PMCのお勉強&ジョークグッズDIY



ギアフェス東北の帰りのバスでBucket Head氏とハート・ロッカー話をしてから、ふつふつとPMC熱が進行しています。
2000年代中盤あたりのPMC装備は、初期アフODAに通ずる「現場感」的なラフさがあると思います。





一口にPMCといっても玉石混交だったようで、ブルジョアな装備と特殊部隊出身者のような経験豊富な社員で構成された会社もあれば、銃を触ったことも無いような人を面接一発で即採用して、貧乏臭い装備で運営する会社もあったそうです。
いい加減なPMCの中にはきっと、デッドプール的なノリでピーターみたいな人も採用していたのではないでしょうか(笑)





当然サービス提供額もピンキリだったわけですが、顧客も政府の要人から、下請けの下請けのそれまた下請の建設業者のような所まで千差万別だったようなので、安かろう悪かろうなPMCも需要があったようです。
まだまだ勉強途中ですが、そのあたりの企業ランクも想像しながら装備を構成すると、リアルな感じを出していけるのかな?と思っています。

ちなみに「ハート・ロッカー」のPMCも装備していた中国の56式小銃は安かったようで、実際のPMCも結構使用していたようです。
AK系は製造国によって相場が大きく違ったそうですが、本体も弾も全体的に安価だったようです。

ハート・ロッカー劇中の56-1式。


56式を携える本物PMCコントラクターだそうです。


軍隊と違いPMCは利益を出す事が目的の企業なので、経費がかなり考慮されて装備が選ばれていたという視点は、私がいつも目指している軍隊、とりわけ精鋭の特殊部隊装備においてはほぼ意識しないので新鮮に感じました。
装備に「ケチってる感」を出すことで、所謂「サバゲーマー装備」に見られないPMC装備としてのリアリティに一役買いそうですね。

何にせよ、大好きなリアルソードの56式が堂々と使える装備として「貧乏PMC」は個人的にかなりストライクなカテゴリになりつつあります。

PMC装備を志してから、56-2式が欲しいものリストの上位にぐいぐい食い込んできています。


ちょっと前まで超絶かっこ悪いと思っていた「スコップの柄ストック」が今の私には輝いて見えます。
恋は盲目といったところでしょうか(笑)
世間一般的には「かっちょ悪いことこの上ない」という評価と思われ、リアルソードのモデルの中では比較的安価に取引されているのも魅力です。
手にせず廃盤になったら一生後悔すると思うので、早めに手に入れておこうと思う今日この頃です。

あとはアメリカ以外の出身という設定等を考慮すれば、G3やFALなんかも違和感なさそうですので、米軍装備では持てなかった銃が選択肢に入ってきて夢が広がりますね!

ちなみにこの方はG3を持っていますが米国人だそうです。

前回の記事で少し書いた「シャドウ・カンパニー」のDVDも無事に入手し一度見ましたが、お金のないPMCは社用車は普通のSUV等に自作の装甲版を付けていたそうです。
DIYで鉄板を張り合せて工面すると、コストが10分の1で済むという話が出ていて面白かったです。




内容は非常に興味深い話ばかりでしたが、如何せんひたすらインタビューでしかもみんな早口なので、一回見ただけでは字幕を追うのが精一杯で全然咀嚼しきれませんでした。
劇中の装備映像分析も含め、時間を掛けてゆっくり楽しもうと思います。

そんなPMC研究を進めている傍らで、ユルゲ3向けにジョークグッズを1個作ってみました。
前回の記事にも書きましたが、PMC社用車の後部にはよく警告看板が貼ってあります。



今回、100均の材料でこれを作ってみました。
モデルにしたのは映画「ルート・アイリッシュ」で出てきたこの看板です。


材料は下記を調達しました。324円也。


・家具デコレーションステッカーシート
・水性マーカー(赤&白)

なぜステッカーなのか謎だと思われるかもしれませんが、要は「白くて折り目が無く、マーカーで書ける」物ならなんでも良かったのです。
当然裏返して使います(笑)


45×35cmという丁度良いサイズで、裏面は画用紙より少しツルッとした紙で、素晴らしい質感です。
このステッカーを作った人も、まさか裏面にでかでかと「DANGER」なんて落書きされるとは夢にも思わなかったことでしょう。

画像を参考に、全体のバランスを見ながら鉛筆でアウトラインを描いていきます。
その後、マーカーでなぞって色を塗っていきます。



英語の下にあるアラビア語?なんてどっちから読むかも知りませんので、完全に「絵」という認識で描いていきます。
今回の作業のお供はラジオ番組「伊集院光 深夜の馬鹿力」です。


私は通勤時間や入浴時間等に芸人のラジオ番組(ジャンクやANN)を聴いているのですが、今回の塗り絵のような「頭は使わないけど目と手は集中しなければいけない」作業とラジオの相性は抜群ですね。
伊集院光さんに笑わせてもらいながら、1時間弱で出来上がりました。


シートだけではコシが足りないので、裏面にダンボールを貼り合わせて完成です。
少し文字バランスが悪いですが、まあジョークグッズですし自分の中では及第点とします。
最後にタミヤのスプレーで砂汚れを再現し完成です。


車の後部にナンバープレートが隠れるように配置すれば、私の車がオンボロということもありいい味が出そうです。

(以前記事で少し書きましたが、91年式のゴルフ2です)

ちなみにネットで画像を調べていたら、この看板を模したアクセサリーを見つけました。



誰が買うのか知りませんが、とりあえず何でも商品にしたもん勝ちですね(笑)

ユルゲはゲーム面がゆるい分、色々な方とお話ししたりこういう物で遊ぶ時間がしっかり取れるので、個人的には非常に楽しいです。


今回はフリマ的な催し等もあるようなので、どのような進化を遂げるのか楽しみです。
暑い時期は体力的にゲームばかりやっていられませんので、夏×ユルゲは相性がいい気がします。
早々に梅雨明けはしましたが、当日は天気に恵まれるのを祈るばかりです。

お読みいただきありがとうございました。





同じカテゴリー(PMC(PMSC))の記事画像
ユルゲ3参加装備 PMC編
ユルゲ3
PMCのお勉強「ルート・アイリッシュ(映画)」
今更のハート・ロッカーPMC装備考察
同じカテゴリー(PMC(PMSC))の記事
 ユルゲ3参加装備 PMC編 (2018-07-13 22:14)
 ユルゲ3 (2018-07-10 00:01)
 PMCのお勉強「ルート・アイリッシュ(映画)」 (2018-06-25 23:09)
 今更のハート・ロッカーPMC装備考察 (2018-06-13 00:26)

2018年06月30日 Posted by 4039  at 22:22 │Comments(4)PMC(PMSC)自作,DIY100均

この記事へのコメント
こんばんは。
ユルゲ準備に精が出てますね!私は装備系ゲーマーではないので、自分が参加するのではなく皆様のレポートを見て楽しませていただいておりますm(_ _)m
PMCのAK人気は揺るぎないようですね。以前にイギリスのPMCが「信頼性が高く、なにより入手しやすい」という理由でAKやRPKを仕入れて自社ガンスミスの手でカスタマイズしているのを見ました。PMCのAKは、営業マンの日産ADみたいな感じでしょうか。
PMCといえばトラヴィス兄貴も在籍していた某黒水社ですが、イラク帰りのGIが「あんな奴等の名前も聞きたくない」と言うほど嫌っていたので、悪行の限りを尽くしたんでしょうね。
ソフトアーマーにラフな格好でAKを振り回すのも、金に糸目をつけない最新装備に負けないぐらいカッコいいと思います。研究頑張ってください!
Posted by m14gbbshooterm14gbbshooter at 2018年07月01日 00:37
コメントありがとうございます。

AK小話ありがとうございます!
自社でガンスミスを抱えてたりしたんですね。まだまだPMCのAKは奥が深そうです。

言葉の通り、PMCにとって彼の地はまさに無法地帯だったようですね。
色んな意味で有名なブラックウォーター社は避けては通れないと思っていますので、しっかり勉強にしておこうと思います。
Posted by 40394039 at 2018年07月02日 07:56
いつも勉強させていただいております。

サバゲを始めた時はなんちゃてPMC装備してハイサイクルで弾撒いて喜んでました。今思うとかっこ悪い限りですが。
4039さんがPMC装備の考察をされているので、私も良い機会と思い勉強したいと思います。
「シャドウ・カンパニー」も取り寄せて先週見ました。
早口で字幕が流れていくので、何度も止めて見返さないとついて行けませんでした(-_-;)
PMC考察楽しみにしています。
Posted by AKIAKI at 2018年07月03日 11:22
コメントありがとうございます。

シャドウ・カンパニーご覧になったんですね!
字幕追いつけませんよね(笑)

ちなみに5月の「ホースソルジャー祭り」の際に記事(http://lbzaku.militaryblog.jp/e922625.html)に少し書いたRobert Young Pelton氏がインタビューに出てきてなんか感動しました。
今更知りましたがこの界隈では有名な方のようで、PMCに関する著書も日本語訳されて出版されておりましたので、今度読もうと思っています。
これからも初期アフやりつつPMCも考察を深めていきますので、よろしくお願いします。
Posted by 40394039 at 2018年07月03日 23:31
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。