次世代M4 実物マガジン外装加工 PART1



今回は次世代M4のマガジン加工の話を書きます。

次世代M4のマガジンの中身を実物マガジン(アルミマガジン)の外装に入れることで、外観をリアルにすることができます。
次世代の純正マガジンを塗装したり、純正の塗装を剥がして使用感を演出している方法もありますが、
それらとは比にならないほど雰囲気が増すので、非常にオススメのカスタムです。


お店でこのカスタムをしたマガジンが大阪や秋葉原の有名ショップで7、8000円で売っているのを見かけますが、
この価格でノーマルマガジンで必要な本数揃えるのは厳しいですよね。
しかもそれらショップは、店舗やネットの画像を見る限り、かなり状態の悪いやつれた実物外装を使っています。。

正直、もんのすごく足元見てきてるなあと思ってしまったので、DIYでトライしノウハウを確立しました。
その加工内容をご紹介したいと思います。

特殊な工具は使わないので、初期投資はゼロ~1000円程度で済みます。
実物マガジンはメーカーを選ばなければ、未使用品でも1500円程度で購入できます。
ショップがカスタムで使っているレベルの状態の悪い個体であれば、探せば1000円以下で手に入れられます。

つまり1本あたり1500円もあれば、手持ちの次世代マガジンが実物マガジン外装にカスタムできるという訳です。

必要なモノは下記になります。
・次世代M4ノーマルマガジン(インナーのみでOK)
・実物マガジン(アルミ製STANAGマガジン。HK社等のスチール製は加工難です)

これらが無いと話になりませんね。

・鉄工やすり
・ペンチ


実物マガジンを加工する工具です。
上記以外でも、アルミが削れればどんな工具でも大丈夫です。
ちなみに私は「ネジザウルス」というペンチを使っています。
ネジ穴を舐めたネジを強引に回すための工具で、いざという時の救世主です。
グリップ力の強いペンチとしても使えます。

・カッターナイフorデザインナイフ
次世代マガジンのインナーを加工するためにあると楽です。
プラスチック(多分ABS)が削れれば何でも大丈夫です。

・六角レンチ
次世代M4マガジン分解に必要です。

次に加工手順を記載していきます。
要は実物マガジンのガワを次世代インナーが入るように削り込めばOKなわけです。
なので下記の手順が絶対ではなく、参考程度に見ていただければと思います。
私は今まで10本弱加工してきたので、それなりにノウハウといえる部分があるとは思います。

1.次世代マガジン分解
底部の六角ねじを外します。


上からプラスチック製のインナーを引き出します。


以上で完了です。朝飯前です。寝起きでも楽勝ですね。


2.実物マガジン分解
内臓(中身のプレートとバネ)を取り出すために、リップを破壊します。

ラジオペンチで淵を掴み、グリグリ捻ると意外にも簡単に破壊できます。


プレートと干渉する部分を除去すれば内臓が取り出せます。



本来の分解方法は、底部のプレートをずらして内臓を引き出します。


しかしマガジンの状態のよっては、爪が錆びて固着していたり、脆くなっています。
無理をすると爪が折れてしまったり、プレートが元に戻せなくなります。
爪は1、2本折れても実用上は問題ないですが、気分は結構な勢いで落ち込みます。
プレートをダメにした場合は、次世代のプレートが流用可能ですので代用しましょう。
爪とプレートの状態が悪いマガジンの場合は破損のリスクを避けるため、上部を破壊して分解する方が無難です。

3.実物マガジン加工
次世代マガジンのガワと見比べながら、同じ形になるように実物マガジンを切った削ったしていきます。
大まかには、
・上部のリップ部を除去し、次世代ガワと合わせる。
・背面をインナーが入るように大きく削り込む
・次世代のインナーが入りやすいようにリブ内側を削る

まず上部です。
次世代マガジンのガワと実物マガジンを重ね、実物のリップ部を次世代に合わせて除去します。
重ねた状態でマジックでなぞる等で目星を付けます。


気持ち余白を残すようにして(次世代より長くなるように)切り、その後やすりで微調するとうまくいきます。


かなりラフにやっても機能上は問題ないです。
それでも今までマガジンが装着できなかったり、給弾不良になったことはありません。

マガジン挿入時は外観部にならないので、細かいことは気にしないようにしましょう。
仕上げの美観に拘れば拘るほど、ドツボにはまり難易度は上昇します。
装着してない状態ではどうせポーチに入っていますしね。
拘り過ぎないことが素人工作を成功させる秘訣だと私は信じています(笑)

次に背面です。
次世代マガジンはボルトストップ機構のために、実物に対して背面が深く削りこまれています。
左が実物、右が次世代です。


ここも次世代と見比べながらラジオペンチで千切ったりやすりで削りこみます。
少し削り過ぎましたが、何ら問題あはありません。



次に内部を小加工します。
マガジンにはリブがありますが、表面からみて凹んでいる部分の裏側の一番上部が出っ張っています。
写真の赤丸の部分です。


ここがインナーを入れる時に大きく干渉するので、やすりで削り込みます。
削りすぎると穴が空いてしまうので注意が必要です。
まあ穴が空いても、マガジン装着時は見えない部分なので気にしなければ問題なしです。
この加工をしておくと、インナーがかなり入れやすくなるので大切です。

これでひとまず実物ガワの加工は完了です。


長くなってしまいましたので、続きは次回に持ち越します。
お読みいただきありがとうございました。  


2017年07月08日 Posted by 4039  at 02:04Comments(0)次世代M4小技紹介自作,DIY

ヴァルハラ 参加装備記録



先日のヴァルハラ定例会に参加した装備をまとめておこうと思います。

今回も初期アフガン装備になります。




・DCU上下
・イーグル V1ベスト
・BLACKHAWKオメガホルスター
・レッグポーチ(ELCSカスタム)
・出所不明キャップ
・PRC148ダミー
・RACALアーバンヘッドセット
・シュマグ(コーヒー染め済み)
・レプリカデザートブーツ
・次世代M4
・マルイM92F(エアコッキング)

いくつか詳細を紹介します。
イーグルのV1ベストです。
購入時はキレイな黒色でしたが、手にするや否やスプレーでペイントしてしまいました(笑)
BEFORE


AFTER



ベースがメッシュでサイズ調整がパラコードのいわゆる初期型?と言われるものです。
イーグルのロゴがありますが、私には知識不足で年代特定ができません。


古いものだと信じるのみです(笑)

右半分がユーティリティーポーチの「NUタイプ」です(NUの略は分かりません)。
初期アフガンではODA961の隊員が着用していたモデルですね。



ヤフオクで状態のいい実物で1万円行かずに買えました。
普通は2万は超える代物なので、何かアラがあるのか?単に運が良かっただけなのか?
分かりませんが、自分としては非常に満足しているのでOKです。

マガジンポーチは2本入り×3つで、1つをラジオポーチ代わりにしているのでマガジンは4本携行になります。
1ゲームの携行弾数的にはほぼ困ることはないですが、エラスティックバンドでテンションが掛かっているので、ゲーム中に空マガジンの差し戻しができません。
そこで20年前にアメ横で買ったLC-2 M16ポーチをベルトに装備して空マガジン入れとしています。
まあ使えますが、最新のダンプポーチに比べると使い勝手はかなり悪いので要改良ポイントです。

次に、新投入したレッグポーチを紹介します。


元ネタは下写真です。


ゲームキャラのモデルになるほど有名な方ですね。
この方の左足のポーチに注目しました。

「ELCSキット」に含まれるM4トリプルマガジンポーチと判断しました。


どうやって足に固定しているか想像しながら、私は裏面のMOLLEを利用してバンドを通しました。
元に戻せるよう、ポーチは縫ったり切ったり貼ったりは一切していません。


官給品の「ラッシングストラップ」2本と、家に転がっていた1インチ幅の黒ナイロンテープ&バックルを使いました。
各ベルトをMOLLEに交差させながら通し、適正な長さで切り、ライターで炙って端部処理して出来上がりです。
使い心地は悪くないですが、ベルトに伸縮性が無いのでフィット感が足りません。改良アイデア模索中です。
見た目には中々の再現度が実現できたので満足しています。

他の装備は前回の「TENKOO」定例会参加時と基本同じアイテムになります。
銃も次世代M4で、今回はCOMPサイトを投入しました。


このゲームの後、運よく破格でQRPマウントレプリカが手に入ったので、次回はペイントも施し、より初期アフガン仕様感を高めようと目論んでいます。

この日は真夏のように気温が高かったですが、プレートキャリアと違い風通しの良いベストだったので、
ジャケットを脱いでTシャツになれば風を感じられ快適でした。




一緒に行った友人Bucket Head氏は最新ODA装備でした。




CRYE社製の実物JPC2.0を新調しておりました。



JPC2.0はフルロード状態でも非常に軽量で動きを邪魔せず、暑い時期にはぴったりだと思いました。
私は最近オールド装備ばかりなので、最新装備の高機能さにいつも以上に新鮮に驚きました。
WW2のコットン全盛の装備をしている方からしたら、2000年代以降の軽量ナイロン装備は反則並みの快適さに感じるかもしれませんね(笑)

ガンアクセサリーもレプリカですが完成度の高いWMX200を新調していました。


パッと見では最新ODAとして十分な完成度ですが、本人曰く「ポーチ類とヘルメットがまだ不満足」とのことでした。

また、今回ATV-TEKのダストマスクの仕様違いを新投入していました。
機能はそのままに、バンダナ風の外観となっております。


ATV-TEKのマスクと言えば下写真のモノが有名ですが、SEALs使用のイメージが強いので、ODA装備だと少し違う感じがしてしまいます。


バンダナ柄マスクは使い勝手は変わらずイメージがガラッと変わるので、とても良いと思いました。
私も是非1つ欲しいところです。

Bucket head氏の装備詳細は後日自身のブログ「Sparkle Junk World」で記事になると思います。
希少なアイテムや細部まで拘った装備を追及しているブログなので、装備好きの方は特に楽しめると思います。


もう一人の友人は前回のTENKOO参加時と同じセットアップです。


もう2年同じ装備ですが、物持ちが良い性分&装備に関しては浮気せず決まったアイテムを使い続ける主義なので、壊れたり破れたりするまでこの装備のままだと思います。
レプリカ中心といえど縫製はしっかりしていて頑丈な良質なモノを選んでいるので、あと数年は変わり映えしないかも知れません。
本人は現状で何も不自由していないようですが、むしろ周りの人間が見飽きてしまっています(笑)
ただ銃に関してはハンドガン、ライフル共に新調を考えているそうです。


これからしばらくは暑い時期が続きますので、重装備派には辛いものがありますが、熱中症対策をしつつなるべく快適な装備を考えていこうと思います。
お読みいただきありがとうございました。  


2017年07月01日 Posted by 4039  at 01:09Comments(0)サバイバルゲーム初期アフガンODA