あの初期アフおじさんの帽子とか



いつものように余談から入りますが、いつの間にか「4039」でGoogle検索すると一番上に当ブログが出てくるようになりました。

今までは「4039」では全然ヒットせず、友人知人にブログをやっている事を話す時に「大変お手数ですが、数字の4、0、3、9にアルファベットでJ、E、T、T、I、N、G、Sで検索してみてくださいどうかお願いします」と言ってサイトを見つけてもらっていました。
しかしこれからは「とりあえず「4039」ってググってみ。ああ、その一番上のがオイラのよ。」と、くりぃむしちゅー上田ばりのドヤ顔で言えますね!(笑)
これからもGoogle先生に「4039」の一番候補としてもらえるよう精進していきたいところです。
というか、もしかしてアカウントによって検索実績を学習していて、人によって検索結果が変わるとかあるんですかね?だとしたらエライ赤っ恥をかきますね(笑)

そんな一抹の不安を残しつつ、そろそろいつものようにニッチな初期アフ談義を始めていきたいと思います。
先日、はるばる太平洋を渡って表紙の写真のアイテムが我が家にやってきました。

ある有名な写真に写っているアイテムです。
ほとんどの方がもうお分かりだと思いますが、この写真ですね。


BALCSへVELKETを付けている例としてしょっちゅう出てくる写真ですね。
お名前はJames Michael Mauldwinという方だそうです。
この方の詳細はまた後日記事にしたいと思います。

この写真の帽子をアップにしてみます。


「Budweiser Racing」と書いてあるように見えます。
そこで、国内オークションサイトやネット画像検索してみると下写真の柄の帽子がわんさか出てきました。


物としての立ち位置は同じだと思いますが、なんか旗が描いてあってデザインが違います。惜しい!
どうやら氏の被っている帽子は旧型のようです。
「同じ製品なんだけど新旧型違いで苦しむ」のはオールド装備あるあるですね。

そこで国内調達は諦め、ebayで調べると見事見つかりました。


そこそこ汚い中古品でしたが、国内で新型を新品で調達するより3倍近いコストが掛かりました。
おそらくタダで配っていたようなノベルティ的な物だと思われるものに数千円も出すなんて、因果な趣味ですよね。
しかしここは据え膳食わぬはなんとやら、手に入るチャンスを掴んでしまったからには手を出さないわけには参りませんね!

そんなわけで我が家にお迎えした次第です。
初期アフ装備用にキャップはいくつか持っていますが、これは使用例がある上そこそこレアっぽいので重宝しそうです。
早くこれ被ってサバゲがしたいです。

キャップといえば前回の記事で書いたRobert Richmond氏はMLBのロサンゼルス・エンゼルスの物を被っていました。



ミリタリーアイテムとして調達するわけなのですが、そもそもメジャーリーグというか野球全般に疎いのでなんか気が引けます(笑)
年代によってデザイン等も違う可能性もありますし、そういう意味でも安易に手は出しづらいです。
あと赤はサバゲで目立ちすぎる上、自分が黄色チームになると誤認の関係で使えませんしね。
そういえばどこかの定例会でくまのプーさんの着ぐるみを着ている方がいて、スタッフがこのプーさんを赤チームにするか黄色チームにするかで頭を抱えていた一幕を思い出しました(笑)

また、我らが「チーム若年寄」メンバーも流石というべきか、中々ツウなキャップを持っています。
まず、80年代モノのいつ破壊してもおかしくないファステックスを開け閉めする時の「今回こそ割れるんじゃないか」というドキドキがたまらなく興奮するという変態であり、チーム筆頭のMUNAGE師匠のキャップです。


かなり古いC-MOREのキャップです。
やつれ具合といいC-MOREというチョイスといい、超シブイです!
字体といい色といい、素晴らしい存在感ですね。

次に我が盟友Bucket Head氏のイチオシキャップです。


これまた古ーいメカニックスのキャップです。
グローブは多くの方がはめていますが、キャップを持っている方は少ないのではないでしょうか。

このキャップですが、映画好きの氏らしく映画オマージュアイテムなのです。


メジャー級ミリタリー映画「ハート・ロッカー」のPMCがメカニクスのキャップを被っています。
色等は微妙に違いそうですが、このキャップに注目し判別し、さらに調達できるところが流石です。
オールド、映画、PMCという涎が止まらなくなるキーワード属性を持つアイテムなので非常にうらやましいです。

キャップの種類はミリフォトでも千差万別なので、今後もちまちま揃えていきたいところです。

もうひとつはBHIのM4レッグマガジンポーチです。


タグとファステックスの仕様を見る限り、初期アフ時代適合品と思われます。
長いこと欲しかったアイテムなので嬉しい限りです。
しかも他のBHIポーチが何個もセットになって、ど安い価格で手に入りました。

このポーチ、というかこの頃のナイロン全般に言えるかもしれませんが、EAGLEにもほぼ同じポーチが存在します。


両社はM4ポーチといいバックパックといいチェストリグといい、なんでこんなそっくりな物を作ってたんでしょうね?

見分けるポイントとしてはマガジンの入る袋の部分の長さが分かりやすいでしょうか。
EAGLEの方はマガジンがすっぽり隠れますが、BHIの物は半分くらい側面が露出します。
私が知らないだけで、他の仕様も存在する可能性もありますが。

James Michael Mauldwin氏の写真を見てみます。


なんか手前にプレート状の小物を挟んでいるせいで見づらいですが、袋は深いように見えます。
また、太腿ストラップの伸縮するゴム部分とナイロン生地とのX字の縫い合わせの部分の感じからするに、EAGLE製の方が近い気がします。
というかEAGLEでもBHIでもない可能性もありますが、少なくとも今回私が調達した物はこれとは違いそうです。

変わりに、この方の着けているポーチと同型に見えます。


当ブログでしょっちゅう取り上げているLayne Morris軍曹の写真ですね。
ちなみにこの方の他の写真数枚やインタビューも見つけているので、後日記事にしようと思っています。

他にもこの手のM4レッグポーチの使用例はいくつもあったと思いますので、足回りの装備バリエーションが広がる非常にいい買い物をしました。
サバゲ実用性も確かめてみたいので、早くゲーム投入したいところです。

お読みいただきありがとうございました。




同じカテゴリー(装備)の記事画像
マルヤマブートキャンプ
初期アフリストコンパス問題 解決編PART2
初期アフリストコンパス問題 解決編
ナショジオODA装備 in サバゲーバイキング
Mechanixグローブ年代考察
GARMIN Foretrex101 予習
同じカテゴリー(装備)の記事
 マルヤマブートキャンプ (2018-12-10 23:50)
 初期アフリストコンパス問題 解決編PART2 (2018-12-04 00:29)
 初期アフリストコンパス問題 解決編 (2018-11-28 21:38)
 ナショジオODA装備 in サバゲーバイキング (2018-11-25 20:45)
 Mechanixグローブ年代考察 (2018-11-14 22:59)
 GARMIN Foretrex101 予習 (2018-11-11 23:13)

2018年09月24日 Posted by 4039  at 21:17 │Comments(2)装備初期アフガンODAミリフォト

この記事へのコメント
先生!
憧れのBHIのレッグマガジンじゃないですか〰️
超カッコいいです!
羨ましい〰️
自分もいつか手に入れたい1品です
Posted by tom69beard at 2018年09月25日 18:25
コメントありがとうございます。

そうなんです!やりました!

ストラップの滑り止めゴム部分が劣化してパリパリ落ちてきますけど、
激安だったんでホクホクです。
Posted by 40394039 at 2018年09月25日 20:19
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。