ニッチなG-SHOCKの話

数行の余談程度で書こうと思っていた内容ですが、いざ書き始めたら筆が止まらなくなったので1記事にします。
このブログをご覧になる多くの方には身近な存在だと思われる、G-SHOCKの話をします。
ただし、誰も興味が無さそうなニッチ成分が多めに含まれているので閲覧注意です(笑)

先日、下記G-SHOCKのモデルの復刻が発表されました。

https://products.g-shock.jp/_detail/DW-5900C-1/

DW-5900という1990年発売のモデルです。
「三つ目」の愛称を持つDW-6900の先輩にあたるモデルです。


上写真のDW-6900-1Vは米軍特殊部隊好きで知らない人はいないレベルで有名だと思います。




NSNナンバーが登録されているモデルとして有名ですよね。
1995年発売から今でも作り続けられています。
(ちなみに正規国内向けは無く、国内で売っているのは逆輸入品のみで定価がないので、お店によって全然値段が違うので購入の際は注意です。)
NSNには1997年に登録されたようです。
参考URL:https://www.iso-group.com/NSN/6645-01-441-2762

さらにニッチなDW-6900-1Vの豆知識をもうひとつ。
実はDW-6900シリーズはモジュール(ムーブメント)が一度マイナーチェンジされています。
2011か2012年頃にモジュールNo.が1289から3230に変わりました。
カシオの腕時計は裏蓋にモジュールNo.が刻印されています。



変わった内容としてはカレンダーの対応年が延びたのみで、1289では2039年まで、3230が2099年まで延長されました。
外観上は裏蓋のモジュールNo.刻印が変わったのみのはずです。
ちなみにDW-6900-1Vは中国製とタイ製が存在し、現行品はタイ製です。
DW-6900-1Vに関しては中国製は1289、3230共に存在し、タイ製は3230のみしか存在しません。
ただ、DW-6900の他のモデルでは1289でタイ製のものもありますので、どのような移管の経緯を辿ったのか少し気になるところです。


刻印に「MADE IN THAILAND」とありますね。
時計業界は今でも根強く「MADE IN JAPAN」神話が健在らしく、「MADE IN JAPAN」刻印が入っているか否かで特に外国人の購買意欲が変わるそうです。
家電量販店で時計を見ていた時ですが、日本旅行に来ていたタイ人の方がケースの中のG-SHOCKを指差し、店員に「Is this MADE IN JAPAN?」と聞いたところ、「No, This is MADE IN THAILAND」と返ってきて苦笑いしていました。
中国人でも同じケースが起こり得ますので、インバウンド需要G-SHOCKあるあるかもしれませんね(笑)

話を戻します。
初期アフ道を志す身としてはモジュールNo.1289に拘りたいところですが、どうせ裏蓋の刻印の数字が変わるだけなので激しくどうでもいいですね(笑)
むしろ「指摘おじさん道」「重箱の隅突き太郎道」を志す方におススメ情報ですね。
「ちょっとその6900の裏蓋見せて。あー3230なのに2011年以前の装備で着けてちゃダメだよ。オーパーツじゃーん。」的な、ハイレベルな重箱の隅突きができますね(笑)

そんな重箱の隅突き太郎と遭遇しても大丈夫なよう、暇を見つけてジャンクでもなんでも中古の1289モデルを入手して、現行の3230モデルの裏蓋だけ1289品に換装してみようと思います。
裏蓋の内側に貼ってあるピエゾ素子(電圧で「ピッ」音を出す部品)が劣化していて音が小さくなったり鳴らなかったりするリスクは少しありそうですが。

また、G-SHOCKの代名詞であるDW-5600シリーズは電波やソーラーやBLEが搭載され進化し続けていますが、1996年発売のDW-5600Eが今でも売り続けられていますので、これも初期アフ適合品ですね。

https://products.g-shock.jp/_detail/DW-5600E-1/

記憶に新しいところでは、昨年「スティングモデル」として有名な1987年発売のDW-5700がDW-5750として復活しました。


https://products.g-shock.jp/_detail/DW-5750E-1/

DW-5700は日本未発売モデルですが国内でも人気があったようで、2001年に一度国内向けで限定品として復刻されています。
今回のDW-5750はスクリューバックではなくビスバックでオリジナルと細部は異なりますが、定番モデルとして永く売られるそうです。
ちなみに「装備とサバゲと時々GUNと」のハシモーさんは2001年復刻モデルを所有しておりましたが、ベゼルが劣化で割れてしまっていたそうです。
そこでこのDW-5750のベゼルを調達して付け替え、見事復活させていました。

そして先日、冒頭に書いたDW-5900が復刻されました。
オリジナルは1990年発売で北米向けもあったモデルなので、当時の米軍兵士が腕に巻いていたとしても不思議ではないですね。
少なくとも数年間は売られていたはずですので、湾岸戦争以降あたりなら装備に取り入れてもオーパーツにならなさそうですね。

個人的には最近のゴテゴテG-SHOCKよりも、昔のダサかっこいいシンプルなデザインが好きなので、この調子でどんどん復刻していただきたいところです。
メーカーとしてもデザインや設計の手間が省けるお手軽製品のはずなので、そこそこ売れる限りはリバイバルモデルはシリーズ化しそうですよね。

また、最近では昔のデザインそのままにDW-5000をフルメタル化したGMW-B5000というモデルが発売されました。

https://g-shock.jp/products/origin/

土田晃之さんがTVで早速着けていますね。


加水分解知らずのDW-5000!中身は部品摩耗のないデジタル時計なので、大切に使えば冗談抜きで50年くらいは持ちそうですね。
対応する電池が先に廃版になるかもしれませんが(笑)
(ソーラー充電といえど充電池が内蔵されており、携帯や電動ガンのバッテリーと同じく劣化しますので永久には持ちません)
BLE接続に対応するスマホは10年もしたら皆無の可能性が高いですね。

「待ってました!」というファンは全世界にいたようで、今は世界規模でどこも店頭に並ぶやいなや即売り切れ状態のようです。
ただ、品薄状態はもちろんメーカー側も把握していて急ピッチで増産しているはずです。
おそらく国内では冬のボーナス商戦までには安定供給されてくるでしょうから、辛抱できずに汚い転売屋を潤してはいけませんよ!

G-SHOCKは水圧や衝撃には非常に強いですが、大部分がプラ、しかもウレタンの為、時の流れ(経年劣化)には強くありません。
オークション等で古いモデルも大量に売られていますが、安心して使える状態のものばかりではないはずで、調達にはリスクが伴います。
変に貴重なモデルだと、ミリ以外のコレクターともオークションで争う恐れもありますしね。
なので、メーカーがこうして公式で昔のモデルをリバイバルしてくれるのはオールド装備勢には非常にありがたいですね。

同じく劣化との戦いが激しいシューズも、昔のモデルをどんどんリバイバルいただきたいと切に願う今日この頃です。

G-SHOCKマニアくらいしか喜んでくれなさそうな記事になってしまいましたが(苦笑)、お付き合いいただきありがとうございました。

お読みいただきありがとうございました。  


2018年09月27日 Posted by 4039  at 22:06Comments(0)装備

あの初期アフおじさんの帽子とか



いつものように余談から入りますが、いつの間にか「4039」でGoogle検索すると一番上に当ブログが出てくるようになりました。

今までは「4039」では全然ヒットせず、友人知人にブログをやっている事を話す時に「大変お手数ですが、数字の4、0、3、9にアルファベットでJ、E、T、T、I、N、G、Sで検索してみてくださいどうかお願いします」と言ってサイトを見つけてもらっていました。
しかしこれからは「とりあえず「4039」ってググってみ。ああ、その一番上のがオイラのよ。」と、くりぃむしちゅー上田ばりのドヤ顔で言えますね!(笑)
これからもGoogle先生に「4039」の一番候補としてもらえるよう精進していきたいところです。
というか、もしかしてアカウントによって検索実績を学習していて、人によって検索結果が変わるとかあるんですかね?だとしたらエライ赤っ恥をかきますね(笑)

そんな一抹の不安を残しつつ、そろそろいつものようにニッチな初期アフ談義を始めていきたいと思います。
先日、はるばる太平洋を渡って表紙の写真のアイテムが我が家にやってきました。

ある有名な写真に写っているアイテムです。
ほとんどの方がもうお分かりだと思いますが、この写真ですね。


BALCSへVELKETを付けている例としてしょっちゅう出てくる写真ですね。
お名前はJames Michael Mauldwinという方だそうです。
この方の詳細はまた後日記事にしたいと思います。

この写真の帽子をアップにしてみます。


「Budweiser Racing」と書いてあるように見えます。
そこで、国内オークションサイトやネット画像検索してみると下写真の柄の帽子がわんさか出てきました。


物としての立ち位置は同じだと思いますが、なんか旗が描いてあってデザインが違います。惜しい!
どうやら氏の被っている帽子は旧型のようです。
「同じ製品なんだけど新旧型違いで苦しむ」のはオールド装備あるあるですね。

そこで国内調達は諦め、ebayで調べると見事見つかりました。


そこそこ汚い中古品でしたが、国内で新型を新品で調達するより3倍近いコストが掛かりました。
おそらくタダで配っていたようなノベルティ的な物だと思われるものに数千円も出すなんて、因果な趣味ですよね。
しかしここは据え膳食わぬはなんとやら、手に入るチャンスを掴んでしまったからには手を出さないわけには参りませんね!

そんなわけで我が家にお迎えした次第です。
初期アフ装備用にキャップはいくつか持っていますが、これは使用例がある上そこそこレアっぽいので重宝しそうです。
早くこれ被ってサバゲがしたいです。

キャップといえば前回の記事で書いたRobert Richmond氏はMLBのロサンゼルス・エンゼルスの物を被っていました。



ミリタリーアイテムとして調達するわけなのですが、そもそもメジャーリーグというか野球全般に疎いのでなんか気が引けます(笑)
年代によってデザイン等も違う可能性もありますし、そういう意味でも安易に手は出しづらいです。
あと赤はサバゲで目立ちすぎる上、自分が黄色チームになると誤認の関係で使えませんしね。
そういえばどこかの定例会でくまのプーさんの着ぐるみを着ている方がいて、スタッフがこのプーさんを赤チームにするか黄色チームにするかで頭を抱えていた一幕を思い出しました(笑)

また、我らが「チーム若年寄」メンバーも流石というべきか、中々ツウなキャップを持っています。
まず、80年代モノのいつ破壊してもおかしくないファステックスを開け閉めする時の「今回こそ割れるんじゃないか」というドキドキがたまらなく興奮するという変態であり、チーム筆頭のMUNAGE師匠のキャップです。


かなり古いC-MOREのキャップです。
やつれ具合といいC-MOREというチョイスといい、超シブイです!
字体といい色といい、素晴らしい存在感ですね。

次に我が盟友Bucket Head氏のイチオシキャップです。


これまた古ーいメカニックスのキャップです。
グローブは多くの方がはめていますが、キャップを持っている方は少ないのではないでしょうか。

このキャップですが、映画好きの氏らしく映画オマージュアイテムなのです。


メジャー級ミリタリー映画「ハート・ロッカー」のPMCがメカニクスのキャップを被っています。
色等は微妙に違いそうですが、このキャップに注目し判別し、さらに調達できるところが流石です。
オールド、映画、PMCという涎が止まらなくなるキーワード属性を持つアイテムなので非常にうらやましいです。

キャップの種類はミリフォトでも千差万別なので、今後もちまちま揃えていきたいところです。

もうひとつはBHIのM4レッグマガジンポーチです。


タグとファステックスの仕様を見る限り、初期アフ時代適合品と思われます。
長いこと欲しかったアイテムなので嬉しい限りです。
しかも他のBHIポーチが何個もセットになって、ど安い価格で手に入りました。

このポーチ、というかこの頃のナイロン全般に言えるかもしれませんが、EAGLEにもほぼ同じポーチが存在します。


両社はM4ポーチといいバックパックといいチェストリグといい、なんでこんなそっくりな物を作ってたんでしょうね?

見分けるポイントとしてはマガジンの入る袋の部分の長さが分かりやすいでしょうか。
EAGLEの方はマガジンがすっぽり隠れますが、BHIの物は半分くらい側面が露出します。
私が知らないだけで、他の仕様も存在する可能性もありますが。

James Michael Mauldwin氏の写真を見てみます。


なんか手前にプレート状の小物を挟んでいるせいで見づらいですが、袋は深いように見えます。
また、太腿ストラップの伸縮するゴム部分とナイロン生地とのX字の縫い合わせの部分の感じからするに、EAGLE製の方が近い気がします。
というかEAGLEでもBHIでもない可能性もありますが、少なくとも今回私が調達した物はこれとは違いそうです。

変わりに、この方の着けているポーチと同型に見えます。


当ブログでしょっちゅう取り上げているLayne Morris軍曹の写真ですね。
ちなみにこの方の他の写真数枚やインタビューも見つけているので、後日記事にしようと思っています。

他にもこの手のM4レッグポーチの使用例はいくつもあったと思いますので、足回りの装備バリエーションが広がる非常にいい買い物をしました。
サバゲ実用性も確かめてみたいので、早くゲーム投入したいところです。

お読みいただきありがとうございました。  


2018年09月24日 Posted by 4039  at 21:17Comments(2)装備初期アフガンODAミリフォト

初期アフミリフォト考察① Robert Richmond氏

日々初期アフミリフォトを研究しているのですが、特にメモ等の記録を取っておらずろくに整理もしていませんので、現状完全に己の記憶力頼みの情報管理をしています。
さすがに平成も終わろうとしているこの時代にアナログ過ぎるので、このブログで記事にする事で簡単ですが記録、整理をしていこうと思います。
稚拙な内容ではありますが、同じ趣味を共有している皆様のお力に少しでもなれればとも思い、こうしてネットで公開しながら整理していこうと思った次第です。
詳しい方にとっては当たり前の情報しか出てこないかもしれませんが、もし間違いや補足等ありましたらコメントいただけると大変嬉しいです。

一応「①」と付けておいて、特に書くことが無い時のネタ用として長期シリーズ化を想定していますが、いかんせん見切り発車ですので今後どうなっていくかは自分でも分かりません。

それでは、記念すべき第一回の記事を書いていこうと思います。
今回はタイトルにもある通り、ある人物について書きます。
Robert Richmondという方です。
2002年当時ODA974、つまり19th SFGの第5大隊A中隊に所属されていた方です。


下記写真はひと目見た事がある方は多いのではないでしょうか?


BALCS+ELCSの着用例としてよく紹介されている印象がありますね。

他にもこんな写真が出てきました。


ベースボールキャップにBALCS、黒ベルトに黒レッグホルスターと、正に教科書通りの初期アフODA装備ですね。
DCUはポケットカスタムしているものと、そうでないおそらくノーマル品両方着ている写真があります。
当然といえば当然ですが、何着か着回していたのでしょうか。
細かいところでは、BALCSに着けているマガジンポーチが一番下だけドットボタンが付いています。
他はELCSですが、これだけMOLLEかMOLLEⅡのものと思われます。

これらの写真や所属の情報は下記サイトのご本人が書かれた記事から引用していますので、信憑性は非常に高いと思われます。
URL:https://specialforces78.com/members-pages/robert-richmond/

グリーンベレーのOBのコミュニティーサイト?的なものだと思います。

そんな中、面白いところでWLのBDUを着用している写真がありました。


写真に本人のコメントがあり「現地軍は皆WLを着ているので、一緒に行動する時に自分達だけDCUを着ているとアメリカ軍とモロバレなのでスナイパーのいい的になる」とあります。
これはいいウンチクですね。しかも情報源がまごうことなき本物のODA隊員です。
今後の装備コーディネートの際の妄想設定で色々活躍してくれそうです。

私服を着てM4を携行している写真もあります。


コメントを見ると「補給を回収する時等は平服を着て民間人を装った。武装はしていたが、遠くから兵士と判別されづらくした。」的な内容が書いてあります。
これも非常にいいウンチクですね。
私服装備は「Profiles From The Front Line」でもMARK曹長がしていたので、いずれ挑戦してみたいスタイルです。


また、完全に現地民と同じ服装でAKを携行している写真もありました。


コメントを見ると「お忍びで基地の外にお買い物に行った時の写真」とあります。
上と同じ理由で、不用意に目立つのを避けた格好ということですね。

同じ時に撮られたと思われる写真もネットで出てきました。


サバゲ装備界の暗黙の了解?で基本顔面は装備に含まれないので、我々ジャパニーズエアソフターがこの格好を真似するともはや民兵装備になってしまいますね。。
米軍特殊部隊のカミース装備は憧れですので、上手いことODA感を出しつつカミースを着れる工夫を考えようと思います。

下は2003年1月の写真です。


ANAの軍事学校の卒業パレードの写真のようです。
行事だからなのか、カバー付きのACHを被っています。
初期アフODAでACHを被っている写真は私が思いつく限りでは見た事がありません。
興味深い写真ですね。

このページではない写真ですが、おそらくこの写真も氏と思われます。


まず特徴的な赤い帽子が目に付きました。
帽子は別の写真でアップで写っており、十中八九MLBのロサンゼルス・エンゼルスの物だと思われます。



背中に結束バンドを差していますが、簡易手錠として使ったのだと思います。
Taleban Patrol」で同じように背中に差している結束バンドを手錠にしているシーンがありました。


微妙に自信がありませんが、多分この写真も氏と思われます。


3Cのニットキャップ?のような帽子+RACALのアーバンを被っています。
よく見るとチェストリグとBALCSの間にM9を挟んでいますね!
3rd SFGの隊員やDELTAとされる隊員もチェストリグに拳銃を差しているのを見かけます。



私も6月のギアフェス東北でこれらをオマージュしてトカレフをお腹に差してみました。


CIRAS等で「胸ホルスター」が流行る前は結構メジャーな携行方法だったのでしょうか?
胸ホルスターと同じく、ヒップやレッグホルスターだと車両移動で邪魔だったからこのような携行方法をしていたという想像ができますね。

あとはフリースにハーフパンツという暑いんだか寒いんだかわからない写真もありました(笑)



ちなみにフリースはスピアーフリースですね。
外観が酷似しているECWCSフリースも初期アフODAは着ていた?とされていますが、私は将官が着ている写真を1枚のみしか見たことがありません。
このような「ぱっと見一緒だしどっちでもいいじゃん」的な扱いでしかも地味に入手が難しいアイテムをきっちり着こなしているか否かで、どれだけその装備にこだわりを持っているかが垣間見れますよね。
私は冬のサバゲ場でスピアーフリースを羽織っている人を見ると、思わず「おっ」と声を出してしまいます。
フリースについては以前記事で触れましたので、よろしければご覧ください。
リンク:「初期アフガンフリース比較


WL BDUや現地服、私服を着用している写真が本人の理由付きで確認できるのは非常にありがたいですね。
WLのパトロールキャップを入手して、すぐにでも初期アフウッドランドODA装備を再現してみたいところです。

普段は特定の部隊や年代、装備を中心にミリフォトを見ることが多いと思いますが、人物を中心にして見てみると新たな発見があります。
人物を特定できると、今まで何度も見ていた写真が「この人だったのか!じゃあこの写真はこういうことか」と、芋づる式に新しい考察が生まれるのを多く経験しました。
幸いグリーンベレーは知名度が高くメディア露出も多いので、このあたりの情報を集めるのは他の特殊部隊に比べるとかなり楽だと思いますので、恵まれていますね。

こんな調子で、ちょこちょこと初期アフ周りの情報をまとめていきたいと思います。

お読みいただきありがとうございました。  


2018年09月19日 Posted by 4039  at 01:37Comments(0)初期アフガンODAミリフォト初期アフミリフォト考察