初期アフボディアーマー OTV



来週の「ゆるげ2」は初期アフ以外で行くといっているのに、まだまだ懲りずに初期アフ記事です。
初期アフは今週まで!来週は心を入れ替えてユルゲ準備します。
今回はいつも一緒のヒゲ友Bucket Head氏は参戦できないので、私一人で参加です。
前回に比べて規模がどの程度なのかすら謎ですが、当日参加される皆様よろしくお願いいたします。

それでは本題に入ります。
かねてから欲しいと思っていたOTV(レプリカ)を入手しましたので、そのことについて書いていきます。


このベストですが、「OTV」とか「IBA」とか「インターセプターボディーアーマー」とか呼ばれていて何なんだと思っていましたので、この機会にwiki先生に教えていただきました。
OTV(Outer Tactical Vest)+SAPI(Small Arms Protective Insert)=IBA(Intercepter Body Armor)ということらしいです。
OTVはソフトアーマーが内蔵されている「ガワ」で、SAPIはOTVに挿入するセラミックスの防弾プレートです。
なので私が今回買ったのは「OTVのレプリカ」と表現するのが一番正しいようです。
wikipediaによれば、IBAは1998年後半から量産が開始され、2000年代初頭には海兵隊と陸軍で使用が始まったようです。
改良は2000年中盤と2010年代に入ってからの2度行われたようです(英語力不足なので読み違えているかもしれません。)
2度改良されているということは、大枠としては初期型、中期型、後期型の3仕様の認識でよさそうですね。
参考にしたwikipedia:https://en.wikipedia.org/wiki/Interceptor_Body_Armor

IBAですが、米軍、米以外の軍隊、民間にも現在まで使用されていますので、かなりポピュラーなアーマーという認識です。
勉強不足で仕様詳細は分かりませんが、私は初期アフ用に調達しましたので所謂「初期型」といわれるタイプが適合するはずです。
今回OTV調達にあたっては仕様を正確に把握するというよりは、「ミリフォトと大体同じディテール」程度で調達しました(レプリカですし)。

参考にしたミリフォトの一部です。





正確な情報は分かりませんが、どれも2002年頃だと思われます。
このように初期アフODAでも結構使用されています。
BALCSが不動の鉄板とすると、OTVは「2番手」といった印象です。
サバゲ界においては、BALCSはトイソルレプが安定供給されると一気に着用者が増えるかもしれませんので、OTVは変化球としてオススメだと思います。
横PALSで使いやすいですし、OTVに似合うMOLLE、MOLLEⅡポーチは現在も絶賛激安安定供給中なので揃え易いですね。
あまり重い装備をPALSに付けると、屈んだときに自動的に前が開いてしまうという不具合があるらしいですが、ダミーアーマー&サバゲ装備程度では大丈夫だと思います。
まあ開いちゃっても飛んでくるのはBB弾だけですしね(笑)

初期型ウッドランドは何故かここ半年程度で一気に高騰し、BALCS並の入手難易度になりつつあります。
昨年の夏ごろまでは1万円ちょっとで初期型ウッドランドMサイズが売っていたと思っていたのですが...。
今は背中に白いペンキでデカデカ「TRAINIG ONLY」とペイントされたものですら20000円オーバーで取引されています。

そんな中、最近某オークションで一点のレプリカが出品され、対して競うことなく激安価格で落札できました。


実物ポーチが6個も付いて、送料込みで5000円以下でした。
天からの恵みと言っても過言ではありません。

付属ポーチはM4用が4つ


MOLLEⅡですね。
持ってなかったので地味に嬉しいです。

グレネードポーチが2つ


これはRACKのものでしょうか?詳細は分かりませんがSDS製なのは間違いなさそうです。
普通はポーチだけでも揃えたら5000円はすると思います。
出品者様、ご厚意でわざわざ梱包をし直してまで送料を安くしていただいて本当にありがとうございました!
私も出品する身ですので、一度梱包した商品をやり直す手間はよく分かります。感動いたしました。


それでは、そんな感動的な経緯で手に入れたレプリカOTV詳細を見ていきましょう。
裏側を見ると「MADE IN HONGKONG」というタグが目に飛び込んできます。


SAPIポケットを覗くとメーカータグがありました。


GUADERの装備品レプリカってなんか懐かしいですね。
最近でも装備品レプリカは造っているんでしょうか?

ナイロン、PALSテープの質感、縫製等の完成度は高く、ぱっと見で実物と遜色ないように思われます。
丁度2月のピースメーカーゲームMUNAGEさんに実物OTVを見せて着させてもらっていたおかげで、出来の良さを比較して実感できました。
サイズもその時着させていただいたMサイズと同じ感覚ですので、おそらくM寸法で複製されているのだと思います。

この時代の放出品特有の臭い(MUNAGEさん曰く「ウ〇コ臭」)も無く快適です。
あの臭いが無いのもなんとなく寂しいですが(笑)

背中のPALSは真ん中が繋がっていますが、実物でここが繋がっている個体は見たことがないです。


初期アフのミリフォトでも繋がっていませんね。


このような仕様も存在したのか?香港人が余計な気を利かせたのか?は分かりませんが、どちらにしても手術決定です。
今度時間がある時に施術しようと思います。
素朴な疑問ですが、実物はなんでここが繋がってないのでしょうね?きっと何か意味があるんだと思います。

ソフトアーマーもダミーがしっかり入っていました。


しかもちゃんとベルクロでベスト内側と留められるようになっていたり、ちゃんと造り込まれており好感が持てます。
実物の重いアーマー(OTVで4kg!)はサバゲでは無用の長物ですので、ここは逆にありがたいところです。

本体の完成度、価格、ポーチおまけと、総じて非常に大満足なお買い物でした。
ただ、残念な事に(普通はありがたいこと!笑)、キレイ過ぎますのでどこかの週末にでもザザッと汚してやろうと思います。
気兼ねなく加工できるのが安いレプリカの良いところですよね。

これでより一層初期アフ装備の幅が拡がり嬉しい限りです。
合わせてOTV(IBA)がどのようにグリーンベレーに支給されて、どういう隊員が着ているのか?も少しずつ研究していこうと思います。

このレプリカと56式弾帯、色落ちした中古の非カスタムDCU、2001年以前(風)の靴、やっすいキャップ、レイル無しM4で立派な初期アフODAの完成ですね!


M4を除けば2万円もあれば揃います。

装備レベルが一気に10は上がる装備界最強アイテム「無線機」も、ダミーPRC148+実物H250ハンドセットでプラス5,6000円で済みます。


OTVレプは今回の金額が破格ですので除外するとしても、それ以外のアイテムは簡単に安価に手に入ります。
「軍装に興味あるけど、あまりお金はかけたくない」という方の「入り」として初期アフガンはうってつけではないでしょうか。
しかも「皆知ってはいるけど詳しい人は少ない」という絶妙にマイナーなジャンルなので、たとえ知識浅くてもバレません!(笑)

人気のDEVGRUやDELTAはそれなりの形にするまでかなりの軍資金が必要ですし、流行りのMARSOCも人気だけに安価なレプが豊富ですが、一式揃えるとなるとやはりそれなりにかかります。
何より銃にお金が掛かりますよね。
次世代M4やVFC製をフルアクセサリーのMk18にしたり、Hk416をSEALやDELTA仕様にする金額で、初期アフODAは余裕で銃含め全身揃います(笑)
初期アフODAのM4はキャリハン付き、アクセサリーはナイツフォアグリップ程度の「素4」でまずOKです。

(この記事書いてて気づきましたが、ベルトにストロボポーチを付けていますね!)

明らかに新しいデザインの靴や最新G-SHOCK等、「オーパーツ」問題にだけ気をつけてさえいれば、非常に入り易く進め易いジャンルだと思います。

最新のバリバリ戦闘任務に就いている特殊部隊の洗練された装備は、老若男女問わず誰もが一目見て「かっこいい!」と憧れる魅力があり、ほっておいてもどんどん人口は増えると思いますので、
私は日陰から初期アフガンODA装備の「野暮ったさ」を一人でも多く魅力に感じてくれる方が増えるよう、今後も初期アフ布教活動に邁進したいと思います(笑)

と言うわけで、まずは来月「ホース・ソルジャー」を観て上がったヴァイブスでご自身の小宇宙(コスモ)にビッグバンを起こし(引用:ぽん太師匠)、初期アフ始めましょう!!



お読みいただきありがとうございました。  


2018年04月21日 Posted by 4039  at 22:59Comments(1)装備初期アフガンODAミリフォト

初期アフミリフォト大量発掘!PART2



ユルゲ2は初期アフ以外で行こうと思っているのに、暇を見つけては初期アフおじさんばかり眺めている今日この頃です。

というわけで前回に引き続き、初期アフドキュメンタリー番組「Special Operations Force: America's Secret Soldiers」の劇中におさめられたと思われる写真の考察をしていきます。
前回の記事はこちら「初期アフミリフォト大量発掘!

今回はまずトップ画のこの方を見ていきます。



夏だというのに3C BALCSにベストを着込み、結構重そうな金属探知機を携行しています。
そこそこ歳はいってるはずですが流石は特殊部隊、タフですね!

まず一番最初に目が行くベストですが、右側が40mmグレネードポーチのようです。
M4にM203も付いていますしね。

おそらくBHIのグレネーダーベストあたりかと思います。


ベストの左肩のDリングに何か黒い棒状の物を下げています。
ペン?ライト?ペンライト?謎です。



次に腰周りです。



ベルト前部には3C ELCSのコンパスポーチ、右腰部には同じく3C ELCSのユーティリティポーチが付けられています。
オレンジのキャップのような物が見えますが、ペットボトルを入れているのでしょうかね。

BALCSも3Cを着用しています。一緒に行動している面々も3C BALCSですし、もうひとつの番組「Profiles From The Front Line」で登場したODA361の面々も3C BALCSや3C ELCSを装備していました。
なので3rd SFG、少なくとも第2大隊は3CのSPEARキットが支給されていたのではないかと想像しています。
ちなみに19th SFGはウッドランドしか着用しているところを見ませんので、ウッドランドが支給されていたと想像しています。

第5大隊のおじさん


第2大隊のおじさん達



上記のように、初期アフODAにおいてはSPEARの色で「第〇特殊部隊グループっぽさ」を演出できるのかなと思います。
漠然と「初期アフ装備」から、一歩ステップアップできるテクニックと言えそうですね。
写真のようなコンパスポーチ1個でも、迷彩色に気を使うことで装備に説得力を増せると思います。

私は残念ながら3CはBALCSもELCSも持っていませんので、喉から手が出るほど欲しいです。
ただどちらも1万円程度の時代を見てしまっているので、今の相場で買う気が中々起きず、手に入れられていないです。
あーあ、あの時買っておけば良かった!「装備あるある」ですね。

ピストルマガジンポーチは前回のJ氏と同様、BHIの3連ポーチでしょうか。

ホルスターはサファリランドの6004でしょう。


いくつか見てきましたが、やはりこの時代はもれなく旧型のようですね。
旧型の見分け方は以前の記事でも少し書きましたが、表側からすぐに分かるのはレッグパネルの穴の形状です。
旧型は平べったくただ穴が空いているだけですが、現行型は穴周りが盛り上がっています。
現行型のレッグパネル


現物が手に取れる状況であれば、さらに裏側がスウェード張りである事を確認できれば完璧と思われます。

ジャケットの左腕部は安全ピンで何か留められています。


IRマーカーでしょうか?縫わずに安全ピンとは横着すぎますね(笑)

DCUの左足ポケットには地図のようなものがダブルクリップに挟まれて入っています。


このダブルクリップって外国でも使われているんですね。
勝手に「日本の文具」と思ってました。

腕時計はあまり自信はありませんが、TIMEXのアイアンマンでしょうか。



ACOGには白いマーカーで何か書いてありますね。


このような小技はタダでできて、グッとリアルさを引き立ててくれるので素晴らしいですよね。


次にこの方々です。


以前の記事で少し紹介しましたが、この方々はこの時に村の外縁で待機していた車両組だったようです。
真ん中の方のベストがホルスター付きで特徴的ですね。


拳銃はM9ですね。
この部隊の面々はもれなくM9のようです。
初期アフODAでグロックやガバメントの使用例をずっと探しているのですが、未だに見つけられていません。
この方は予備マガジンを4本も持っていますね。
他の皆さんも基本的に3連ポーチを腰に付けていますので、ホルスターに入る分と合わせて4本がスタンダードなのでしょうか。
本体装填分と合わせると15×5=75発、こんなにいるのか?と思ってしまいます。
今回の現場のような市街地、屋内閉所での戦闘を想定してピストルの携行弾数は多めになっているのでしょうかね。

胸元に横向きにポーチがあるので、下には横BALCSを着込んでいると思われます。
上半身のボリュームに反して腰周り足回りはすっきりしていて、特徴のあるスタイリングですね。

次は車上の隊員です。


胸元にフィギュアがありますね。かわいいです。
どこかで見たことがある気がしますが...思い出せません。

時代は違いますが、背中のMAPにこんなのを入れている写真もあります(笑)


「NINJA」パッチもいい味出してますね!

アーマーは他の隊員同様3Cの横BALCSでしょう。
アイウェアはワイリーXのSG-1でしょうか。


次です。


以前番組考察で紹介した隊員「M.」が写っています。
番組でほぼ写らず非常に歯痒い思いをした靴が映っています。


・・・ここまで詳細が分かっても、どこの何なのか私のにわか知識では判別できません。無念です。

左の隊員の靴はおそらく官給デザートブーツですが、足裏がのっぺりしておりパナマソールではないように見えます。


パナマソールですと横からでも「でこぼこ」が見えるのが普通だと思います。


同じ隊員の他のアングルも「のっぺり」しているのが確認できます。


「初期アフデザートブーツはパナマソール」というのが今や常識となっていますが、恥ずかしながらその根拠を私はまだ知りません。
(支給年度的にパナマソール以外ありえないという感じなんでしょうか。)
官給品はパナマソールしかありえないのであれば、この隊員の靴は
・官給品に見えるけど実は民生品
・パナマソールが磨り減ってのっぺり見えてるだけ
といったところでしょうか?
初期アフ=パナマソールは「そういうものだ」で終わらせず、しっかり自分なりに説明できるよう勉強しておこうと思った次第です。

この謎デザートブーツを履いている隊員ですが、胸元にはしっかりIC-F3Sが付いていますね。


こういう写真を見ると「買ってよかった」と思えます。
全快娘さんがダブっているIC-F3Sをヤフオクで放出されておりますが、いくらになるのか興味津々です(笑)
まだ出品中ですので、欲しい方は要チェックですよ!!
全快娘さん、宣伝しておきましたのでいくらかマージンください(笑)

IC-F3Sの下には未開封のサイリュームが差してあります。
サイリュームは中身もパッケージも何回も変わっていますので、古い物は今の内に開封用と未開封用で保護しておかなければいけませんね。


最後の写真です。


誰のお尻かわかりませんが、DCUの足ポケットにもIC-F3Sが入っています。
隊員「M.」もDCU足ポケットに入れていたので、定番の収納方法なのでしょうか。


アンテナの付け根に補強のテープ?が巻いてあるように見えます。
私の個体も、ヤフオク出品中の全快娘さんの個体もアンテナは割れているので、アンテナは脆いのかもしれません。

以上で一連の写真の考察を終えようと思いますが、以前から持っていた写真でひとつ気になったのでご紹介します。


写真と一緒にあった解説ではアフガンとのことです。
今まで右の隊員のお腹のピストル(トカレフ?)ばかりに目が奪われていましたが、よく見るとBALCSの上二段のPALSがベルクロ仕様です。
さらによく見るとワシ鼻で面長なお顔も隊員「J.」によく似ています。


ヒゲの生え際は違いますが、ヒゲは剃れるのである程度は違っても自然ですよね。
100%の自信はありませんが、顔とBALCSの特徴から同一人物じゃないのかと思いました。


解像度の高いミリフォト研究は本当に楽しいですね!
まだまだ見足りない、書き足りないことがありますが、これらの写真以外にも90年代後半~2014年あたりまで、年代詳細付きのODAミリフォトが200枚近く一気に手に入ったので、今は「早く他のおじさん達も見たい!」気持ちが強くそわそわしてしまっています(笑)

一度ヒゲのおっさん達を200枚凝視した後、また暫くしてこれらの写真に戻ってこようと思います。
穴が空くほど見た写真でも、ふとした時に新たな発見がありますからね。
時を置いて何度も何度も「同じおじさんを見つめる」行為は殊の外大切なことなのです(笑)

お読みいただきありがとうございました。  


2018年04月19日 Posted by 4039  at 00:08Comments(3)初期アフガンODAミリフォトAmericas Secret Soldiers

PEACE MAKER GAME 参加装備



先日のピースメーカーゲームでの装備をまとめておきます。
今回も初期アフガンODA装備です。
ユルゲでMMR-Zの皆さんが華麗にお色直しをしていたのを見習い、今回は途中で簡単なプチお着替えを試みてみました。

その1






・BALCS
・メーカー不明 カメラマンベスト
・BHI デューティーベルト
・BHI ピストルマガジンポーチ
・EAGLE Mk3ホルスター
・DCU
・官給品Tシャツ
・Aim Pointキャップ
・G-SHOCK DW-5750
・NIKE ACG
・OAKLEY STRAIGHT FRAME(1996)
・次世代M4
・マルイエアコッキングM92F
・ヒゲ
・カツラ

前回の記事でも触れましたが、「Profiles From The Front Line」のDREW二等軍曹のオマージュです。




その2


その1-(BALCS+ベスト)+56式チェスリグカスタム


大体このへんで既に紹介済みのアイテムばかりですので、ポイントを絞って書いていきます。

カメラマンベスト
前回のVショーで1500円で入手したものを初投入しました。


サイズは3LでBALCSの上からでジャストフィットです。
これはメーカー不明(もしかしたらレプリカ)ですが、CHIHIROCK師匠から「初期アフODAが着ていたのは旧型の5.11かバナナリパブリックが多い」との情報をいただきました。ありがとうございます!

ポケットが沢山あって盛り甲斐があります。




シャーピーやサイリウムは脱落防止の為に輪ゴムを巻いて摩擦力をUPしています。おすすめです。


PRC-148はポケットにズボッと突っ込んでいるだけですが、走り回っても問題ありませんでした。


アンテナはベストに丁度良い位置に金具があり、そこに通すとかなり収まりがよかったです。


M4マガジン4、5本収納&空マガジン処理が出来るので、これ一着でサバゲは事足りてしまいます。
電車移動の際や、軽装でサバゲをしたい時に重宝しそうです。良い買い物をしました。


BHI ピストルマガジンポーチ


ネットオークションで格安で入手しました。
購入時からばっちく塗装済みで、お得でした(笑)
タグはばっちり鳥さんがいます。


使い心地は可もなく不可もなくといった所で、夏場のハンドガン戦等では活躍してくれそうです。


官給品Tシャツ



DCUは結構胸元が開けているので、Tシャツの見える面積が広いです。
初期アフガンのミリフォトではこの「薄いチョコレート色」のTシャツ着用率が圧倒的に多いです。



こんなペラペラでヨレヨレの地味Tシャツに千いくらも払うのがなんとも癪だったので、似たような色のTシャツを長いこと探していましたが、いい色合いの物と全然出会えず、遂に面倒くさくなったので官給品を買いました。
普通のアメリカ衣類と同じく、日本サイズに対しワンサイズ下を選べば丁度良い感じです。

実際DCUと合わせてみると、思いの外存在感があり装備の完成度を引き上げてくれます。
地味ですが満足度はかなり高かったです。早く買っておけばよかった。
暖かくなったらこのTシャツ+BALCSがやりたいところです。


カツラ


ギアフェス時から増毛しました。
キャップを被った時の「サイドのハミ毛」具合がお気に入りです(笑)
初期アフガンのODA隊員は髪の毛ボサボサ率が高いので、今回の増毛でそのあたりの再現率が上がったと思います。


56式チェストリグカスタム


以前の記事でも紹介しましたが、両脇の手榴弾入れを解き、そこに切れ込みを入れMOLLEやALICE対応ポーチを付けています。



マガジンポーチのドットボタンは購入当時から付いていました。


後ろ紐も通常の結ぶタイプから改良してあり、私は更にそこにファステックスを付けていました。


しかし、「Profiles From The Front Line」での隊員達の「紐結ばな率」の高さに影響され、今回ぶった切ってしまいました(笑)
この方もあの方も、ことごとく結んでおりません。



紐が無くなった事により、更に着脱の軽快さが増しました。

またこれも「Profiles From The Front Line」から引用で、胸紐にストロボポーチを付けています。


考察記事PART6で書きましたが、RANDY少佐がこれと同型と思われるポーチを付けていましたね。



今年は中々のペースでサバゲが出来ていますので、準備含めてサバゲ関連の記事が続いていました。
ここでしばらくサバゲ予定が空きますので、止まっている映像考察や洋書解読等で研究を進めていこうと思います。


おまけ
一緒に行ったBucket Head氏は今回も「ダンボール看板」ネタを仕込んでいました。
装備を揃える上でお世話になったお店の看板を作ってきました。



元ネタはこの写真だそうです。


私用に、地味にかなりお世話になっているダイソーの看板もちゃんとあります(笑)
物によっては緯度経度まで書いてある芸の細かさです。

二人でゲームをサボって撮影してました(笑)。



こういうお金の掛からない貧乏臭い遊び、大好きです(笑)

お読みいただきありがとうございました。
  


2018年03月02日 Posted by 4039  at 22:23Comments(2)装備サバイバルゲーム初期アフガンODAProfiles From The Front Line