしたが、「ダンプポーチの淵を広げるため」に使われるとはこのピックアップツール君も夢にも思わなかったでしょう(笑)

ゲーム中のダンプポーチは「割り切って」CSM等を使用するのが最も手っ取り早いしスマートとは思いますが、それは私の中の「自分ルール」と言いますか、つまらない自己満足プライドが邪魔をしてどうしてもできませんでした(笑)
古臭い装備なぞをして、ノーマルマガジンに拘っているからこんな余計な苦労をするわけですが、逆にこのように試行錯誤して、上手くいって喜んだり、失敗して更に改良に向け知恵を絞るのが楽しいし「やっぱり面白い趣味だな」と思います。
私の初期アフガン装備はまだマシですが、ベトナム戦争やWW2のような更に古い装備をされている方は、こんなものではない苦労を色々されていると思います。
同情と尊敬の念と共に、工夫の余白が多いところを羨ましくも思います。

お読みいただきありがとうございました。  


2018年01月14日 Posted by 4039  at 23:18Comments(2)初期アフガン小技紹介自作,DIY100均

使用アイウェア&小技紹介



先日、初期アフガン装備用にOAKLEYの「STRAIGHT JACKET」を入手しました。
1999モデルと言われているもので、その名の通り1999年発売のモデルのようです。




ネットオークションで購入しましたが、古い製品にも係わらず新品同様のコンディションで感動しました。

ちなみにSTRAIGHT JACKETは現状3型存在するようで、それぞれ1996,1999,2007モデルと呼ばれているようです。


蝶番の形状で見分けるのが容易のようです。


実際の使用例は見つかりませんでしたが、1999モデルであれば初期アフガン装備でも「オーパーツ(設定年代に対して、まだ存在していないアイテム)」にはなりませんね。

私は実際の兵隊の格好をモチーフにしてサバゲーをしますが、アイウェアは「実際に使用していた」という縛りは特に妥協気味で、性能やフィッティング重視としています。
サバゲではあまり推奨されないシューティンググラス着用もなるべく避けるようにし、極力ゴーグルタイプを使用しています。
アイウェアはゲームにおいて最も重要な防具の1つであり、「格好だけ」で選んで隙間だらけだったり、すぐにズレ落ちてしまったり、挙句BB弾で割れてしまうようなものを装着していては愚の骨頂ですよね。
自分のみならず、一緒に遊ぶ方々へも多大な迷惑がかかってしまいますしね。
私もまさにそうですが、所謂「装備ゲーマー」は無駄に重く不便な装備を身に着けて、とかく戦力的には味方に負担をかけがちですので、せめて安全対策だけは十分にしたいところですよね。

それでもやはり装備と親和性のあるアイウェアにしたく、色々試した結果、現在使用しているものをご紹介します。

一番のお気に入りはbolleの「X800(T800)」です。



広い視界&ベンチレーションに振った構造により、曇り止めを併用すれば曇ることは皆無で非常に使いやすいです。
古くから米軍各部隊でも使われているようなので、各種装備との相性も高いです。
実物新品を格安で手に入れもう長く使っていますが、トラブルはゼロです。

2番目はこれまたbolleの「AXIS2」です。



非常に安価にも係わらず、ノーズ部とテンプル部が調整できるので高いフィット感が得られます。


ジャストな位置調整に加えテンプルには滑り止めが効いているので、走っても頭を振り回してもズレることはなく、視界も広いです。
調整部の耐久性がイマイチですが、安価なので消耗品と割り切って使っています。
ただ、比較的最近の製品なうえ、米軍使用実績は不明なので「装備のリアルさ」では一歩譲る形となります。

3番目はESSの「プロファイルNVG ターボファン アジアンフィット」です。



1流メーカー品で堅牢な作り、ファン付き、アジア人向けバージョンと、スペック上は申し分ありません。
米軍での使用例も多く見かけます。

しかし実際に使ってみると、上記に挙げた他のアイウェアに対して、奥まった視界、汗を含んだスポンジ部の不快感、配線強度が弱く接触不良によるファン作動信頼性の低さ等で私の使用率はあまり高くありません。
完全無欠な防備としたい場合や、ファンをガンガンに回さないとどうにもならない高温多湿の状況でもない限り、基本出番は無いです。
非常に高価なので、サバゲ使用においての費用対効果で言うと個人的にはあまりオススメできません。

4番目はOAKLEYの「M FRAME2.0」です。



1枚レンズでの広い視界、軽快な付け心地は素晴らしいです。
またレンズも取り外しが容易でメンテナンス性は抜群です。
しかし、先祖代々の「平たい顔民族」の血をしっかと受け継いだ私の顔面とは相性が悪いようで、激しく動いた際に隙間やズレが気になる事があります。

M FRAME2.0は軍、警察向けのSI(Standard Issue)シリーズにラインアップされ、2006年デビューのようです。
なので、2006年以降の米軍再現装備で撮影する時等はこのグラスを着用する事が多いです。

ちなみに曇り止めは私は「アンチフォグα」一択です。


ほんの少し視界が白く濁ったようになりますが、曇り止め効果は抜群です。
私はこれが無いとサバゲできないと言っても過言では有りません。
本当に優秀な製品だと思います。
効果を実感するコツは「惜しまず気持ち厚めに塗ること」です。


STRAIGHT JACKETに話を戻しますが、ここ数年コツコツ集めていた初期アフガン装備もそれなりに揃ってきたので、そろそろアイウェアにも拘ろうと思って今回調達した次第です。
しかし、M FRAME以上に絶望的に私の顔面に合いませんでした。。
特に鼻の高さが致命的で、鼻当て部分が鼻に乗るように着けると、眼球とレンズがぶつかる始末です(笑)

これでは使い物になりませんので、鼻に乗る部分を「かさ増し」することにしました。
このモデルは着脱式のノーズパット等は無く、純正品で対応することはできません。
そこでネットで調べてみると、このようなメガネの鼻当ての「かさ増し」が出来る商品はいくつも販売されていました。

基本的にはどれも「シリコン等の軟質部材が丁度良い大きさに成形されていて、1面に粘着剤がついている」というものでした。
価格はピンキリですが、安くても1000円弱で、どの製品もレビューを見ると「1日で剥がれた」等の内容が散見されます。
このような眉唾な賛否両論の製品に野口さんに出動してもらうのも申し訳無いので、いつものように100均でアイデアを練りました。

100均ショップをウロウロして見つけたのがこちらです。


3mm厚程度の発泡ウレタンシートの片面に粘着剤が付いたものです。
本当はブラックがあれば文句なしだったのですが、ホワイトか写真の「優しめのスカイブルー」色しかバリエーションがありませんでした。
少し悩んだ末「優しめのスカイブルー」色を我が家にお迎えしました。108円なので贅沢は言えませんね。
丁度我が家にはまだネコ以下のIQを持つヒトがおりますので、家具等への衝突緩和にも使えて一石二鳥です。

これを適当な大きさに鋏で切り取り、鼻当ての部分に貼り付けます。



見事にジャストな付け心地に改善されました。
よく見るとみすぼらしい部品が鼻とグラスの間に挟まって見えることになりますが、まあそこまで目立ちませんし、実用性は格段にUPしました。
また、この用途としてはとてつもない内容量なので、使い捨て感覚でばんばん交換できますね。

ただ「優しめのスカイブルー」色は流石に浮くと思ったので、正面を黒シャーピーで塗りつぶしてみました。
気持ちマシになりましたが、鼻の当たる部分まで塗ってしまうと、鼻が黒くなります(笑)

鏡や自撮りで隙間が無いか確認したり、X JAPANのYOSHIKIばりにヘッドバンキングしてズレないか検証しましたが、特に問題なさそうです。
レンズも電動ガンで撃ち込んでみましたが問題無く、実戦で使えそうです。

ゆくゆくはこのグラスに使い慣れて、原価償却できたら(飽きたら)黒いホットボンドを盛り、格好良く恒久的な「かさ増し」にチャレンジしたいと思います。
(買ったばかりなのでまだその勇気は湧きません 笑)

お読みいただきありがとうございました。  
タグ :OAKLEYESSbolle


2017年11月23日 Posted by 4039  at 22:49Comments(0)初期アフガン小技紹介100均アイウェア