初期アフ映像考察 BBC「Taleban Patrol」編 PART1



久々に映像考察ネタを書いていこうと思います。
今回の題材は2003年10月19日に英BBCで放映されたドキュメンタリー番組です。


BBCの「CORRESPONDENT」という番組のようです。
http://news.bbc.co.uk/2/hi/programmes/correspondent/3172814.stm

良く分かっていませんが、おそらくNHKスペシャル的な番組で、週変わりで色々なテーマを取り上げるドキュメンタリー番組だと思われます。
ちなみに「タリバン」というと英語スペルは「Taliban」だと思っていましたが、BBCの公式サイトでの表記は「Taleban」となっています。
「Center」と「Centre」的な感じで、イギリス式とアメリカ式でスペルが違うようですね。初めて知りました。

題名の通り、アルカイダやタリバン関係者を捜索する為に村をパトロールするシーンが多く収められています。





ぱっと見「いつもの初期アフ」な感じの装備ですが、よく見ていくと「これ使ってたのか!」的な新たな発見が多くあり、トップ画像の隊員のごとく思わず小躍りを繰り出してしまうような素晴らしい番組でした(笑)

以前「逆BALCS伝説」という記事で書きましたが、BALCSを前後逆に着ているという貴重なシーンも収められています。



番組の公式サイトを見ると「US National Guard Special Forcesに密着したよ」と書いてあります。
ということは、第19か第20特殊部隊グループということになりますね。

上記に貼ったYoutubeのUP主は「19th」と記載していますが、コメントを見てみると「正確には20thだけどね」や「20thだよ。番組に出てる隊員俺の知り合いだもの。」的なコメントがありますので、20thである可能性が高そうです。

20thとなると、アフガニスタンに派遣されたのは下記Wikipediaの記事によれば2002年9月のようです。
イラクに転戦する3rdの後釜として、7thの第2大隊と共に派遣されたと書いてあります。
参考記事:Wikipedia「History of the United States Army Special Forces」
URL:https://en.wikipedia.org/wiki/History_of_the_United_States_Army_Special_Forces

服装を見ると、ニットキャップを被っているくらいなので少なくとも夏ではなさそうですし、そこまで厚着ではないので真冬でも無さそうです。


パキスタンの国境がどうとか話が出ていますので、おそらく南部~東部のどこかの話だと思います。
3rd SFGはおそらくカブールの近くに派遣されていたようですので、置き換わりだとしたらこの番組の舞台もカブール周辺の東部地域ということかもしれません。

そこで、首都カブールと南部都市カンダハルの気候を調べてみました。
カブールは義務教育レベル、カンダハルはミリオタ義務教育レベルで知っている名前ですね。
ちなみにカブールについては、私は小学生の頃社会科の勉強で「アホがニス被る」で一発で覚えて以来、20年間一度も忘れた事がありません(笑)
語呂覚えは偉大ですね。

Wikipedia「カーブル」
URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%AB

Wikipedia「カンダハール」
URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%AB

ニット帽を被っていたシーンはおそらく朝で、日中は基本的にDCUを捲らず着ていたり、現地人はM65ジャケットを羽織ったりしています。
そんな服装の感じと平均最低気温と平均最高気温を見る感じでは、撮影されたのは2002年の10、11月あたりか、2003年の春、もしくは9月あたりかな?と推測してみました。
まあ上記2都市と標高が大きく違ったら気候も全然違うと思うのでなんとも言えませんが。

考察する上で大切な情報である部隊と時期ですが、とりあえずはこんなところにしておきます。

それでは隊員の装備を観察し、気になったポイントを挙げていこうと思います。
今回は1つ目の村をパトロールするシーンを考察します。

OTV
何人かの隊員はウッドランドのOTVを着用しています。


背中のポケットが特徴的でわかりやすいですね。

BALCS着用率はあまり多くないようで、OTVやABAのソフトアーマーを着用しているのを多く見かけます。

初期アフODAのOTV着用例は下記のようにミリフォトも出てきますが、新しい着用例を見つけられてよかったです。


まだ一度しか着用していませんが、レプリカを買った甲斐がありました。


V1 or オメガベスト


EAGLEのV1ベスト、もしくはBHIのオメガベストと思われるベストを着用しています。
色はグリーンのようで、下に黒いソフトアーマーを着用しています。


肩部の特徴的なベルクロの形状からABAの物と思われます。
今私の中で一番欲しい初期アフアイテムです。

ちなみに右手前の隊員はBALCSですね。
他の視点から、背中下部にアリススロットがない&上部にドラッグハンドルが無いのでSF仕様だと分かりますね。


次回以降に書こうと思いますが、なんと背面にドラッグハンドルが付いたBALCSと思われる着用例をついに見つけられました。
(ドラッグハンドル付き=RANGER BALCSのはずです。)

サイドの調整部はパラコード方式です。


この画像の右側の隊員ですが、顔にぼかしが入っています。
所々ぼかしが入っている隊員が出てきます。
この番組のYoutubeページのコメント欄でも言及があり、おそらくOGAか通訳ではないか、とのことでした。
いずれにせよ、ODA隊員では無さそうですね。

グレネーダーベスト


40mmが全面びっちり収納できるタイプのグレネーダーベストを着ている隊員もいました。
「童貞を殺すセーター」よろしく、ざっくり空いた背中が特徴的です(笑)


おそらく官給品ベスト(Filters Company?製)でしょう。



現場で交戦となった場合、狭いので40mmは出番が無さそうですが、移動中等で開けた場所で交戦となった場合を想定しているのでしょうか。
20発持てるようですが、こんなに持っとくとはどういう想定だったのでしょうかね。

無線機収納術
前述のV1ベストの隊員ですが、おそらくベストの一番左のマガジンポーチにはPRC148を入れているようです。


有名なODA961のCowboy氏も同じ方法で携帯していましたね。


DCUの足ポケットに無線機(おそらくPRC148)を入れている隊員がいます。


これも以前考察した「Profiles From The Front Line」に出てきた3rdと思われる隊員や、


Special Operations Force: America's Secret Soldiers」で登場したODA342の隊員もIC-F3Sですが足ポケットに入れていたので、これも初期アフ鉄板携帯術といえそうですね。


ただアイテムを集めて漠然と着るだけでなく、汚したり加工したり、こういった細かいツボを押さえた「ぽい」着こなしをすることで装備の完成度は上がると思っています。
足ポケットインはサバゲでは落ちそうで不安ですけどね(笑)


RACAL URBAN ASSAULT HEADSET


これも定番アイテムの認識ですが、この部隊はやたらと被っている人が多いように感じます。
この村の場面ではないですが、キャップの下に被っているパターンもあり、着こなしの勉強になりますね。


似た形でTEAのTASCがありますが、どアップで映るシーンが多いので判別し易くて助かりました。
私はURBANを所有していたので大丈夫でしたが、持っていない方はこの動画で欲しい病を患う可能性が高いので注意してください(笑)


金属探知機


これも以前考察した「Special Operations Force: America's Secret Soldiers」に登場していましたね(同型かは分かりませんが)。


モデル特定や入手は難しそうですが、なんちゃって小道具シリーズとしてDIYするには面白いかもしれません。


タイラップ


手錠として使っています。
輪っかにして、ベストの背面のアリススロットに挿しています。
番組中で実際に背中のスロットからシュッと抜いて容疑者の手首に巻くシーンがありました。
これもお金の掛からない小道具としてありがたいですね。


レッグホルスター


定番の6004を装着している隊員が多いです。
銃も皆さんM9のようですね。
ここでもグロックや1911系の使用例は確認できませんでした。
一体いつになったら初期アフODAでの使用例は見つかるのでしょうか。


バックパック&レッグポーチ


謎の巨大バックパックを背負っています。
何なのか全く分かりません。
バックパックはUM21以外は特徴が掴みづらい上種類が多く、私には全然わかりません。

サバゲでも使いやすそうなレッグポーチを着けています。
TAC-Tのレッグダンプポーチあたりでしょうか。

レッグポーチ類は初期アフODAらしさを出すにはもってこいな上サバゲでも実用的な装備なので、色々取り揃えておきたいところです。


とりあえず最初の村の場面はこんなところにしておきましょう。
この後現地民との宴でODA隊員によるキレッキレな踊りを見たところで疲れがどっときたので、今回はここまでとします(笑)


次回以降、また「ガッサガサ画像観察シリーズ」が続くと思いますが、どうぞお付き合いお願いします。
お読みいただきありがとうございました。  


2018年07月28日 Posted by 4039  at 00:14Comments(0)初期アフガンODATaleban Patrol

第87回ビクトリーショー 戦利品



7/22に開催されたVショーに行ってきましたので、戦利品を記録しておこうと思います。

今回も大物とは出会わず、小粒だが満足度の高いアイテムをいくつか入手できました。
例によって初期アフを意識したアイテムばかりです。

それでは順に書いていきます。

実物M4キャリングハンドル



初期アフODAではちょくちょくキャリングハンドルを着けた状態でM4を運用しています。




別にマルイ純正でも不自由はしないのですが、実物が非常に安かったので思わず買ってしまいました。
刻印は詳しくないので全く分かりませんが、安いのであまりレアではないと思います。


いい感じでやつれていますので、このままM4に装着して楽しめそうです。
重くなるだけの自己満100%アイテムですね。


BHI ストックポーチ



M4等のストックに巻きつけるタイプのマガジンポーチです。
M4マガジン1本携行できるようです。
これも爆安だったので衝動買いしました。

タグから見るに、時代的には初期アフでもOKと思われます。


実際に手持ちのM4に付けてみました。


中々の存在感です。
ストックポーチを運用しているミリフォトは見たことはありませんが、まあアリかなと思います。
マガジン以外の物を入れたりしたら逆に説得力が出るかもしれないですね。遊び甲斐がありそうです。
PMC装備でも使えそうですし、いい買い物をしました。


LC-2メディカルポーチ



東京キャロルさんで購入しました。
かなり状態がよく、ハードケース付きでネットオークション相場より安かったのでいい機会だと思い確保しておきました。

初期アフODAでは3rd SFGのODA342の2002年8月とされる写真で使用例がありますね。


以前記事にした「金属探知機おじさん」です。

ハードケース入りなので、サバゲでは濡れたり潰れたり砂で汚したくない品を入れておくのに丁度良さそうです。
綺麗過ぎるので、ちょっとお化粧して我が家の初期アフ装備ラインナップに参加してもらいます。

ちなみに東京キャロルさんで買い物をしたら「じゃがいも1つどうぞ」と言われて、M67手榴弾のレプリカを1個おまけでもらいました。


レバーやピンは無いですが、シボや印刷等の質感は良く軽量で、中身が無くて寂しいグレネードポーチのアンコとしてぴったりと思います。
いずれ何かしらでレバーとピンを作ってみたいと思います。


シュマグ

あまり見ない柄のシュマグを見つけたので確保しておきました。


有名な初期アフODAの写真(おそらく2002年8月のMountain Sweep作戦時の19th SFG)の隊員の巻いているシュマグの柄にちょっと雰囲気が似ているかなと思って購入しました。


シュマグは意外と装備の印象を左右するアイテムなので、地味ですが拘りたいところですよね。


6C謎キャップ


6Cのキャップです。これも激安でした。
特に元ネタらしいものはありませんが、一応初期アフと思われる時期に6Cのブーニーハットを被っていた隊員の写真はあります。


鍔の裏地のなんともいえないダサいグリーンと、名前が記入されている所が購入の決め手です(笑)


DCUで頭だけ6Cというのが中々味があるなと思い、購入しました。
なんだかVショーに行く度に謎キャップが増えている気がします(笑)

ちなみに今回のキャップはHarver-Dacoという広告会社?のおそらくノベルティです。


キャップは目立つ箇所な上自由度が高く、遊び甲斐があるので大好きです。


そんなガラクタ夢いっぱいのアイテム達をカバンに詰め込みVショーを後にし、中野にある「White Rook」さんに初めて行ってきました。
店長さんと色々お話しをさせていただき、大変勉強になりました。

初期アフ好き的には非常に気になる、未開封の旧型ALTAニーパッドを入荷されておりました。
ミリブロの記事でも宣伝されていますね。


パッケージのおかげでALTAニーパッドの仕様の謎が一つ解けました。
ALTAニーパッドは足への固定方法がアルタロック、ベルクロ前留め、ベルクロ折り返し後ろ留めの物があります。
これらは年代に依るものだと考えていましたが、パッケージの裏側を見るとこの3仕様がイラストで一挙に紹介されていました。


つまり3仕様は年代ではなく、オプションとして選べたのではないかと思います。

ちなみにわざわざひとつ開封してくださり、パッド裏面の製造年を確認していただけました。
確認した固体の製造年は08年でした。思ったより最近まで旧型だったようです。
ちなみに同じパッド形状のBucket Head氏の個体は02年製でしたので、少なくとも02~08年は「ALTA刻印無し&縁有り」のパッド形状だったと推測できます。
08年以前の再現装備で「ALTA刻印付き」のパッドはオーパーツになってしまうかも、ということですね。注意です。

このパッドですがまだまだ2桁単位で入荷が予定されているらしいので、欲しい方は要チェックですね!

その他にも放出品の物商流の話や、Larry Vickersの鉄砲写真集のお得な買い方等、大変楽しく勉強になる話が聞けました。
また一店、素敵なお店を見つけることができ、満足感を味わいながら帰路につきました。

お読みいただきありがとうございました。  


2018年07月23日 Posted by 4039  at 22:46Comments(0)装備初期アフガン

BALCS トイソルジャーレプリカ



徐々に安定供給されてきた感のあるトイソルジャー製レプリカBALCSですが、超絶シブいカスタムBALCSの影に隠れてひっそり我が家にも転がり込んでいました。
簡単に調達できる初期アフ鉄板アイテムということで、どの程度のものなのか?実物と比較を交えながらレビューしてみます。

WLは既に他メーカーの高品質レプリカ(おそらくSPECWARCOM製)を所有していたので、今回3Cを調達しました。


ファーストインプレッションですが、
全体を見渡して「生地とか縫製とか安っぽいけど、おさえるところはおさえてあるし、ポーチも沢山付いてこの価格ならまあ妥当かな?」
着てみて「(悪い意味で)何かタイトでスタイリッシュで違和感MAX」
といった感じです。

それでは実物と比較しながら詳細を見ていきます。

生地
実物3Cと比較してみます。

左実物 右トイソル


実物は2004年製のXLサイズです。
先日のユルゲ3taroybmxさんから、ゼロを一個間違えているどころではない価格で譲っていただきました。

色はかなり違いますね。
特に一番白い部分の色差が激しく、実物の方が赤っぽいです。
ただ、DCUに関しては実物でも赤っぽかったり白っぽかったりしています。



少し調べた限りでは、年代やリップ、ノンリップ生地等の差では無さそうというところまでは突き止めましたが、何が違いなのか特定ができてません。
単純に日焼け、経年変化なのでしょうか?
比較した実物とは異なりますが、レプリカに近い色味の実物もあるっぽいのでとりあえず暫定的に「よし」とします。

生地の質感もかなり異なります。

左実物、右レプリカ


全体的にレプリカの方がツヤっぽくて硬いです。
露骨に安っぽいと感じる程まではいかないまでも、実物と並べると違いが目立ちます。
大面積を占めますし、肉眼で見るとぱっと見で質感が異なりますので、少々痛いところです。

ちなみに裏地も若干色が異なりますが、違和感を感じるほどでは無いですし、何より着たら見えないので無問題ですね。


ベルクロ
これも3C実物との比較です。

左レプリカ、右実物


色味はレプリカの方が少々赤っぽいですが、違和感は無い範囲と思います。
手触りはレプリカの方がジャリジャリしていて痛いです。

PALS等ナイロンテープ
上実物、下レプリカ



レプリカの方が若干黄色味が強いですが、まあ許容範囲かと。
実物が退色している可能性もありますしね。
後述しますが、縫製の雑さが目に余ります。


サイドバックル



オスの形が全然違います。
実物オス


細かい所ですが、以前から私の所有しているレプリカ(多分SPECWARCOM製)は実物が使われていたので、個人的には少々残念でした。
メスの方も実物より角ばっていて、ヒケやウエルドっぽいのも浮いていて軽薄で妙に安っぽいです。
機能上は問題ないですし、ぱっと見は違和感ないのでゲーム使用では何も不具合なさそうですが、コレクション的にはマイナスですね。


肩部


実物はソフトアーマーが縫いつけられていますので、分厚く硬いです。


レプリカも芯材が入れてあり、実物ほどではないですがちゃんと硬く肉厚になっており、好感が持てます。


上レプリカ、下実物


何気に着た時の見た目の印象に影響する箇所だと個人的には思うので、ここはナイスなディテールだと思います。


サイズ
ここまで比較していた実物3CはXLサイズなので、ここで退場です。
代わりに実物WL RANGER仕様のMサイズに登場していただきました。


RANGER仕様なのでもしかしたら実物同士でもSF仕様と型紙が異なる可能性もありますが、とりあえずこれでレプリカと比較してみます。

フロントパネルの胴回りは片側3cm程度実物の方が長いです。


実物と同じ位置感覚でベルクロを留めようと思うと「あれ?俺太った??」となってしまうのはここが要因と思われます。

次に首周りです。

フロント



バック



かなり形が違います。
フロントもバックも長さ、幅共に実物の方が首周りがゆったり作られています。
というかトイソルレプリカはタイト過ぎます。
平均的な頭囲の日本人なら、必ずと言っていいほど耳を擦って非常に痛い思いをすると思います。

着用した時にトイソルレプが妙に「スタイリッシュ」に見えてしまったのはこの首周りが原因かな?と思います。
BALCSにスタイリッシュさは全く必要ないと思います。むしろマイナスでしかありませんね(笑)

あと若干脇の下のスペースもレプリカの方が詰まっています。
これらの形状の違いが全体的に「タイトでスタイリッシュ」という第一印象を私に与えたのかもしれません。

ミリフォトを眺めていると、体に余る程のサイズで若干の「着られてる感」を出すのがBALCSの着こなしだと個人的には思っています。




おそらくLかXLサイズを着ている隊員が多いように思います。
トイソルレプリカは、ユニクロの服はMサイズがジャストの私が着てもちょっと小さい印象で、ミリフォトの着こなしとは違って見えてきます。


プレート挿入部


実物MサイズにジャストフィットのTMC製Mサイズプレートですが、トイソルレプは幅がキツキツです。
あっちを引っ張りこっちを引っ張り、何とか挿入が出来るレベルです。
まあ長さはちょうど良いので、挿入に苦労するだけで入れてしまえば問題はありません。


縫製
全体的に雑過ぎます。



私はコレクターでは無くサバゲーマーとして装備を見るので細かい所は気にしない方だと思いますが、それでも一見して「ヒドい」と言ってしまうような出来です。
トイソル製品はあまり持っていないので何とも言えませんが、従来品に比べても明らかに悪いように思います。


ポーチ
ELCSキットに入っているM4マガジンポーチ×3と、SPEARにあったかな?なピストルマガジンポーチ×2が付属します。



ピストルポーチの方は実物を持っていないので比較できませんので、M4ポーチをレビューします。

左レプリカ、右実物



生地やバイアステープ、縫製のインプレッションは本体と同じです。
造り自体は一回り小さいように見えまずが実物同様で、中にちゃんとゴムが入っています。

ELCSのM4ポーチはそっくりの外観で1本用と2本用があります(写真は2本用)。
ちなみに2本用に1本いれても、ゴムのテンションで暴れず問題なく使えるので、1本用を造った意味が謎です。。
レプリカは一応2本用を手本にしたようで、実物よりきついですが2本入りました。良かった良かった。


PALSに通す紐?ですが、実物は樹脂(おそらくカイデックス)がインサートされており硬く、地獄のような取り付け性です。


かたやレプリカはインサートがなくフニャフニャなので、PALS取り付けは非常に楽です。


フルロードの実物マガジン(約500g)とほぼ同じ重量のマルイガスブロM4マガジン2本を入れてBALCSに付けても特に外観上、使用上問題はなさそうです。
ここは実物がかなり贅沢というかオーバースペックというか、安全率が掛かった設計なのかもしれません。
総合的に、インサートを省いたのはコストダウン&操作性アップとなるので懸命な判断だったのではないでしょうか。
ただ、この点もコレクター目線的にはマイナスになりそうですね。

また、今回新品で購入しましたが、ポーチの1つのドットボタンが外れていました。


付いていた物が外れたというよりは、もともと固定し忘れていた感じです。。
一応使えますし、実物ポーチを持っている身としてはゴミ箱2軍行きの代物なのでどうでもいいのですが、縫製の雑さといいボタン工程忘れといい、品質管理がずさんな感じはします。
トイソルジャーが自社工場を持っていて製品は全てそこで作っているのか?外注ベンダーをいくつか持っているのか?は知りませんが、想像するに、このBALCSは「安かろう悪かろう」な外注に作らせているのかな?と思いました。

まだまだ細かい所はありますが、ざっくりレビューは以上とします。

1万円強ならまあ納得、1万5千円以上だったら損した気分、1万円以下ならいい買い物、といった印象です。

個人的には、これから初期アフ装備を揃えようという方にははっきり言ってお勧めはしないです。
これを買うくらいなら、3分の1以下のコストで実物を調達できる56式弾帯を強くおすすめます。
新品ピカピカのトイソルBALCSよりも、30年前に作られた中古の56式弾帯一個引っ掛けたスタイルの方が確実にカッコイイ見た目になります。
56式は他の装備への使いまわしや、単純にサバゲ用品としても実用性がありますが、BALCSは初期アフ~初期イラク米軍特殊部隊以外はほぼ使用例が思いつきませんし、さらにサバゲ実用性は低いです。

BALCSを手に入れたい場合はSPECWARCOM等の良質なレプリカや、条件の良い実物と出会えるのを待つ方が懸命と思います。
トイソルレプリカの出現のおかげで、実レプ問わずBALCS全体の相場は落ち着きを見せてきている印象ですので、その意味でトイソルレプリカの恩恵にあずかるが吉と思います。

ただ、トイソルBALCSも汚したり工夫すれば質感は出せるかもしれませんので、その見極めは今度実施する予定です。
サイズ感はなかなかどうにもなりませんが。
また、実物では勿体無くて出来ないがっつりカスタムを施すベースとしても使い出がありそうです。

総じて「初期アフちょっとかじってみよう」という向きには56式弾帯の方があらゆる面で優れており、「がっつり初期アフやろう」という向きには出来がイマイチという、なんとも中途半端なレプリカという印象を持ちました。
ただ、このレプリカ含め5着もBALCSを持っている結構特殊な人間の感想なので、あまり参考にならないかもしれませんが(笑)

このままでは他に控える4着のBALCSを差し置いて着る機会はまずなさそうなので、汚してみたりカスタムしてみたりして色々遊んでみようと思います。

お読みいただきありがとうございました。  


2018年07月19日 Posted by 4039  at 23:42Comments(2)装備SPEAR BALCS