ヴァルハラ




先週の土曜日に千葉のフィールド「ヴァルハラ」定例会に友人と3人で参加してきました。
人数は60人程度で、フィールドの規模的にはこれ位が快適に遊べる上限といった感じでした。
私は当フィールドは1半年振りの2回目の参加となります。

フィールド所感を書いて行こうと思います。
ヴァルハラの一番大きな特徴は、フィールド中央部に壁に囲われた「進入禁止エリア」が存在することです。
写真のような壁に囲われた大きな区画が進入禁止になります。



進入は禁止ですが、エリア越しの射撃はOKなので、思わぬ射線が通る箇所がいくつかあります。


フィールド全体としては高低差がほぼ無く、開けています。


所々バリケードが点在しています。





本格的な塹壕もあり、気分が盛り上がります


狭い範囲ですが背の低い木々が生い茂る林エリアがあります



フィールド中央に鎮座する進入禁止エリアの存在により、まずスタート時に「右回りか左回りか」を判断することになります。
あとは基本一本道を進み出会った敵と正面衝突、というシンプルな展開になりがちです。
毎度2正面で押し合いというシンプルな戦況なので、状況把握は容易です。
動線が大きく制限され、見通しも良いため50人も参加者がいれば迂回や裏取りはほぼ不可能です。
バリケードは程よくありますが、視線は遠くまで通る程度の密度なので、基本遠距離でお互いを認識して撃ち合う場面が多いです。

このようなフィールド構造により、下記のような一長一短があると私は考えています。

長所
・敵がどこにいるかすら分からない状況で討ち取られる場面は少なく、モヤモヤしながら退場しなくて済みます。
・基本正面同士の戦闘なので、援護射撃や声掛けで連携してジリジリと前線を上げるという楽しさが味わえます。
・戦況が誰でも把握しやすいので、無線機を装備した味方で右と左に分かれれば、有利な正面に増援して力押しや、ピンチの救援に行ったり等で共闘感を味わえます。
・進入禁止エリア越しの射線は意識していない方向からの奇襲になるので、良いスパイスになっています。
・純粋な射撃のテクニックや銃の性能で有利に運べる場面が多く、磨いたテクニックや手間隙かけたカスタムが戦果に直結します。


短所
・迂回や裏取りの選択肢が皆無なので、ただただ撃ち合いに終始するゲームが多く、飽きがきやすいです。
・基本正面同士の押し合いなので、ぶつかった戦力が拮抗していると膠着してそのままゲーム終了となります。
・見えているけど実は弾が届いていない状況が多く、有効射程の距離感に慣れていない人は「当たってんじゃないの?」とやきもきする事があります。
・射撃の腕と銃の性能差がはっきり出るので、腕も銃も発展途上の初心者の方にとっては辛いものがあると思います。

上記のように、フィールドの特徴からくる要素を良しと思うか悪しと思うかで、評価は分かれると思います。


次にゲーム内容です。
最初、復活無制限戦を裏表実施しウォーミングアップ&フィールド慣熟。
その後は各陣地を回しながらひたすらフラッグ戦で復活無しor制限付き復活、フルorセミ制限等のバリエーションでした。

スタート時に両陣営左と右に戦力を振り分けますが、ぶつかる相手との戦力差が無いと膠着し、ある程度戦力差があると突破しフラッグゲットというのが基本的な展開でした。
両正面とも戦力差が無く、膠着してしまうとやりようが無く、そのまま弾と時間を浪費して終わるので不完全燃焼な感は否めませんでした。

逆に彼我の左右前線戦力がアンバランスで両前線とも戦力差がある試合では、突破する側であっても押し負ける側あっても、戦況に動きがあり楽しかったです。
突破する側になったゲームで運よくフラッグゲットできました。



実は前回来た時もフラッグゲットできたので、私はこのフィールドとの相性がいいのかも知れません。


最後に運営の印象です。
まず弾速チェックはフィールドが用意した弾を銃に装填して測定しており、かなりしっかりしている印象でした。
時間は掛かりますが、不正対策としては高い効果が望めるので良い判断だと思います。
(チェック後隠れてばね交換等をされればアウトですが、、)

朝のブリーフィングは長時間に渡りましたが、丁寧で誠実な説明と適度なジョークも挟みつつ好印象でした。

「明快なヒットコールは大切な事だよ」と伝えたいフィールドの想いが随所に見て取れ、素晴らしいと思いました。
特に戦闘中にヒット者に対してスタッフが見える限り必ず「ナイスヒットコール!」と賞賛していて、清清しい気持ちになりました。
「ヒットされたら相手と周りに分かるように示して、邪魔にならないように速やかに退場する事は、一緒にプレイしている人への礼儀である」という事を改めて意識させてくれました。

私は自分を撃った人が「1キルできた」事をしっかり認識できるよう、いつも大きなヒットコールと一緒に射線の先に手を振ってアピールします(逆の立場でそうしてくれると嬉しいからです)。
バリケードに引っ込む瞬間等に被弾した際、相手が自分をキルできたかちゃんと分からせないでそのまま退場してしまう方がいますが、逆にそれをやられたら嫌ではないのかな?と思ってしまいます。
ヒットコールの所作はその人の人間性が丸出しになる瞬間だと思いますので、いつも色んな方のヒット時の対応を観察しています(笑)


シンプルな構造故に、良くも悪くも分かりやすい展開&正面きっての銃撃戦が多くなるフィールドだと思います。
親切で丁寧なスタッフによる安定感のある運営で、セーフティエリアの居心地や水周りの設備、駐車場の規模等は快適で全くストレスを感じない水準だと思います。
500円割引券も毎度いただけるので、また折りあらば遊びに行きたいと思います。

お読みいただきありがとうございました。  


2017年06月30日 Posted by 4039  at 00:32Comments(0)サバイバルゲーム

シュマグ染色



今回はどのご家庭にも1枚は必ずある「シュマグ」に施した加工について書きます。

私は銃や装備品の「使用感」を演出するために敢えて汚したり、エイジング加工を施すことが多いです。
模型用塗料や「との粉」を使って土や砂の表現をしたり、ペーパーを掛けて色を落としたり傷を付けたりします。

使用している模型用塗料はラッカースプレーやウェザリング用のペン、ウォッシング用のエナメル塗料、パステル等模型工作では一般的なものばかりです。
中でもタミヤの「ウェザリングスティック」は非常に手軽に土、砂汚れが再現できるので重宝しています。


適当に塗って指で延ばしたり、手に少量付けて塗りつけるだけでいい感じに仕上がります。



また「との粉」はナイロン装具等に振り掛けるだけで完璧な砂埃表現ができます。
しかし定着せず舞い落ちるのが困りモノです。


しかし、シュマグに関しては肌に直接、しかも口元に来るものなので塗料やとの粉は使えません。
洗濯もしますしね。

そこで私が考えついたのが「コーヒー染め」です。
食品であるコーヒーであれば、体に悪影響無くシュマグの雰囲気を増せると思いました。
用意したものは下記です。
・粉末コーヒー(100均)
・食塩
・水
・鍋

シュマグは白黒のものを持っていますが、白がキレイすぎて他の装備から浮いてしまうのが悩みでした。
色比較のため&首に巻くボリューム感を落ち着かせるために半分に切りました。


鍋に水を張り火をかけ、コーヒーを適当に入れます。
飲むわけではないので世の最低限のコーヒーでOKです。
私は100均で売っている中で、さらに一番内容量の多いものを選びました。


コーヒーが溶けたらシュマグを漬け込み、10分ほど煮込みます。


次に火を止め、食塩を入れかきまぜます。


食塩を入れることで色止めの効果があるそうです。
食塩が全て溶けたくらいでシュマグを取り出し、水で数回すすぎます。
後は乾燥させれば完成です。


写真では分かりづらいですが、白の部分がうすら茶色くなり、ほのかなコーヒーの香りをまといました。
茶ばんだおかげで、他のばっちい装備たちとの親和性がグッと増しました。
洗濯を繰り返すとまた眩しい白さを取り戻してしまうかも知れませんが、お金も手間も掛からないのでまた染め直せばOKですね。

大きい鍋さえあれば、BDU等も染められると思います。
染色料によってはナイロンも簡単に染められるようなので、染色は装備加飾の展開を大きく拡げる可能性を秘めているかもしれません。

お読みいただきありがとうございました。
  


2017年06月22日 Posted by 4039  at 21:24Comments(0)鉄砲小技紹介

「ホロサイト」 レプリカ



「ホロサイト」に関して前回の続きです。
前回は実物の原理等をまとめました。
前回の記事「「ホロサイト」」

今回は私の所有するレプリカについて書いていこうと思います。

「ホロサイト」のレプリカは軒並み形状のみの再現で、作動原理は「ドットサイト」と同じです。
(ホログラフィーを用いたレプリカは私は見たことがありません)

この記事では米軍での採用実績の多いEOTech社のモデルについて書いていきます。
EOTech社のモデルは多岐に渡りますが、グリーンベレーで使用されているのを多く見かけるモデルは下記と認識しています。

モデル551



下の552を短くしたようなずんぐりむっくりの形状です。
2000年代前半から使われているイメージです。
同じく米陸軍特殊部隊のデルタフォースでも使用例をよく見かけますね。


電源は単5電池×2本ですが、レプリカではLR44のボタン電池対応のものが多いようです。
LR44は安価なので助かりますね。


モデル552



私の中ではEOTech社のホロサイトといえばこの552がイメージされます。
こちらも551と同じく、2000年代前半からすでに使われているイメージです。

電源は単三電池、レプリカも同じく単三電池のモデルが多く、
エネループ等を使えばランニングコストに関しては非常に安価なので、サバゲ事情的にも都合がいいですね。


モデル553



551と552の中間の長さで、他の2モデルより背が高いです。(視界をM4のフロントサイトの干渉から避けるため、とどこかで聞いた記憶があります)
また、ピカティニーレールへはクイックスルーレバーマウントでワンタッチ着脱できます。
SOPMOD BLOCK2 KITにある装備なので、支給が始まった2000年代中盤以降あたりから今でも余裕の現役の認識です。
グリーンベレーで使われている色はタンカラーが圧倒的に多いです。

電源は実物はCR123A×2本ですが、レプリカは単四電池のものが多いです。
CR123Aではランニングコストが高いので、これもありがたい変更ですね。


モデルEXPS3



551を更にずんぐりむっくりにしたような形状です。
電源はCR123A×1本です。レプリカも同じ仕様が多いようです。
私にはCRYEやPATAGONIAのコンシャツ&コンパン、ナイロン装具も基本マルチカムの隊員の銃器に付いている、ここ数年に使われ始めた程度の曖昧なイメージしかありません
(2010年~最新装備の知識はかなり不足気味です。。)


上記4モデルが、グリーンベレーで多く使用されているホロサイトという認識です。

レプリカは上記どのモデルも数千円~で市場に溢れております。
格好だけであれば入手には全く困らない状況ですが、光学サイトはサバゲでも重要な実用品のため、性能が伴っていないといけません。

私は552、553に関しては複数社のレプリカを試しましたが、ハリケーン社製以外のものはサバゲでは使い物になりませんでした。
ネットで調べる限り、551やEXPSも同様の傾向のようです。

ハリケーン社製以外のものは、
・レンズの反射がキツすぎる
・視界が暗すぎる
・レクティルの光量が低すぎる
・調整幅が足りずゼロインできない
等でサバゲでまともに使えません。
(光量に関しては高輝度LEDに換装したり電池の電圧を上げたりして頑張ったりしましたが、徒労に終わりました。。)
しかも製品個体差の当たり外れが大きいというのもよく耳にします。
安価なレプリカに手を出すと「安物買いの銭失い」言葉通り体験できますよ(笑)

ハリケーン製のレプリカは高額ですが(中古でも1万円切らない)、高品質で安心してサバゲで使えます。
性能面では文句ありませんが、外観は
・タンカラーが変
・マーキングやシールが一切付いていない
と、最低価格レプリカと比較しても再現度が低いです。
ここは別途塗装やシール、デカールの調達が必要になります。


私が所有しているハリケーン製レプリカは下記になります。

552タイプ



ヤフオクで中古で購入しました。
購入時から各種マーキングがシールで再現されていました。
晴天の屋外でもレクティルはくっきりしており、薄暗くなっても必要十分な視界明度は確保できます。
単三電池でランニングコストも安く、私の主力光学サイトの1つです。

553タイプ



メーカー純正のタンカラーの「コレジャナイ感」が凄まじかったので、
色は塗装前提で探し、ブラックが中古で安く手に入りました。

タミヤのタン色スプレーで塗装し、水転写デカール貼り付け後クリア塗装、ウォッシングし、
ラベルは中野WARRIORS特製シールを貼り付けました。

バンバン使っているのでカバーの塗装が特に剥がれてきています。
この部分は本物はアルマイト染色だと思うので、色落ちの具合は全く違く「リアル」ではないかもしれませんが、これはこれで使い込まれた雰囲気があるのでよしとしています。
使い勝手は552と同様問題なく、長い間愛用しています。

ハリケーン製が高性能なのは有名なので、ヤフオク等を見るとハリケーン製でないのに「ハリケーン製」や「ハリケーン製だと思います」等の記載をしている出品をたまに見かけます。
前回の記事でも書きましたが、ハリケーン製は裏面にメーカー名の刻印がありますので一目瞭然です。


ハリケーン製とあるのに不自然に安い場合は、裏面を確認してみてください。

この記事がホロサイトレプリカ選びの参考になれば幸いです。
次回はレンズ防弾対策のちょっとした加工を紹介しようと思います。

お読みいただきありがとうございました。  


2017年06月18日 Posted by 4039  at 00:30Comments(0)鉄砲