低予算「リアル・ホース・ソルジャー装備」検討



明日でこのブログを開設してちょうど1年になります。
生まれて初めてのブログでしたが、想像していたよりも有意義な活動となりました。
自分でも驚くほどハイペースで更新し、1年で100記事以上の投稿となりました(なんと半数以上が初期アフ関連です(笑))。

まったりと振り返りの記事や、ギアフェス準備の記事、明日サバゲに行くのでその振り返りと、書きたい記事が後につかえまくっているのですが、「祭り」のせいで消化がままなりません(笑)
というわけで、今回もホース・ソルジャー祭り。第7弾です。
公開からこんなに毎日のように「ホース・ソルジャー」と連呼しているのは日本でこのブログだけだと思います(笑)

前回、「映画ホース・ソルジャー装備」を考察しました。
今回は可能な限り安く揃える「リアル・ホース・ソルジャー装備」を考えてみました。
もしホース・ソルジャーを観て「初期アフやってみようかな?」と思った方のご参考になれば幸いです。

ここで言うホース・ソルジャー=2001年10月に派遣された5th SFGのODAを想定した装備です。
私の認識では、下記あたりの写真は2001年の5th SFGのODAです。






小物を除けば、ベーシックな構成として
・3C ELCS
・サファリランド6004
・DCU or スピアーフリース(二つ重ね着もあり)
・デザートブーツ or トレッキングシューズ
・ノーメックスグローブ(色不問) or グローブなし
・ベースボールキャップ or ワッチキャップ or パコール
・無線(PRC-148)
といったところでしょうか。

書いてみるとめちゃめちゃ少ないですね(笑)
ここにLC-2やTHALESのラジポ、PEQ2アクセサリーポーチやカラビナ等を加えれば更にオリジナリティを出せそうですね。

上記をベースに、調達コストを抑えた装備構成を考えてみます。
現状、この中で鬼門となるのは3C ELCSでしょう。
4,5年前はそれこそ1万円程度だったと思いますが、近頃は7万円程度で取引されていたりします。
映画効果もあって、しばらく下がることはないでしょう。

なのでELCSを置き換えれば一気にコストダウンができます。
下記に置き換え候補を挙げてみます。

56式弾帯


まず考えつくのはやはりこれですね。初期アフ鉄板アイテムです。
ミリフォトで隊員が着用している56式は、現地の市場等で売っている物を買っているのだと思います。
「ELCSがかさばって使いづらいので、通りすがりの市場で見つけた56式を調達した」という脳内設定ならまあ無理はなさそうですね。
しかし、2001年の5th SFGの隊員が56式を着用しているイメージはあまり無く、ミリフォトは私は見た記憶がありません。
56式弾帯だと「初期アフODA感」は出せますが、あまり「ホース・ソルジャー感」は出なさそうです。
2002年以降の3rdや19th等はめちゃんこ使用しているのですが。





TLBV


次に安い初期アフベストと言えば、TLBVだと思います。
2001年の5thでは無いと思いますが、初期アフODAとされるミリフォトで使用例はあります。


2001年の5thモチーフでTLBVを装備するとしたら、その設定(言い訳)としては、「ELCSは腰周りもMOLLE式になっておりALICE規格を着けづらいので、腰周りを使い慣れたALICE装備で固めたい隊員が着用した」といったところですかね?

BHI コマンドチェストハーネス


これは実際に2001年の5thの隊員が使っているので、正真正銘ホース・ソルジャー装備ですね!


しょっちゅう記事で書いている気がしますが、2001年当時はファステックスが黒色で腰ひもにスロットが無く、内側がパット張りではない旧型になります。
旧型は現在国内では2~3万円はくだりません。
レプリカならば2000円程度で旧型モデルが手に入り、ブラックをベースにタンカラーで雑に塗装すれば質感はかなりごまかせると思います。
サバゲ使用でもその抜群の収納力と着心地、軽量さを体感できるほど優等生なので、「本国か基地での準備時にかさばるELCSを選ばずBHIチェストを持ち込んだ」という妄想は個人的に納得がいきます。


他にも当時のEAGLEやBHIのハーネスは個人的にありだと思います。


ELCSに比べて軽量なのは間違いないので、余計な荷物を少しでも減らしたいと考える隊員には重宝されたのかもしれません。

いくつか考えてみましたが総合的に見て、使用例があって安く、かつ入手が容易なBHIコマンドチェストのレプリカが最良かと。
画像の物はパッと見旧型の仕様を再現していて、楽天で2000円でした。



安いレプリカなので気兼ねなくスプレーで塗ったりポーチを解いてカスタムしたりと、個性も出し放題ですね。
私も実物は持っていますが、今度このあたりを買って色々いじってみようと思っています。


あともう一つの壁となるのがサファリ6004です。
これもレッグパネルが旧型と現行型で一目で異なります。
旧型


現行型


パネルに空いた4つの穴が、旧型はフラットで、現行型は盛り上がっています。
また、外形の縁も現行は盛り上がっていますね。
他にも形状やロック機構の差やバックル等も仕様が異なるのかもしれませんが、知識の浅い私の眼にはほぼ同様に見えます。
実物旧型を入手するのが最も確実ですが、高いですし中々手に入りません。
どの銃用でもよいのでレッグパネルだけでも旧型を入手し、本体はM9用のレプリカを買ってきて換装するという裏ワザも可能だと思います。
私もまだ持っていないので、チャンスを見つけ次第手に入れたいと思っています。

妥協案としては現行レプリカを調達ですね。
穴周りと縁を削って、塗ったり汚したりすればごまかしがききそうですね。

最初の一覧表のELCSをBHIチェストレプリカに置き換え、6004を現行型レプを加工とすれば、あとは実物を揃えても2万円強もあれば揃いますね。
妥協を重ねれば、1万ちょっとでそれなりの完成度で揃いそうです。
鉄砲周りは前回の記事を参考にしていただければと思います。

前回検証した、決して「リアル」ではない「映画ホース・ソルジャー」装備を揃えるより安上がりですね。素晴らしい!
(さらに2001年 5thではなく、2002年の3rdや19thであれば数千円で揃います。)

お読みいただきありがとうございました。  


2018年05月12日 Posted by 4039  at 22:57Comments(3)装備初期アフガンホース・ソルジャー