ギアレボ 参加装備



先日のギアレボに参加した際の装備をまとめておきます。

今回も例に漏れず初期アフ装備です。
何のレボリューションもありませんね(笑)





先日記事にもした7th SFGのJames Michael Mauldwin氏の2002年頃と思われる写真をメインのイメージにしました。


上下ツートンと両足の黒装備、キャップをオマージュしました。




下記主なレシピです。
・BALCS with BHIコマンドチェストハーネス with CAMELBAK MULE
・SAFARILAND 6004(M92F)
・BHI M4レッグマガジンポーチ
・ALTA ニーパッド
・PRC148 with RACAL アーバンヘッドセット
・DCUジャケット
・BDUパンツ
・BUDWEISER RACINGキャップ
・OAKLEY STRAIGHT JACKET
・NIKE ACG
・PROTREK PRG-40
・M4
・M9
・ヒゲとカツラ

いくつか詳細を書いていきます。

BALCS
レプリカBALCS(おそらくSPECWARCOM製)に実物BHI旧型チェストハーネスと旧型CAMELBAK MULEを合体させた、ボリューム満点のメインコンポーネントです。

まずチェストハーネスですが、肩紐と本体はファステックスで簡単に外せるので、後ろ側を外してBALCSの背面MOLLEに通しています。


隊員放出カスタムでもELCSの背面パネルを同じようにBALCSの背中MOLLEに通して「前掛け」にしている例がありますので、それなりに説得力はあるのかな?と思っています。



このBALCSカスタムは過去記事にしています。
激シブ!カスタムBALCS

ただ、これだけでは肩のところがズレて着心地と取り回しが悪いので、何箇所か結束バンドで括りました。



こうすることでBALCSとチェストハーネスが一体として運用することができ、着脱や運搬が楽で着心地も向上しました。

背面もCAMELBAK MULEを一体化させました。


MULEの4隅のループに結束バンドを通し、BALCSのMOLLEに結んでいます。


これで肩ストラップの煩わしさから解放されます。
これも元ネタらしきものは一応あり、ドキュメンタリー番組「Profiles From The Front Line」で、19th SFGのMIKE大尉が肩ストラップを使わず背負っているように見えるシーンから想像しました。


こうして3アイテムを一体化させ、サバゲ運用上はゲームし易くて便利でしたが、実際のグリーンベレー隊員の仕事を想定するとどうなのかな?とちょっと思います。
ドキュメンタリー番組等を見ていると、1日の中で車両で移動する際や現場先、役割によって、フル装備だったり何も着ていなかったりアーマーのみ着用したりしている場面があります。
アーマーとチェストリグ等を一体化させてしまうとこのような柔軟な装備の足し引きが出来なくなるので、逆に不便かも?と思います。
まあ実際の現場でも色々な考えの人がいたでしょうし一概には言えませんし、なにより「俺工夫したんだぜ!」という自己満足に浸れたのでよしとします(笑)

チェストハーネスのユーティリティポーチはLC-2のメディカルキットがあつらえたようにすっぽり入ったので、とりあえず入れておきました。


外観でも角ばった見た目になり、地味ですがディテールアップしました。
こういう細かいところの積み重ねは大事だと個人的には思います。

あとはIC-F3Sも目立つ位置に掛けてみましたが、存在感が良い感じです。


サイズ的に特小を仕込んだりは難しく、ましてそのまま使うには免許がいるのでただのオブジェになってしまいますが、初期アフ装備レベルは確実に上がると思います。
ミリフォト等でよく見るようにBALCSの縦MOLLEに引っ掛けていただけですが、走っても銃を構えても脱落することなく、かつ抜くのは容易だったので非常に理にかなった装着法だというのを身をもって体感できました。


BHIレッグマガジンポーチ


念願のアイテムが先日手に入りましたので、早速実戦投入しました。
コーディネートとしては足周りのアクセントになって非常に気に入りました。
2本ずつ計4本持てる大容量です。
ゲームのみ考えたら、これとダンプポーチがあれば事足りてしまいますね。
マガジンを締め付けるエラスティックバンドの力が強く、マガジンの出し入れが非常にキツくゲーム中の差し戻しは非常に手間取ります。
ただ、そのおかげでフラップをいちいち閉めなくてもマガジンが脱落することはないです。

差し戻しが実質出来ないので、別途ダンプポーチや空マガジンを処理できるポーチが必要となり、装備構成には少し気を使う必要があると思いました。

ちなみにTJ1さんはこのポーチのレッグストラップを外してCIRASに取り付けていました。


こういう工夫は大好物です。参考にさせていただきます。


DCUジャケット&BDUパンツ
初期アフ装備では珍しいツートンにしてみました。
元ネタはもちろんMauldwin氏です。


ツートンはお手軽に「なんか玄人感」が出せて中々いいですね(笑)
DCUはノンリップのポケット移動カスタムです。
以前記事にしましたが、縫製ほぼ無しのお手軽100均カスタムです。



ただ、度重なる洗濯で遂に糊がヘタってきました。
そろそろ補強しようと思います。

DCUのリップストップ、ノンリップ問題ですが、私の解釈は下記です。
DCUは最初期(90年代前半?)がリップストップで登場しましたが、格子状に日焼けしたり色落ちが激しいという問題等ですぐにノンリップに変更。
その後、90年代末にまたリップストップに変更された認識です。
なので、初期アフの時期はどちらも既に存在しており、どちらを着てもOKという考えです。
もしかしたら入隊時期や部隊によってノンリップかリップストップか分かれていたのかも知れませんが、まだ私はそこまで調べきれていません。
今後も調査は続けていこうと思います。

BDUも生地は悩んだ末、リップストップにしました。
BDUはノンリップとリップストップは平行して支給されており、熱帯地域用がリップストップ、温帯地域用がノンリップのようです。
じゃあアフガンやイラク等の乾燥地帯はどっちなの?と思い調べてみましたが残念ながら見つけられませんで、未だに謎です。
今回BDUを買ったWhite Rookの店長にも聞いてみましたが、「結構自由な感じだったみたい」と背中を押していただいたのもあり、ここは「特殊部隊だから自由」という便利な言い訳伝家の宝刀を振りかざして深く考えないことにしました(笑)
フィリピンODAはリップストップだったはずなので、流用も考えてリップストップを選んだ次第です。

また、今回の小技としては襟元にINOVAマイクロライトを引っ掛けたのと、


腕にシャーピーで血液型を書いたダクトテープを貼りました。


どちらもミリフォト等でよく出てきますよね。





お金を掛けずに完成度を上げられるのでお勧めです。
ちなみに米軍支給品と同じ仕様のダクトテープは「は!?テープのクセにこんなするのかよ!」と、100人中100人が思う相場ですよね(笑)
当日会場でも、くそ豚野郎さんとちゃっかりノリスさんとこの話題で盛り上がりました。

ただ、ここはケチらず高くても米軍仕様を調達されることを強くお勧めします。
似たようなOD色のテープはホームセンターや100均等で沢山ありますが、ツヤ感がぱっと見で全然違うレベルのものしか私は見た事がありません。
たかがテープ、されどテープ。意外と目立つので見てる人は見てると思われる部分だと思います。
少なくとも私とBucket Head氏は人の装備に貼ってあるダクトテープはいつもチェックしています(笑)


BUDWEISER RACINGキャップ


これもMauldwin氏オマージュです。


先日記事にしましたが、早速実戦投入しました。
購入状態ではきれい過ぎたので「との粉」で適度に汚して使いました。
いいアクセントになり大満足です。


M4


いつものように、マルイの次世代ウエイト抜きLIPO化したものです。
今回、マガジンを「MAG CINCH」を使ってダブルマガジン化してみました。


実物かレプリカか分かりませんが、我が家のアクセサリーBOXで眠っていたものを掘り出しました。
先日ご紹介した「エリートフォーセスPART1」でフィリピンODAのダブルマガジン運用を何人も目にしたので、オマージュしました。



ただ、初期アフミリフォトではダブルマガジン運用は皆無なので、砂塵が入る等でダブルマガジンはNGだったのかもしれませんね。
それとも単にダブルマガジンが有用になる戦闘を想定していなかっただけかもしれませんが。
フィリピンODAはストックマガジンポーチも運用していたりして、素早い弾倉交換を意識したセットアップが多いように見受けられます。
作戦地域に合わせたアレンジなのか?部隊の担当分野や文化なのかは分かりませんが、この辺の違いを深堀りすると面白いかもしれませんね。


今回、おそらく私の初期アフ装備至上MAXの盛り具合で臨みました。
ゲーム数が少ないギアレボだから問題ありませんでしたが、定例会で10何ゲームこなすのは到底持たないと思いました(笑)
これに実物のプレートとソフトアーマーを仕込んで実包を100発以上持って、「アンコ」でない荷物を背負って1日中荒野で活動していたと思うと、やはり本職の方は半端じゃないなと改めて尊敬しました。

当日、開会式や抽選会時や休憩時間に散歩しながらギアレボ以外の参加者の方も観察させていただきましたが、明確に初期アフ米軍装備の方は1名しか見当たりませんでした(苦笑)
写真を取り損ねてしまいましたが、DCU上下にBALCS+56式弾帯、PEQ2の載ったM4という「ベーシック初期アフ」装備の方でした。
他にも湾岸米軍装備と思われる方もいたりして、ギアレボ以外にもこだわりの実物系装備の方がいて良い目の保養になりました。

今年もあっという間にあと2ヶ月となってしまいましたが、過ごしやすい気候の内にあと1、2回はゲームに行きたいなと思います。
お読みいただきありがとうございました。  


ギアレボ


トップ写真は「捻くれオールド装備's in ギアレボ」です。

先日、サバゲ祭に参加していました。
サバゲ祭はアームズマガジン主催で、隣接する4フィールド(ユニオンベース、METユニオン、デザートユニオン、ヘッドショット)をぶち抜きで開催されるイベントです。
各フィールドはそれぞれのタイムテーブルに則ってゲームが開催されており、所謂フジロックやサマソニのような「フェス」形式でした。


参加者数は正確には知りませんが600人近くはいたと思います。



ユニフェスもそうですが、この規模のイベントをインフラ的にほぼ不便なく開けるのは地理的にも設備的にも、現状では日本でここだけではないでしょうか?
増え過ぎず減り過ぎず、この業界は今くらいの熱量でイイ意味で「日陰感」を維持したまま、変に注目されたりしないで細く長く継続して欲しいと個人的には思います。

臨時駐車場からピストン輸送で軽トラやピックアップトラックで会場まで輸送が行われていましたが、駐車場で着替えた参加者満載で次々運ばれる様子は中々圧巻でした。
私が第2駐車場で着替えていると、第1駐車場から会場に向かうトラックにぽん太一門が乗っており、「おーい」と手を振り合ったのがなんか戦争映画のワンシーンみたいで朝一からアガりました(笑)

会場は各協賛のショップが出ていたり屋台が出ていたり、抽選会が開催されたりして終日盛り上がっておりました。




そんなサバゲ祭の1コンテンツとして、ヘッドショットにて「ギアレボ」が開催されました。



なんとスパルタのレオニダス王がお出迎えです!
盾があと一回り大きければ、300の合戦シーンで映っていても違和感ゼロの完成度だと思いました。

参加者は感覚ですが70名程度だったと思います。
同じくMMR-Z主催の「ユルゲ」と「ギアフェス」の間のような雰囲気でした。
「ユルゲ」よりはスケジュールやゲーム内容がしっかりしていますが、「ギアフェス」程の規模や祭り感は無く、手ごろな感じでした。
「ギア〇〇」イベントへの初参加の方もかなり多かったのが印象的でした。

個人的に今回の目玉はMCBK勢の軍団感と、装備勢vsアーマー勢の交流戦だったと思います。
MCBKで身を固めたスタイリッシュな装備の皆さんが一同に会している様は非常に画になり、かっこよかったです。


アーマー勢との交流戦は非常に盛り上がりました。
アーマー勢の皆さんは体に風船を付け、風船が破裂すると機能停止し、拠点にある複数のエネルギータンク(風船)を全て割られても敗北です。


装備勢はセミ限定で被弾するとその場で負傷扱い、メディックのタッチで復活というルールでした。
風船が遠距離だとBB弾が当たってもなかなか割れず、これが非常に良い塩梅でした。
中々割れず苦戦する分、風船が割れてフィールド内に「バンッ」という音が鳴り響く度に歓声が上がり、チームの一体感が心地よかったです。
割られたアーマーの方も単なるヒットコールでは無く、機械のようにその場にへたり込んだりという演出をされていて最高でした。
ゲーム終了後はお互いの健闘を称え合って皆が握手を交わしており、ちょっと感動すら覚えました。


アーマー勢の中には上半身裸のような軽装の方もいて、風船が割れない限りヒットでは無いのでかなり痛い思いをしたと思います。
それでも怯まず最後まで撃ち返し続けて楽しいゲームを成立させてくれたわけで、惜しみない称賛をせずにはいられない素晴らしいプレーでした。
サバゲ祭でしか実現しえなかったゲームだと思いますし、とても貴重で楽しい体験をさせていただきました。


そんなギアレボですが、私は今回は盟友Bucket Head氏は参戦できなかったので「ぼっち参加」と相成りました。
装備はもちろん初期アフです。





先日記事にしたJames Michael Mauldwin氏の下記写真の装いを参考ベースに盛り付けしました。


装備の詳細は次回に書きます。

ぼっち参加で朝会場に入るまでは少し不安でしたが、行ってみるとお互い見知った顔の方に何人も会え、とても楽しく過ごせました。




ユルゲ同様、東北や愛知等から参戦されている方も沢山おり、MMR-Zの輪の拡がりを感じました。

相席させていただいた海の方(名前聞きそびれてしまいました)とも一枚撮らせていただきました。


ギアフェス、ユルゲ系のイベントには初参戦ということでしたが、またどこかでお会いできるのを楽しみにしています。

他にも、フィリピン バリカタン02か03時のODA装備を再現されている方もいらっしゃいました。


ますます2000年代初頭フィリピンODAをやりたくなりました。
BALCSはレンジャータイプのレプリカをカスタムされておりましたが、素晴らしい工夫がしてありました。


上半分がSFのように縦MOLLEにしてあり、下半分は横MOLLEのままです。
チェストリグ等を重ね着すると下半分は隠れるので普通のSFのように見え、単品使いだと部分的に横MOLLEに縫い直した隊員カスタム風として使えます。
下半分は基本マガジンポーチを付けるので横向きが良い場合が圧倒的に多いと思いますが、胸元は縦の方が使い易い場合も結構ありそうなので、説得力のあるカスタムだと私は思います。
まさに「一粒で二度おいしい」カスタムBALCSですね!素晴らしい!!
当ブログも知っていてくださり、とても嬉しかったです。

個人的に今回一番ツボだったのはTJ1さんの装備です。


まず6Cというところがシブ過ぎです。
そしてCIRASの「間に合わせ感」MAXなセットアップが最強で最高でした。



BHIのレッグポーチのストラップを外して付けていたり、サファリのホルスターをアダプターを使わずタイラップで固定していたり、パラクとELCSのポーチが混じっていたりと、私が今憧れている2004年前後くらいの「SFLCS使ってないCIRAS」そのものでした。
実は私も先日念願のCIRAS MARを手に入れたのですが、ポーチをどうしようか悩んでいる真っ最中だったので、TJ1さんの現場感丸出しの激シブセットアップは非常に刺激になりました。
「盛り過ぎないバランス感覚」がCIRASの盛り付けで重要なのだと再認識しました。
年内にCIRAS ODAで一回は出撃するのが目下の目標です。

MUNAGE先生は相変わらず一枚二枚上手な装備を魅せてくれます。


ギアフェス東北に引き続き「淘汰されたシステムシリーズ」として、EAGLEの「サイレントフック」が搭載されたチェストリグを身にまとっていました。
メカニクスの旧型グローブ等、今回も貴重な旧装備情報を色々聞かせていただきました。
その他会話の8割を占めていたY談&社会勉強も含め、非常に為になりました(笑)

お尻に不具合があろうとぽん太さんは終始元気いっぱいでした。


ユルゲ2の時に「どんな大病でもプレキャリ着て一晩寝れば治る」と豪語していましたが、有言実行されたのでしょうきっと。
さすがは「ヴァイブスの権化」です。
挨拶するや否や「ちょっとさ、その時計の裏蓋見せて」とオーパーツチェックされたので、DW-6900を着けて行かなくて良かったです(笑)
こんなニッチなブログをいつも読んでいただき光栄です。
クールなMBAVを当日玄関先に放置してしまったそうで、拝めなかったのが残念です。
ちなみにMBAVを着ていると無条件にぽん太さんに絡まれるので、皆様ご注意ください(笑)

残念ながら次の予定の都合で閉会式までいられず、後ろ髪引かれる思いで途中退出しましたが、大満足な一日でした。
毎度の事ながら、morizoさんはじめMMR-Zの皆様、楽しい時間をありがとうございました!

ヘッドショットは久々に遊びましたが、登れる建物いっぱいでやっぱり楽しいですね。
また定例会等で遊びにいきたいと思いました。

お読みいただきありがとうございました。  


2018年10月23日 Posted by 4039  at 20:23Comments(4)サバイバルゲームギアログ・ギアフェス

初期アフ装備遍歴 PART1



サバゲに行く頻度はせいぜい月一回程度なのですが、ここ数年は毎回のように初期アフ装備でしかも途中でお色直し等もしているので、結構な数をこなしてきました。
コーディネートを練る上ですぐに振り返れると便利なので、当記事で振り返りをまとめようと思います。

まず最初は初期アフ装備デビュー時のものです。




もう何年も前になりますが、我ながら中々の雑さです。
銃を除けば1万円ちょっとのお手軽初期アフ装備です。
メインは謎の激安OTVレプ+実物TLBVです。
このOTVレプですが、4000円程度でポーチや各種ガードが付属する得々セットでした。


初期型ではないのもありますが、それ以前に生地が非常に残念な出来でした。
初期型に似せる為にPALSを切除したり、ごまかしの塗装をしましたがどうにもならず、この1回着た後灰にしました。


「安物買いの銭失い」の好例ですね。

後はDCUが新しめのTRU SPECの物だったりブーツがビブラムソールだったりと、今の目で見ると非常に恥ずかしい仕上がりです。


次です。


初期アフ冬の陣デビュー戦です。
今は無き山梨のAGITOで遊んだときのものです。

高品質BALCSレプリカ一本勝負のシンプルコーデです。
メインがしっかりしたので随分様になりましたが、フリースはECWCSでブーツは相変わらずビブラムで詰めが甘いですね。
シンプル故に目立ちます。
アイウェアもMフレーム2.0なのでオーパーツですね。


次です。
幼馴染3人でROCK254で初期アフ合わせをしました。




TシャツにBALCS+56式弾帯という、ど定番スタイルですね。
この頃からサブアイテムも増強され始め、RACALのアーバンは初おろしでした。


靴はレプリカですがパナマソール仕様に更新しています。
定番スタイルの時こそ、一見地味ですが細かい所の気配りが効いてくると思います。

銃もある意味でトイガンの頂点であるリアルソード製56式小銃を手に入れ、コーディネートの幅が拡がりました。



次です。



私の家の近所にできたTENKOOで遊んできた時の恰好です。
ROCK254の装備と基本は変わりませんが、56式弾帯をカスタムしました。

グレネードポーチを切除し、ポーチ等を取り付けました。

また、BALCSとの取り付け方も工夫してみました。


先日手に入れた隊員カスタムBALCSが同様の発想でBALCSとELCSパネルを固定していたので、なんか感動しました(笑)


このBALCSに関しては過去記事にしています。
激シブ!カスタムBALCS

このあたりから初期アフ熱が加速度的に過熱していきます。


次です。
EAGLEのTAC-V1-NUベストをメインに組みました。




V1ベストは新品同様状態でしたが、入手するや否や容赦なくスプレーで塗装しました。



黒ナイロンをサンドカラーで塗装すると、まず失敗せず手軽に「現場感」が出せるのでお勧めです。
塗料はホームセンターで売っているアサヒペンスプレーが一番コスパ良いですし、クライロン等と遜色ありません。

ODA961の隊員を参考にELCSポーチをレッグポーチ化等しましたが、まだまだ詰めが甘い状態です。



この時の写真を見ていつも反省するのは「サイズ感」と「装具のアジャストの大事さ」です。
BDUは袖周りを絞り忘れていたり、パンツがオーバーサイズ気味でブカブカでカッコ悪く、V1ベストも丈の調整方法を知らなかったのでダランと腰まで下がっていてだらしないです。
通常のファッションでもそうですが、どんなに高価でかっこいい服でも、サイズや着方が合ってないと台無しですもんね。
高いプレキャリ等を買う前に、自分の体型にぴったりの戦闘服を調達したり仕立て屋でこしらえるのが一番「かっこいい装備に見える」近道だと個人的には思います。

まあミリフォトを見ているとサイズ感もへったくれも無い感じの着こなしも見かけますが(苦笑)


普通にサバゲ装備を考えていたら、こんなオーバーサイズは絶対に選ばないと思います。
でも実際の現場の写真に写っているので、この方がリアルではあるわけですよね。
このような「一週回って」、「ウラのウラはオモテ」的な着こなしをかっこよく再現するテクニックはまだ私にはありません。

このV1セットアップを半年間で更にブラッシュアップさせて、後のギアフェス2017の参加装備となります。


次です。
インドアフィールド「アストレア」に参加した時の装備です。



インドアなのでMP5で参戦しました。
VFCのGBBなので電動ガンではバッテリースペース的に再現が難しい「旧型ハンドガード+伸縮ストック」仕様です。


2002年の19th SFGの面々が着用している謎のチェストリグを参考にチェストリグを自作カスタムしました。





TMCの安いチェストリグをベースに、肩パット切除等を行いミリフォトの感じに近づけました。


ポーチを着けるとほぼ見えないので「謎チェスト」としてはまあ何とかなったかな?と思います。
また、雰囲気のあるICOM特小用のヘッドセットを海外から取り寄せたりと、それなりに苦労した記憶があります。
あとは今や大のお気に入りとなった96年製のNIKE ACGと出会ったのもこのあたりです。



次です。
昨年のギアフェスになります。




上記のV1ベストODA961風装備を、より実際のODA961に近づけました。



EAGLEのピストルマガジンポーチ等、細かいですがツボをおさえたアイテムを追加しています。


SUUNTOのM9をDIYで改造したSILVA風コンパスは個人的にはナイスアイデアでした(笑)


オリジナルは下画像です。
ODA961のcowboy氏が着用しています。



100均の材料のみでナイフシースを自作したりもしました。


レプリカですが激安でQRPマウントも手に入れられ、M4もいい感じに仕上がりました。


今や私のトレードマークとなった付けヒゲも、カツラを追加し全方位からの外観に対応&笑顔への追従性を強化した「付け髭360(サンロクマル)」を開発しました。



当時は私の中での初期アフODA装備の集大成でしたが、今見るとまだまだ足りないところが多いです。
あれから色々私の初期アフコレクションも進化しましたので、今度Cowboy氏を完コピしようと画策中です。



次です。




冬だったのでスピアーフリースとパコールを被りました。
足周りの装備は無しで、BHIのコマンドチェスト1丁です。


空マガジン処理用にMOLLEⅡのサステインメントポーチを使ってみましたが、使い勝手は上々でした。


過去記事:「初期アフ ダンプポーチ問題

ミリフォト等でこんな使い方は見たことも聞いたこともありませんが、諸々の考察から「こんな使い方をしていた隊員がいてもおかしくないよな」と自分で納得できるような妄想に基づいた装備を私は目指しています。
まあ所詮どこまで行っても独り善がりですし、こういう思想を受け入れてくれたり、共感いただける方との輪を拡げていければいいかなくらいに思っています。
無下に「こうじゃなきゃいけない」「これはおかしい」と他を受け入れず自分の価値観を押し付けるのは、この趣味ではあまり意味のない事だと思います。
(「〇〇合わせ」のイベント等であれば、その会のガチ度によって共通認識が必要とは思いますが。)

同じ会社に属して仕事としてやるのなら認識合わせは必須ですが、皆が貴重な余暇をそれぞれ楽しむ為の趣味なので、よほど公序良俗に反していたりしなければ口出し無用ですよね。

あんまり雑な装備なのにドヤ顔でSNSにアップしている写真を見かけると、「おいおいおい」と中尾彬ばりにアゴを擦ってしまう時もありますが、そう言ってる私もこのブログを見た方にそう思われている事必至なわけです。
まさにブーメラン、人の振り見て我が振り直せですね(笑)
そうやって自分とその周りの環境を客観的に見ると、世の中の大体の事は「人間だもの」で許せてしまいますね。

余計な事を書いていたら随分長くなってしまいました。
とりあえずここまでで2017年いっぱいまで振り返りとなりキリがいいので、2018年の装備まとめは次回にしようと思います。

お読みいただきありがとうございました。  


2018年10月04日 Posted by 4039  at 00:43Comments(2)サバイバルゲーム初期アフガン