OPERATION MOUNTAIN SWEEP



今回はちょっとした映像を見たのをきっかけに表題の作戦について少し調べましたので、記事にしようと思います。
下の映像は2002年8月25日にAP通信が報道したニュースです。


「Operation Mountain Sweep」と銘打たれた作戦ですが、8月18日から26日に実施されたアフガニスタン東部でのアルカイダのメンバーおよび物資の捜索を目的とした作戦だったようです。
参加した部隊は第82空挺師団、レンジャー、その他特殊部隊や航空支援等のようで、かなり大規模だったようです。   

下記参考にしたサイトです。
URL
https://www.globalsecurity.org/military/ops/oef-mountain_sweep.htm
http://www.aparchive.com/metadata/youtube/e7b4ff277905e66bf0e2764313633c33

この作戦にグリーンベレーも参加していたと思われます。
ニュース映像を見ていると、初期アフ好きの方ならよく見覚えのある人物が登場します。



トップ画にもしましたが、この方ですね!



この番組中では「Commander Jeff」と呼ばれていますが、Getty Imagesの解説では「Commander Geoff Bruce」とあります。
発音はどちらも「ジェフ」ですが、どちらの綴りが正しいかは分かりません。

Geoff氏は19th SFG所属と思われます。
根拠となりそうな情報はいくつかありますが、下記写真も一根拠です。


左から2番目にいるおじさんは、以前考察した「Profiles From The Front Line」に出てきたRandy Watt少佐です。
この方は雑誌の表紙を飾るほど色々なメディアに露出しておりますので、様々なサイトに書いてある経歴も信憑性が高いと思われます。
上記番組中にもあるように、このRandy少佐は19th SFGのいずれかの中隊の中隊長のようです。
そしてこのRandy少佐の後ろに立っている隊員がGeoff氏と思われます。

ちなみに過去記事に書きましたが、手前の隊員と奥の隊員も同番組中に19th SFGの密着場面で登場しています。



したがって、同じ場所に写っているGeoff氏も19th SFGのどこかのODAの指揮官と推測できます。
ちなみに一部のサイトではODA924とされています。
これを信じれば第1大隊ブラボー中隊ということになりますね。
そうなるとその隊員と作戦会議をしていたRandy少佐は第1大隊ブラボー中隊の中隊長だったのかもしれません。
またそうなると、以前記事にしましたが、Randy少佐と共に戦闘に参加して負傷したとされる下記写真のLayne Morris軍曹も第1大隊ブラボー中隊の隊員だった可能性が高いです。


参考URL:https://en.wikipedia.org/wiki/Layne_Morris

ちなみに同じ19th SFGで有名なODA961は第2大隊チャーリー中隊です。




もうひとつ有名な19thのODAとして、自伝も出版してメディア露出の多いRegulo Zapata氏はODA995ですので、第5大隊チャーリー中隊ですね。





第3大隊じゃないの?と思われる方もいるかもしれませんが、19th SFGは当時第1、第2、第5大隊の構成だったようです。
欠番の理由はわかりませんが、ODA995に所属していたRegulo Zapata氏が自分で書いた本に「第5大隊に所属していた」と書いてあるので間違いないでしょう。


私はこの本を読んでいて冒頭に「5th Battalionに所属していた」と出てきたところで、「当時のSFGって3個大隊じゃないの???」といきなり小1時間頭を抱えて悩みました(笑)
19th SFGが第1,2,5大隊構成というのは下記Wikipediaに記載があり、本の内容と合致したのでそれで納得としました。
Wikipedia「アメリカ陸軍特殊部隊
こんな調子なので、一向に読解が捗りません(苦笑)

ちなみにODAの3桁表示の意味は以前記事にまとめましたので、よろしければ下記で復習ください。
記事リンク:「ODA 3桁表示の意味

19th SFGは州兵のためかわかりませんが、装備が(良い意味で)野暮ったく個性的で個人的にファンなので力を入れて調べているので、大分解明が進んできた感があります。
今回話題にした写真が本当にODA924だという裏をもっとしっかり取りたいところです。

というわけで、このOperation Mountain Sweepに参加したグリーンベレーは19th SFGと推察できました。
したがって本作戦時と思われる下記写真達は2002年8月18~25日頃に撮られた19th SFGの写真と考えられますね。
ちなみに下記写真達はGetty Imagesのサイトで撮影日や場所が記載されており、Operation Mountain Sweepの作戦地域、日程と重なるので信憑性は高いと思われます。

真ん中に写っている方はGeoff氏と思われます。


この写真の左から3番目の方もGeoff氏と思われます。


どちらも顔の風貌に加え、M4の構成や塗装の掠れ具合、BALCSの肩部の謎の出っ張りが見分けたポイントです。
このダクトテープぐるぐる巻きの肩の出っ張りはどうなっていて何の為なのか?未だ謎です。
(肩パッドのベルクロ剥がれ防止にダクトテープ巻きは他の写真でも散見しますが、BALCSの構造上こんな出っ張りは出ないはず...。)


上の3人並んで歩いている写真は「夏の初期アフ装備といったらこれ」といえるほど代表的な写真ですね。
WL BALCS、WL ELCS、Bijan'sニーパッド、LC-2ベルト、サファリランド6004、ベースボールキャップ、H-250、シュマグ、塗装されたSOPMOD M4と、まさに鉄板アイテムの見本市です。

ちなみに冬装備はこのあたりの2001年末の5thのイメージが王道でしょうか。





Geoff氏の写真の話に戻りますが、特徴的な柄のシュマグを巻いています。
この柄のシュマグをしている人が他のいくつかの写真で登場します。




2,3枚の写真に登場している、先ほど説明した会議中の写真の一番奥にいた下写真の隊員もこの柄のシュマグを着けていますね。


おそらく現地でまとめて調達したのか、現地人から贈られたものだと推測します。
何十、何百枚も同じものが在庫してあったとは思えませんので、せいぜい10枚程度だと考えると、この柄を着用している人は皆同じODAなのかもしれませんね(ODA924?)。

また、以前も記事で書きましたが、Geoff氏と上述の隊員は謎のチェストリグを装備しています。




赤枠で囲った部分からストラップやベースの仕様が微かに垣間見れます。
ポーチはELCSのものだというのは分かるのですが、それ以外は現状完全に謎です。
この時期は多種多様な個人装備が投入されていた上、最近の装備に比べて資料が乏しく、潰れてしまっているメーカーもあったりするので特定は困難を極めます。
この方々の装備を解明、再現するのが私の初期アフ道のひとつの大きな目標になっています。
ことあるごとにこれらの写真を眺めて、新たなひらめきを長い目で期待しようと思います。

私はサバゲで着る装備を考える際、ミリフォトの人物そのものを再現する事にはあまり執着せず、「辻褄が合っているオリジナル構成」を目指しています。
(想定した部隊や妄想した設定で明らかに不自然だったりオーパーツだったりしない装備)
なので今回のように、何年何月、どの部隊、どの場所でどういう作戦行動をしていたかまで信憑性の高い情報がある写真は資料として非常にありがたいです。

今週末もまだまだ暑いと思いますが、「平成最後の初期アフ夏の陣」として、気合いを入れてがっつり着込んでゲームしてこようと思います(笑)

お読みいただきありがとうございました。  


2018年08月31日 Posted by 4039  at 23:53Comments(0)初期アフガンODAミリフォト

デザートストーム川越 参加装備



先日参加したデザートストーム川越定例会の装備をまとめておきます。

連日続く酷暑対策と、せっかく手に入れたので卸したいという気持ちから、ABAのアーマー着用をメインに据えて装備を考えました。





詳細なモデル名は勉強不足で不明ですが、初期アフODAのABAのアーマーの着用例は多数存在します。



特に有名なのは19th SFGのODA961に所属していたとされるカウボーイ氏の着用例ですね。


また、先日考察したドキュメンタリー番組「Taleban Patrol」に出てきた20th SFGと思われる隊員達も着用しています。


また、3CのSPEARと一緒に着用している例は私は見たことがないので、私は3rd、5th SFGあたりの隊員はあまり着用していなかったのだと想像しています。
以上の事から、ABAアーマーを使ったコーディネートはWLのSPEARと合わせて19thや20th SFGを再現するのがいいと考えます。

形状は肩部のベルクロが特徴的で、レプリカの沢山出ているPACA等で誤魔化す事が難しい上、ショップはもとより国内外のオークションでも滅多にお目にかかれず初期アフODAの中では再現難易度は高いと思います。
ただ、供給は少ないですが需要も少ないニッチなアイテムのため、見つければお安く手に入れられる事が多いようです。

私は数年間探した果てにタンカラーのモデルを入手、DIY染色して何とかこしらえることができました。



PACAのベルクロ縫い直し等も考えていましたので、難易度が低く完成度も高い染色に落ち着くことができてよかったです。

そんな数年越しの念願アイテムをせっかく手に入れましたので、早速卸してきた次第です。
定例会ですし、涼しさと手持ち資産の減価償却を第一目的に、買い足す物は無しで考察に関してはあまり肩肘張らずざっくり装備を組みました。


大まかなイメージとしては、先日考察したばかりの「Taleban Patrol」の20th SFGとされる隊員達を夏仕様にした感じです。



下記ざっとしたレシピです。
・ABAアーマー
・TAC-T MAV 1P
・GARMIN GPS12
・BHI デューティーベルト
・SAFARILAND 6004(M9)
・ストロボポーチ
・薄チョコT
・DCUパンツ
・NIKE ACG
・タトゥー柄アームスリーブ
・ボロキャップ
・ヒゲ
・次世代M4
・エアコキM9

MAVが大容量なので、マガジン携行から空マガジン処理、貴重品入れまで一挙に担ってもらいました。
本当は腰周り大腿周りは何も無しで実用上問題なかったのですが、6004装備したい欲に負けました。

それではめぼしいアイテムの詳細を書いていきます。

・ABAアーマー


すでに冒頭で色々書きましたのでもうあまり書くことはないです。
染色に関しては先日別途記事にしているので、よろしければ参照ください。
初期アフODA御用達 ABAアーマー

また、インナーは手に入れられなかった為、この時は100均一のお風呂マットを仕込んでいましたが、後日捨てるコートを切り刻みウール生地に換装しグレードアップしました。
お風呂マットはコシがありすぎる&軽すぎた為、重くしなやかなウール生地にしたことにより質感がアップしました。

汗を大量に吸い、壁等にも擦りつけましたが染めQの剥がれは皆無で耐久性はひとまず問題なさそうかな?と思います。


・TAC-T MAV 1P


6月のギアフェス東北でも着た装備です。
詳細は別途記事にしています。
初期アフチェストリグ TAC-T MAV

2001年製ファステックス、ユーティリティポーチがALICEスロット仕様なので、結構なレア物という認識です。
特にユーティリティポーチのALICEスロットに関しては中々出回っておらず、下記有名なミリフォトでしっかり映っているので所有満足度は高いです。



MAVのマガジンポーチはMOLLE2列に収まるコンパクトさながら、M4マガジンを余裕で3本収納できる上、ゴムバンド付きなので絞れば1,2本収納でもバタつかない優秀ポーチです。

これを4個装着しているのでMAX12本収納可能です。
2本×3個使い6本携行し、空いたポーチは空マガジン入れとして運用しました。

さらにユーティリティポーチもダンプポーチとしてちょうどいい容量な上、フタのベルクロはオンオフできます。
フタを内側にたくし込んで使用しましたが、2,3本であればダッシュしてもこぼれる事はなく十分実用的でした。
デフォルトでは両脇にこのユーティリティポーチが付いていますが、貴重品入れとしては密閉性があまりなく少し不安が残る為、片側はELCSのポーチに置き換え貴重品入れとしました。


MAVは軽量ですし着心地もいいので、軍装のみならずサバゲ実用装備としてもお勧めできる完成度と思います。
ポーチのMOLLEアダプターの使いづらさだけはどうしても許せませんが(笑)


・GARMIN GPS12




これもギアフェス東北で投入したアイテムです。
数ヶ月前のコンマガのホースソルジャー特集で見た瞬間にスマホを開き、買いました。
コンマガで出る前の相場は入札1件で1000円程度でした。
私はおそらく同じ考えの方とあらそい、倍以上になりました。

ミリタリーアイテムとして出品されている例は皆無で、リサイクルショップ的な所からのジャンクとしての出品が殆どだったので、コンマガ効果で急に相場が上がってびっくりしたかもしれませんね(笑)
まだ多く出回っているか分かりませんが、付属のポーチが非常にカッコよくアクセントになるので、イチオシ初期アフ小物です。
GERBERツールポーチやVELKETだと被りまくるし鉄板過ぎてつまらない、という方にはうってつけだと思います。

このGPS12に限らず、当時ハンディGPSは様々使われていたようなので、色々探してみるのもいいかもしれません。
etrex等は使用例がありますね。



20年前のGPSなど世間的にはただのガラクタなので(笑)、お安く手に入ると思いますのでおススメです。

・アームスリーブ


前回の記事で書きましたが、半袖時の草木、ナイロン擦れ対策で投入しました。
対策としての効果は抜群でしたが、外観に関してはカッコいいというよりは「ネタ感」が滲み出てしまっています。
みっともない付けヒゲを着けるよりなんか気恥ずかしかったです(苦笑)
おかげでセーフティでもスモークグラスが外せませんでした(笑)

両腕で違う柄を着けたのですが、左腕は「流石にこんな人いないだろ」レベルで柄が入りすぎていてリアル感的にはイマイチでした。


右腕は柄的には比較的抑え目で自然な感じですが、その分左腕に比べて面積の大きい肌色部が嘘っぽくなってしまいました。


ガチ装備に組み入れるのはもう一工夫が必要そうです。
柄の多少に係わらず露出させ過ぎると嘘っぽくなるので、DCUの下に着込んで袖を捲くった下に柄をチラ見せすればリアル感が出るのではと思います。
逆にリアルになり過ぎて、本当に入れていると思われてしまうと困ってしまいますが(笑)
涼しくなったらトライしてみます。

私の装備詳細は以上とします。
一緒に行ったBucket Head氏はまた独特なODA装備でした。



当日あまりの暑さでぼーっとして詳細を聞きそびれてしまいましたが、元ネタ写真を見せてもらい、高い完成度だった事は覚えています。
相変わらず人と被らず、しかし奇をてらい過ぎずな絶妙な目の付け所は流石です。
このような「一味違う」装備をしてくれる人は見ている側も面白く興味深く勉強にもなり、尊敬します。

元ネタが頭に何も被っていなかったので、付けヒゲ&素頭で撮影しましたが、意外と違和感がなく驚きました。
近くで見るとゴムバンドが丸見えですが、角度を考えて撮れる写真であれば十分自然に見えますね。これはいい発見でした。
詳細は後日氏のブログに書かれると思います(何ヵ月後かわかりませんが(笑))

H氏も久々に一緒にサバゲで遊びました。



もう3年近く同じ装備を使っており、見ているこっちがとうに飽きてしまっていますが(笑)、遂に今回ニューアイテムを投入していました。


ピエロ柄のフェイスカバーです。
メッシュガードの上に被せるようにして着用していましたが、中々インパクトがあり良かったです。
「ピエロの人」ですぐに覚えてもらえそうですしね。
定例会は基本何十人と「初めまして」でゲームをするので、このように「あからさまにイジリどころがある装備」はゲーム前のコミュニケーションのきっかけになり良い効果が見込めますよね。
スネ毛ボーボーでミニスカートのドギツイ女装等、あまり激しすぎると逆に引かれてしまいますが(笑)

私の付けヒゲも中々のイジられアイテムです。
今回もスタッフさんやチームでご一緒した方に色々声掛けしていただけました。
付けヒゲは着用される方が増えてきたのか分かりませんが、以前のように「失笑」「苦笑い」「愛想笑い」成分は減ってきて、純粋にお褒めくださる方が少し増えてきたように感じます。
6月のギアフェス東北や、SNSのアップされる写真でも付けヒゲ着用例は着実に増えてきている印象で、市民権を得てきたのかもしれませんね。
これからも引き続き付けヒゲ布教活動を進めていきたいと思います(笑)


定例会は所謂「当たり外れ」のリスクが知り合い同士の貸切よりも大きいですが、毎回新鮮な気持ちとメンバーで遊べるという楽しみは大きいですね。
これからも貸切ゲームやイベントと定例会をバランス良く楽しんでいこうと思います。

お読みいただきありがとうございました。  


2018年08月23日 Posted by 4039  at 00:44Comments(0)装備サバイバルゲーム初期アフガン

デザートストーム川越



先日、デザートストーム川越の定例会に盟友Bucket Head氏とH氏と参加してきました。


デザートストーム川越には今回で3回目の訪問になります。

午後から雨予報でしたが、どうせ暑くてロクにゲームできないのでちょうどよいと思っていたのですが、朝少しパラついただけでした。
逆に晴れ間まで出てきて風も無く、湿った地面からの湿気がものすごく、非常に過酷でした。
やっぱり真夏に外でサバゲするもんじゃないですね(苦笑)

そんな酷暑にも負けず、なんと100名近い参加者が集まっていました。
8月の定例会でこんなに人が集まったのは驚きました。
そしてこんな暑くてもサバゲしたくてしょうがなくて集まる人たちですから、とても上手い方ばかりで参りました(笑)

フィールドはかなり大型の部類に入ると思います。
キャットウォークを挟んで2つのエリアに分かれており、一つは建物が立ち並ぶ市街地エリア。



もうひとつは土塁が乱立する砂漠エリアです。
名前とは裏腹に、夏は砂漠感ゼロです(笑)



ちなみに冬は草木が無く、それなりに荒涼感が出ます。


夏はブッシュが非常に濃く、中々視界と弾が通らずやきもきしました。

両エリアを分断するキャットウォーク下が前線となりそこで数分間膠着し、右翼か左翼どちらかの戦線が崩れたチームがそこから一気に押し込まれるという展開が基本パターンになります。

数か月ぶりにフルオートで大人数戦でしたが、前線のバリケードに張り付くとひっきりなしに弾が飛んでくるのも臨場感があって、やっぱりこれはこれで風情があっていいですね。
大人数でフルオート戦というととかく膠着しがちで世間的にはあまり良いイメージは無いですが、前線一歩手前から戦況を確認したり、押し込むチャンスや増強すべきポイントを見極めて声を掛け合いながら立ち回っていると、いかにも「戦争ごっこ」してる感がして個人的には嫌いではないです。

スタッフの皆様も親切で非常にテキパキとゲーム回しをされていて気持ちがよかったです。
昼食のメニューも豊富ですし、屋台も出たりと、総じて初心者からベテランまで楽しめるバランスのいいフィールドだと思います。

そんな酷暑のデザートストーム川越でしたが、今回も初期アフODA装備で出動してきました。




暑さ対策で(初期アフにしては)軽量で風通しの良い構成で臨みました。
メインは先日手に入れて染色したABAアーマーと旧型TAC-T MAV 1Pです。
ABAは中身が100均お風呂マットなので、風通しは悪いですが非常に軽量です。
MAVも軽くて大容量なので快適でした。

今回のイメージソースとしては下記のような「黒アーマー+チェストリグ」の写真です。




また、今回初投入のアイテムとしてタトゥー柄のアームスリーブを投入してみました。


暑いので半袖を着たいのですが、半袖だと肌が硬いナイロンと擦れて不快だったり草木で擦り傷が出来たりしてしまいます。
その対策として着用してみました。
Amazonで何本かセットで数百円でした。
ストッキングのような伸縮性のある薄い生地なので防弾効果は望めませんが、上記の擦れに対しては効果てきめんでした。
また、汗を吸って速乾してくれるので、素手より快適でした。
肉眼でも少し離れればそこまで嘘くさくない感じとのことでした(友人談)。

腕を全部出すとちょっと柄が目立ち過ぎるので、長袖のDCUを捲った下にさりげなく見えるくらいがちょうどいいかもしれませんね。
冬場に防寒ついでにDCUの下に着けてみようと思います。

ただ着用にあたっては、普段こんな気味悪い付けヒゲを着けている自分ですらちょっと恥ずかしかったので、それなりに精神力が必要と思います(笑)
実用性のみなら黒色やカモフラージュ柄のスリーブの方が無難ですね。

装備の詳細は次回の記事でまとめようと思います。

あとは入口にハンヴィーが駐車してあるのも「映えポイント」としてありがたいところです。


ハンヴィーの傍らにはかわいらしいミニジープもありました。


実際に走行もしていてとても楽しそうでした。

「埼玉の雄」というべき老舗のデザートストーム川越ですが、12月中旬をもって閉店されてしまうそうです。
東京の西の方に住んでいる私としては、貴重な「23区を横断しなくていいフィールド」だったのでとても残念です。
閉店される前にもう一回くらいは訪れておきたいです。

お読みいただきありがとうございました。  


2018年08月16日 Posted by 4039  at 22:23Comments(0)サバイバルゲーム初期アフガン