初期アフガンフリース比較



今回も初期アフガンネタです。
すっかり記事が初期アフガンに偏ってきてしまいましたが、気にせず初期アフガンまっしぐらです(笑)

気がついたら似たようなフリースが我が家に3つもありましたので、一度まとめておこうと思いました。
初期アフガン戦に投入されたと思われるモデルのフリース達です。


右:実物ECWCS GEN2 LEVEL3のフリース。初期アフガン界隈では「後期型」とも呼ばれたりしていますね。
中央:実物LEPのフリース。「スピアーフリース」や「初期型」等で呼ばれます。
左:トイソルジャー製レプリカのフリース。中央のモデルのレプリカと思われます。

一番右と他の2つの形状的な違いは、「初期アフ フリース」等で検索すれば分かりやすくまとめられている素晴らしい記事がいくつも出てきますので、今更私が書けることはありません。
ちなみにこの2者ですが、私は規格そのものが違うと認識しています。
右の「後期型」と呼ばれたりする方は第2世代の「ECWCS(Extended Cold Weather Clothing System)」のLEVEL3ので、
中央の「スピアーフリース」と呼ばれたりする方は「LEP(lightweight environmental protection)」のLAYER4という認識です。
この「LEP」はSPEARのサブシステムとして開発された装備のようで、運用思想はECWCSと同じようなモノのようです(組み合わせで防寒レベル調節)。

参考サイト
ECWCS:https://ja.wikipedia.org/wiki/拡張式寒冷地被服システム
LEP:http://ciehub.info/clothing/CW/LEP.html

トップ画像は初期アフガンのフリースを語る上で100%出てくる写真ですね(笑)
第5特殊部隊グループの隊員とトミー・フランクス司令官の写真です。
隊員がLEPのフリース、将軍がECWCSのフリースを着ていると思われます。

以前から初期アフガンODA装備としてトイソルジャーのレプリカを所有しており「これで初期アフフリース問題は解決」と思っていたのですが、方々で「トイソルのフリースは海軍仕様」という情報を目にしました。
グリーンベレー装備を揃えている身としてはいてもたってもいられなくなり、この程実物を手に入れました。
せっかく実レプ揃ったので、比較結果を記事にしてみようと思った次第です。
ECWCSとLEPの比較記事はよく見かけますが、トイソルジャーレプリカと実物の比較は見かけた事が無いので、何かの参考になれば幸いです。


比較の前に、今回私が入手した実物を説明しておきます。
2004年製造の未使用品とのことです。
ビニール包装に入った状態でした。


POLARTECの紙タグまで付いたままです。なんか嬉しいですね!



ちなみに紙タグの裏側は日本語でも説明が書いてあり、ちょっとびっくりしました。
「山田」のシャチハタは、おそらくショップの方が検品等した際のものでしょう(笑)
(それともまさかのメイド・イン・ジャパン?)

タグです。


サイズはSMALL REGULAR。170cm、70kgの中肉中背の体型で縦も横も嬉しくなるくらいジャストフィットでした。
タグの表記で注目したのが下から2行目の「MCN」です。
MCNは「Management Control Number」の略で、言うなればNSN(National Stock Number)の米軍身内バージョンのようなもの?みたいです。
「MCN」参考URL:https://wikileaks.org/wiki/Management_Control_Number

英語力が足りずちゃんと理解できていませんが、ATEC(U.S. Army Test and Evaluation Command)という米陸軍組織が運用していた規格のようです。
「ATEC」参考URL:
https://en.wikipedia.org/wiki/United_States_Army_Test_and_Evaluation_Command

安直かもしれませんが「陸軍が運用しているMCN規格が記載してあるんだから、このフリースは陸軍の放出品だろう」と考察しました(が、下の方で覆ります 笑)。

それでは実物とレプリカの詳細を比較していきます。

まずは全体写真です。
トイソルジャーもサイズはSサイズです。

下が実物。上がレプリカ。

各丈、各幅ともほぼ同寸です。


ジッパー
どちらも全て安心のYKK製ですが、
ポケット部のジッパーが少し異なりました。

左が実物。右がレプリカ。

実物の方がジッパーの目が細かいです。
この部分以外は少し目の粗いジッパーになっています。
レプリカは全箇所同じ粗さでした。
この部分以外は実もレプも見分けがつかないレベルです。


ポケット部のカバー

左が実物。右がレプリカ。

実物の方が若干幅が狭いです。
パラコードは実物の方が細いです。

起毛部の質感

右が実物。左がレプリカ。

実物の方が黒々しており、フカフカ感が段違いです。
ただ、これは単に保管コンディションの差かもしれません。
ちなみに上部のつるつるナイロン部はそっくりな質感でした。


袖口

下が実物。上がレプリカ。

分かりづらい写真ですみませんが、実物の方が絞りが強いです。
ただしこれはレプリカの方が「伸びた」だけの可能性はあります。

表側の違いは以上です。
続いて内側です。

タグ
実物


トイソルジャー



当たり前ですが違いますね(笑)
ちなみにトイソルジャーの方は日本語が書いてありました。


内ポケット部


右が実物。左がレプリカ。

ここが最も異なる箇所でした。
・裏材の光沢感、面積
・メッシュポケットの深さ、色
これが所謂「海軍仕様」と言われている所以なのでしょうか?


私が認識できた違いは以上でした。
内側ポケット部以外、仕様というよりは、製造年度や工場の差等のバラつきとも考えられるようなわずかな差しかありませんでした。
少なくとも、トイソルジャーレプリカの完成度は素晴らしいということは断言できます。

内側なんて着用してしまえば全く分かりませんし、わざわざ実物を調達しなくてもこのレプリカで十分事足りましたね。。

両者を比較した後「そもそも「特殊部隊仕様(陸軍仕様?)」と「海軍仕様」が存在するのか?」という疑問が浮かびました。
そこでネットに上がっている同型フリースのタグ写真を片っ端から集めてみました。






確認できたのはサイズを除くと3種類です。
ひとつは私が今回入手したものと同じ記載内容


もうひとつは上記プラス「DAAK」の規格表記が入ったもの


そしてもうひとつが海兵隊マークと「DAAN」「NSN」が入ったものでした。


「DAAK」はU.S. Army Soldier Systems Command(日本語訳分からず)の予算での調達品のようです。つまり試作品のようです。
ちなみに「DAAK」は97年までで、98年からU.S. Army Soldier Systems CommandがU.S. Army Soldier Systems Center(右に同じ)に改名され、ナンバーも「DAAN」となりましたが、その翌年に他の組織との統合があり「DAAD」になったようです。
いい加減にして欲しいですね(笑)

また、「DAAK」、「DAAN」ナンバーの3、4ケタ目が調達年号ということもわかりました。
いくつか「DAAK」入りのタグを確認できましたが、全て「96」でした。
2004年製造の私のフリースには無く、LEPが1996年から運用開始しているようなので、「DAAK入り」はLEP初期の試験運用的に調達された物なのかもしれませんね。

「DAAN」の方は「98」です。上記の経緯とも合致しますね。
気になるのは陸軍組織の予算での調達品のはずなのに、USMCのタグがあることです。
そうなると同じく陸軍組織の予算調達ナンバーであるMCN=陸軍支給品という私の考察は間違っている可能性が高くなってしまいました...。残念!

「DAAK入り」と「DAAK無し」、トイソルジャーの内側ポケット部の画像を下に載せます。
非常に口惜しいですが、USMCタグの「DAAN」品のポケット部の画像は見つけられませんでした。

04年製 DAAK無し


96年製 DAAK有り


トイソルジャー


DAAK有無の両者は若干メッシュの色味が違う(撮影光源の差?)程度で、どちらもトイソルジャーのレプリカとは明らかに違いました。
こうなると俄然USMC+DAAN品の内ポケット部が見てみたくなってきますね。


内容が煩雑で長くなったので、まとめます。
・実物タグはMCN、MCN+DAAK、DAAN+USMCのものが確認できた
・トイソルジャーのレプリカの内側ポケットは、MCN表記の実物内側ポケットとは違う仕様を再現した可能性がある
・DAAN+USMC品の内側ポケットは画像が見つからなかった

以上の考察より、下記3つの可能性が導かれます。
1.そもそもこのフリースに「特殊部隊仕様」や「海軍仕様」というようなバリエーションは存在せず、
1-1 単にトイソルジャーのレプリカの詰めが甘い
1-2 年代によってマイナーチェンジされており、今回比較した実物とレプリカが再現した年代が異なる(ただ、これは96年製と04年製がほぼ同じデザインだったので、考えづらいです)

2.USMC+DAAN品が巷に言う「海軍仕様」であり、トイソルジャーはそれを忠実に再現している

とりあえずUSMC+DAAN品の詳細が確認できれば進展がありそうです。


長い事ごちゃごちゃ書きましたが、最も大事な結論は、
「初期アフフリースはトイソルのレプで十分!」です(笑)

私はサバゲ装備で「パッと見本物っぽい」でOKなので、ここまでの考察でお腹がはちきれる程いっぱいになりました。
もし何か情報をご存知であったり、私の考察に間違いがあったらご指摘いただけると嬉しいです。

流れで色々タグ表記のお勉強をしましたが、非常にややこしいですね。
とりあえず「MCN」や「DAAK」「DAAN」「DAAD」等、記号めいた略語の雨あられは本当にやめて欲しくなりました(笑)
タグをぱっと見ただけで「これは〇〇」と判断できる人を心底尊敬します。
タグはそのアイテムの素性を特定する上で非常に有用なのは間違いないので、折に触れ勉強していこうと思います。

お読みいただきありがとうございました。  


2017年11月30日 Posted by 4039  at 22:34Comments(2)装備初期アフガンODA

初期アフガンお宝映像考察 PART1



先日、初期アフガン当時のドキュメンタリー番組「Profiles From the Front line」を発見しました。
前回の記事:「初期アフお宝映像発見!

今回から各隊員の装備について考察していこうと思います。
この番組でグリーンベレーにおいては第3、第19特殊部隊グループの各1個のODAに密着しているようです。

ちなみに番組は適宜文字によって下画像のように状況説明がされるので、英語に疎くても大まかな内容は把握できる親切設計です。




豆知識ですが、文中の「19th」の後ろに[RC]とついていますが、これは「Reserve Component」の略で、州兵と予備役部隊で構成される米軍の組織のようです。
第19特殊部隊グループは州兵(National Guard)なので、[RC]と付いているのですね。

いくつかwebページを見つけましたが、参考にwikipediaのリンクを貼っておきます。
Reserve components of the United States Armed Forces
https://en.wikipedia.org/wiki/Reserve_components_of_the_United_States_Armed_Forces


それではまず第3特殊部隊グループの隊員から見ていきます。
何名かの隊員がインタビューを交えてフォーカスされていますので、1人ずつ詳細を書いていきます。



Team CommanderのMARK氏。
2人目の項で後述しますが、番組の冒頭に「安全上の理由で兵士達の詳細は伏せています」的な記述があるので偽名かと思いましたが、おそらく本名です。
劇中に他の隊員に「MARK」とも呼ばれていますし。
「所属部隊の詳細やフルネームでは氏名を表示しません」というニュアンスなのでしょうか。

階級はMaster Sgt=曹長のようですね。
カート・ラッセルにも肩を並べる男臭さ(褒め言葉)が画面からもプンプン漂ってきますね。
素敵なおヒゲです(自作ヒゲで真似しやすい生え方という意味でも 笑)。

画面で確認できる範囲で、MARK氏の主な装いは
・ポロシャツ or Tシャツ
・DCUパンツ or 民生品?パンツ
・デザートブーツ(おそらく官給品)
・黒いベスト(民生品?)
・バックパック(たぶんEAGLEかBHIのA3)
・M4
・パコール
です。
下記に各部詳細を見ていきます。

トップス
日によってTシャツかポロシャツを着用しています。


色味的におそらく官給品のTシャツだと思います。


ポロシャツは本国から持ってきたのでしょうか。
無地なのでユニクロ等で代用できますね。夏のサバゲの装いバリエーションが増えて嬉しいところです。


黒いTシャツの日もありました。


ボトムス
DCUかおそらく民生品のモスグリーン?グレー?のシンプルなパンツを履いています。




ちなみにブーツは官給品デザートブーツっぽいです。
詳しいメーカーやソールは私の知識ではわかりませんでした。


黒いベスト




デザイン的に軍用品の類では無さそうです。
胸にある謎の白い丸い物体ですが、日によって右胸にあったり左胸にあったりします。。
何なのか全くわかりません。缶バッジ?だとしたらなんで?おしゃれ?笑
アフガン市民に対して自分が何者なのか示すマークなのでしょうか?全くわかりません。
いつか手がかりが見つかるよう、常に心に留めておきたいと思います。


バックパック


バックパックには疎いので、有名所しか思い浮かびませんでしたが、おそらくEAGLEかBHIのA3パックだと判断しました。
多分日帰りで車両移動の任務なのに3dayパックとは、中身は一体何なんでしょうね?
他の隊員はかなり軽装ですし。
訪問する村人へのお土産でも入っているんでしょうか?だとしたら日本のサラリーマンにも通ずるものがありますね(笑)


M4
アップになる瞬間が意外に少なく確認に難儀しましたが、中々面白いレイアウトでした。


タンカラーに塗装され所々剥がれており、まさにイメージ通りの「初期アフM4」ですね。


手前の初期アフおじさんの存在感がすごいですが(笑)見るべきは奥のM4です。
レイルにはPEQ-2が載っており、ナイツのフォアグリップにリモートスイッチが付いているようですね。
照準器はACOGだと思います(カバー付?)。
マガジン底部には引っ張りやすいようにダクトテープでタブを作っていますね。


レイルの右側面にはなんとキャリングハンドルが付いています。
ACOGのバックアップの為でしょうが、特徴的で面白いですね。
サバゲで付けていったら、単にふざけているように見られそうですね(笑)
でもぜひ真似したくなるポイントですね。


その他
パコールは日本のショップでもよく見る形状、色をしています。


アイウェアはOAKLEYのM FRAMEっぽいです。
年代的にフレーム上面がイボイボしていないタイプでしょう。
フレームの色が紫っぽく、他の隊員も同じ色、形状なので、部隊単位で調達したのかもしれませんね。


腕時計はアップになりましたが、見当も付きませんでした。




太股周りは何も着けず、全体的にスッキリしています。セカンダリは腰に着けベストで隠れているのかもしれません。
ベストである程度の収納力があり余計な装備が少ないので、サバゲに向いている再現装備かもしれません。
メインで目立つ黒ベストを上手く再現できさえすれば(白マーク含め)、イメージはかなり寄せやすそうですね。
ただ、世間一般のイメージとしては民生品っぽい装具+パコール+バックパックだと所謂「OGA装備」に見られてしまいそうなので、如何にしてODAらしさを出すかが難しいかもしれません。

「初期アフガン装備」はよく「安く簡単に揃えられる」と言われます。
これは半部本当で、半分本当では無いと私は思っています。
「とりあえず初期アフ」であれば、非常に簡単にローコストである程度の完成度になります。
少なくとも米軍装に興味のある人から「初期アフだ」と思われるレベルにはなります。

私も数年前に「安くて簡単」という甘い言葉に釣られて収集を始めた訳ですが、細部を詰めたり一味違う装備を考えはじめると、非常に奥が深い事を思い知りました。
「とりあえずTシャツか3Cの迷彩服とキャップ、56式弾帯かTLBV」の先に行こうと思うと途端にハードルが上がります(私は今ココです)。

まだまだ知らないこと、持ってないものばかりなので、今後も知識収集や画像映像観察、各種アイテム調達、DIY等で修行をしながら初期アフガン装備レベルを上げていこうと思います。

長くなってしまいましたので、今回は1名のみで終了です(このペースだと何回続くことになるのやら 笑)。
他の記事も挟みつつ、気長に書いていこうと思います。

お読みいただきありがとうございました。


追記:
この記事の続編は下記リンクになります。
初期アフガンお宝映像考察 PART2
初期アフガンお宝映像考察 PART3
初期アフガンお宝映像考察 PART4
初期アフガンお宝映像考察 PART5
初期アフガンお宝映像考察 PART6
初期アフガンお宝映像考察 PART7
初期アフガンお宝映像考察 PART8
初期アフガンお宝映像考察 PART9
  


2017年11月27日 Posted by 4039  at 23:35Comments(2)装備初期アフガンODAProfiles From The Front Line

初期アフガンお宝映像集発見!

先日Google先生に素晴らしい初期アフガン情報を教えていただきましたので、ご紹介したいと思います。

2002年頃の第19特殊部隊グループの詳細を知りたく、最近暇があれば「19th special forces group afghanistan 2002」的な検索ワードで出てきたサイトを開いては英語のお勉強をしていました。
そんな折、私にとって「宝の山」と言えるような動画を発見しました。


「Profiles From The Frontline」という1時間×全6話の2003年のドキュメンタリー番組です。
初期アフガン装備をやっている諸兄姉にとっては「知ってて当たり前」なのかもしれませんが、恥ずかしながら私は先日初めて存在を知りました。

米ABC製作の番組のようで、プロデューサーはなんとあのジェリー・ブラッカイマー氏のようです。
時期も部隊も少し違いますが、雰囲気は来年公開の同氏製作の初期アフガン映画「12 STRONG」のインスパイア元になっているかもしれませんね。


残念ながら私は日本人の平均的な英語力しかないので、内容説明については諸々間違いが多いと思います。予めご了承ください。

番組の内容は、2002年時点でアフガニスタンに展開していた各部隊にフォーカスし、密着取材をしたもののようです。
グリーンベレーについては、第3と第19特殊部隊グループの各1個ずつのODAに密着しています。

各隊数人の隊員が紹介され、インタビューを織り交ぜながら任務に同行している様子が映し出されます。







画質は最悪ですが「これ使ってたんだ!」や「こんな着こなしてるんだ!」や「なんだこれ??」等発見の連続で、まさに宝の山です。
パトロールや捜索のシーンばかりなので、画的には基本「地味」と言わざるを得ませんが、初期アフガン時の本物の隊員の任務中の映像を見られる時点で鼻血モノですよね!笑
GoProやCONTOUR等で隊員1人1人が録画しているような時代ではないので、貴重だと思います。

今まで私の初期アフガンのビジュアル的な参考資料は、ミリブロ等に挙げられる皆様の装備画像や、現代に比べて圧倒的に数の少ないミリフォト、初期アフホラー映画の決定版(笑)「THE OBJECTIVE」くらいなものでした。


そこに一気に数時間分の「本物映像」が見つかったので、大幅に考察が拡がりそうでワクワクが止まりません。

これから何回かに分けて、気になった映像をキャプチャして考察した内容や感想をまとめていこうと思います。
とりあえず夜中に砂漠で汗まみれ埃まみれのおっさん達の動画を見て興奮している姿だけは、家族に見られないように気をつけます(笑)

お読みいただきありがとうございました。

追記:
この記事の続編は下記リンクになります。
初期アフガンお宝映像考察 PART1
初期アフガンお宝映像考察 PART2
初期アフガンお宝映像考察 PART3
初期アフガンお宝映像考察 PART4
初期アフガンお宝映像考察 PART5
初期アフガンお宝映像考察 PART6
初期アフガンお宝映像考察 PART7
初期アフガンお宝映像考察 PART8
初期アフガンお宝映像考察 PART9
  


2017年11月26日 Posted by 4039  at 09:17Comments(2)装備初期アフガンODAProfiles From The Front Line