初期アフのくつ デザートブーツ編



ふと先日、「初期アフ」でGoogle先生に聞いてみたら、当ブログが一番上に出てきました。
「初期アフガン」でも同じでした。
嬉しく思う反面、こんなブログが一番上に来てしまう時点で全く流行ってないことがよくわかりますね(苦笑)

自分のブログのせいでそんな寂しい現実を思い知らされた結果になりましたが、めげずに今日も初期アフガンです。

初期アフ装備を揃えるにあたって、大きなハードルになるのが靴選びだと思います。
以前も少し記事にしました。
初期アフガン靴問題

上記の記事からいくつか靴を増やしたりしましたので、改めて「初期アフ靴」について考察を掘り下げていこうと思います。
靴のよく写っているミリフォトや、私が揃えた初期アフ装備に使える?靴を紹介していき、少しでも初期アフ布教活動のお役に立てればと思います。

ちなみに以下は初期アフの中でも、主にグリーンベレーについて言及しています。

基本のブーツはやはり官給デザートブーツだと思います。
一口にデザートブーツと言っても、メーカーや製造年によるディテールは細かく分かれているようで、実際に初期アフグリーンベレーで使用されていた仕様詳細は分かりません。
ただ一点気を付けたいのは、初期アフで履かれていたデザートブーツはパナマソール仕様だというのがもっぱらの常識になっていることです。

凸凹が大雑把な靴底がパナマソールですね。


これは結構パッと見で判別しやすいので、拘るのであればパナマソールは必須だと思います。
古いモノですが数は相当多いと思われ、サイズや状態を考えなければ、まだネットオークション等でもしょっちゅう見かけます。
(後述しますが、サイズ選びは要注意です)

ミリフォトの実用例を見てみます。


靴裏をしっかり見せてくれている有難いショットですね。




19th SFG ODA995のREGULO ZAPATA Jr.という方です。
この方が書いた本の表紙にもなっています。

ちなみにこの本は入手済ですが、まだまだ読み切れていません。

お次は有名なODA961の写真です。



こうしてパナマソールに着目して改めて写真を見てみると、薄黒い色のソールの物ばかりです。
ただ、靴と同色のパナマソールもちゃんと見つけましたので一安心です。



ソールの色はメーカーの差なのでしょうか?
いずれにせよ、パナマソールでさえあればまあ問題はなさそうですね。

私の所有しているデザートブーツもソールは黒っぽいものです。



サイズは8.5Wです。
私の足は、普通のスニーカー等はもっぱら26.5cmで問題ありません。
この靴も長さはピッタリでした。
が、ワイズが最も大きい「W」にも係わらず、絶望的な幅狭さです。。
半日も履いていたら確実に悲鳴を上げそうです。

私は人よりも扁平甲高な方ですが、それでも日本人でこの靴幅に合う方は皆無だと思います。
メーカーによっても違うのかもしれませんが、M以下のワイズを選ぶのは避けた方が無難だと思います。

履き心地の悪さからサバゲであまり履く気は起きず、自分にピッタリの個体の入手自体も容易ではありませんが、デザートブーツは初期アフ装備の基本アイテムです。
そこで調達しやすく、日本人の足に合ったレプリカをご紹介しておきます。


秋葉原のエチゴヤで確か5000円くらいでした。
2,3ヵ月前に訪問した時はまだ大量に売っていました。
しっかりパナマソールも再現されています。


見た目は並べるとディテールは違いますが、まず気にならないと思います。


左が実物です。
この写真で実物のワイズの異常さがお分かりいただけると思います。
これで最も大きいWです。
Nを履ける人類など本当にいるのかと思います(笑)

対してレプリカは日本の一般的な靴のサイズ選びでピッタリです。
店舗に行けば実際に試着させてもらえるので確実ですね。
靴としてはかなり安い価格ですが、軽量で丈夫、履き心地は悪くなく、サバゲ目的であれば何の不安もなく快適に使えます。
お金を掛けず、サバゲもしっかり楽しめる初期アフ装備をされたい方にはかなりおすすめなチョイスだと思います。

上述したように、初期アフデザートブーツ=パナマソールという認識ですが、ひとつ気になるミリフォトがありました。
何度か紹介していますが、2002年8月の3rd SFGとされている写真です。



左の隊員はデザートブーツに見えますが、ソールの土踏まずの部分が空いておらず、どう見てもパナマソールに見えません。
同じ隊員の写真です。






ソールが台形のような形をしていますし、ビブラムソールでもなさそうです。
本体の質感も官給品とはなんか違うように見えます。
パンツで全体像が見えず何とも言えませんが、ひょっとしたらデザートブーツみたいな見た目の民生品トレッキングシューズなのかもしれません。


ざっと書いていたらデザートブーツの話題だけで結構な分量になってしまったので、他の靴は次回に持ち越します。
次回はデザートブーツ以外の初期アフ靴を考察&私の「マイ初期アフ靴」をご紹介したいと思います。

お読みいただきありがとうございました。  


2018年06月17日 Posted by 4039  at 21:33Comments(2)初期アフガンミリフォト

逆BALCS伝説

前回「今週は初期アフお休み」と書きましたが、どうしても書きたい事を見つけてしまったので、短めですが今回もまた初期アフ記事です(笑)

皆様は下記2枚の写真の「ある不自然な点」にお気づきでしょうか?



おそらく同じ時に撮られた写真だと思われ、同じ隊員だと思いますが、縦PALSのBALCSを前後逆に着ていると思われる隊員がいます。



目を疑う光景ですが、過去ミリブロでも何人かの方が取り上げていたりしているので、「縦PALSが嫌で、背面の横PALSを活用するためにBALCSを前後逆に着ていたらしい」というのは「初期アフ都市伝説」として結構有名な話だと思います(笑)
私の知る限り、その伝説を証明しているのは上記2枚の写真だけでした。

非常に謎めいておりますが、今回この伝説に関して新たな発見がありましたので、ご報告しておきます。
次に考察を進めていこうと思っている、英BBCが
Correspondentという番組で2003年に放映した「Special Forces: Taleban Patrol」というドキュメンタリー番組をササッと流し見していた時のことです(NHKでいうところの「NHKスペシャル」的な番組?だと思います)。


見た瞬間は「初期アフODAのWL横BALCS使用例見っけ!」と喜んでいましたが、何か違和感を感じます。
暑い為か、サイドのバックルとベルクロを解いてお腹周りの前後を分離しているのもそうですが、パネルの形自体変な感じがします。
そこでこの方が映っている他のシーンを注意深く観察してみると、決定的ともいえる瞬間が納められていました。


肩パット部に注目です。
タブが付いている開く側が前に来るのが正のはずが、それが背中側にあります。


また、背中のPALSも縦3列であるのがわかります。

RANGER BALCSフロントの使用例ではなかったことは残念でしたが、「逆BALCS都市伝説」について新たな資料を入手できたことは思わぬ収穫でした。
そして同日と思われるこの後のシーンでは何故かちゃんと着ています。


気分だったのか?ふざけていたのか?寝ぼけて間違えただけだったのか?謎は深まるばかりです。
しかし事実として、ODA隊員はBALCSを後ろ前逆に着ていた事があったという伝説は私の中で確信に変わりました。

装備を後ろ前逆に、しかも前線で大真面目に着用するなんて、「初期アフODAは本当に必要な装備が不足していたんだな」というのを物語るエピソードですよね。

試しに家にあるBALCSを逆にして着てみましたが、喉元のクリアランスがほぼ無く、座ったりしてBALCSが少しでもずり上がると喉元に当たって非常に不快でした。
ただ、その他の部分に関しては思ったより不具合は無い感じです。
初夏の晴れ舞台はこの着こなしで行くか??現在真剣に思案中です(笑)

本格的な考察に入る前から、この番組は非常に見応えがありそうだとワクワクさせてくれますね。
諸々進捗がありましたら、また記事にしていこうと思います。


おまけにBALCS着こなし繋がりで気づいた点をもうひとつ。
BALCSは肩パット部をダクトテープでぐるぐる巻きにしているところをよく見かけます。




この部分はベルクロで三重に重なってフロントとバックを接続していますが、ベルクロが良く外れやすかったそうです。
実際に外れている写真を見つけましたので載せておきます。


同じ隊員です。


M4を構えた際にストックでめくってしまったようですね。
それにしても凝った塗装を施しています。真似するのは非常に勇気がいりますね(笑)

お読みいただきありがとうございました。  


2018年04月25日 Posted by 4039  at 23:33Comments(0)SPEAR BALCS初期アフガンミリフォト

UCPのODA



今週は初期アフガンをお休みして、「ユルゲ2準備ウィーク」としています。
どの装備で行こうか考えている時が一番ワクワクしますよね。
ある程度装備の方向性が定まりましたので、経緯を記録しておこうと思います。

今回私の装備選択の取っ掛かりとしては
・初期アフ以外
・M4以外も似合う装備
の2点です。

来月「ホース・ソルジャー」が公開されたら、それこそ初期アフ以外やる機会がしばらく無くなると思ったので、滑り込みで違う装備をやっておこうと思った次第です。
また、前回のユルゲではM4系列が9割以上で、今回もM4大多数が予想されますので、M4以外の銃で変化を添えられればと思いました。

そして私はグリーンベレー関連装備しか持っていませんので、上記を満たすようなグリーンベレー装備を考えます。
グリーンベレー装備の中でも、初期アフに次いで私の大好物は「UCPのODA」です。







年代で言うと2006~2010年前後といったところでしょうか。
このあたりのミリフォトはラフというか「現場感」がプンプンするものが多く、たまりません。

そんな写真の中で、表紙にもしましたがグリーンベレーがM4以外を携えている数少ない一枚です。


「クマさんみたいな人」というと全員が該当する程、イカツイ人揃いのODAですね(笑)
そんなクマさん達の中、右上に鎮座するクマさんに注目です。


AMD-65を携えています。
AKMではなくAMD-65というところが「変化球」としてバッチリですね。
しかもオプション無し革スリングの漢仕様!渋過ぎですね!
アフガニスタン警察から譲ってもらったのでしょうか?


私の中ではアフガン警察=AMD-65のイメージがあります。

もう一枚AMD-65の写真があります。


一番右で不敵な笑みを浮かべ仁王立ちしているおやじさんがAMD-65を携えています。


ただ、顔が現地人っぽいですし立ち位置も端っこなので、もしかしたら現地の方がODAと一緒に行動する際に目立たないよう米軍装備を着ていただけかもしれません。

これらの写真は以前から知っていましたので、AMD-65は数年前にLCT製を調達済みです。


しかも「チークライザー」を特注で作成+アウターバレルをリアル長に加工という非常にニッチなカスタム済みです。
千葉県中央区の「GUN'z GLOVA」さんでカスタムしてもらいました。
チークライザーは日本で手に入れるのは絶望的だと思っていましたので、こんな夢を叶えてくれるGUN'z GLOVAさんはまさに神様のような存在でした。
AK、ロシア装備好きには天国のようなお店だと思います。

以前記事にしていますので、詳細を知りたい方は下記をご覧いただければと思います。
過去記事:LCT AMD-65 チークライザー装着

中身もマルイのハイサイモーターを入れたりと手は加えていたのですが、如何せん初期アフ装備で使う機会が無く、永らく自宅待機組でした。
我が家のAKですと、リアルソード 56式小銃が不動のトップエースに君臨している事も、このAMD君をベンチに縛り付ける大きな要因となっていました。


UCPのODAでは56式は少し不自然ですので、遂にAMD君が日の目を見るときが来ました。

メインウエポンが無事に決まりましたので、あとは装備BOXからカーキのナイロンを漁って装備を組み立てます。
現状、とりあえずこんな感じです。


2006~8年くらいの、UCP装備でも「ちょい古め」を演出したかったのですが、改めて調べてみるとこの頃は圧倒的にCIRAS MARが多いんですね。



私も以前CIRASのLANDは持っていましたが、手放してしまいました。



こうして改めて色々ミリフォトを眺めていると、じわじわCIRAS MAR欲しい病が再発してきました。
CIRAS MARはやはりODA装備好きからしたら一度は通っておきたいですよね。
胸元のグリーンのベルクロにお気に入りのパッチを貼りたいです!


もう時代遅れだし安くなったかな?と思い相場を調べてみましたが、まだまだ高いですね!恐ろしやCIRAS。。

ODA自体はそこそこ人気のジャンルだと思いますが、UCPのODA装備をしている方は大分見なくなってきた印象があります。
昨年末のギアフェスでも、UCPのODAは私の記憶の限りではお見かけしませんでした。
ウッドランド+カーキはもう何年も前にMARSOCにお株を奪われてしまいましたし、UCPはどちらかと言えばRANGERや陸一般の方がイメージが強くあり、マルチカムは皆のものと、ODAはなんだかパッとしない存在になりつつありますね(汗)
「玄人好み」という響きは嫌いではありませんが、少数派過ぎるのも寂しいものがあります。
「やっぱUCPも捨てたもんじゃないな」と一人でも思ってくださるよう、ここからユルゲ準備頑張ろうと思います。

お読みいただきありがとうございました。  


2018年04月23日 Posted by 4039  at 22:40Comments(0)MBAVODAミリフォト